ad-728





>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

ブガッティ・ディーヴォの最新ティーザー画像公開。ヴィジョン・グランツーリスモ似の過激エアロ装備?

| ブガッティ・ディーヴォは「ヴィジョン・グランツーリスモ」風に? |

ブガッティがその新型車「ディーヴォ」について、最新のティーザー画像を公開(ペースが早い)。
前回のティーザー動画では「OLED風で、アストンマーティン・ヴァルカンっぽい」テールランプを持つ様子が公開されましたが、今回はフロントのタイヤハウスの後ろと見られる部分が公開に。
これを見ると「ヴイジョン・グランツーリスモ・コンセプト」によく似た構造を持っていることがわかりますね。

ブガッティ・ヴイジョン・グランツーリスモ・コンセプトとは?

ブガッティ・ヴイジョン・グランツーリスモ・コンセプトは2015年のフランクフルト・モーターショーにて公開されたコンセプトカーですが、実走が可能であり、サウジアラビアの王子に売却されたこと、その後(同じ個体かどうかわからないが、”ワンオフ”とは言われている)アメリカのカーコレクターが購入した(価格は非公開。6億とも12億とも言われる)ことが報じられています。

こんな感じでとにかく見た目がアグレッシブで、とくにリアフェンダーとリアウイングとが合体した車体後部は圧巻。
なお発表自体はシロンよりも速く、シロンがこのブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモ(VGT)に倣ったスタイルが与えられたとも考えられますが、今回「ディーヴォ(DIVO)」のスタイルがVGTそっくりだとすると、ディーヴォは”先祖返り”を果たすということにかるかもしれず、しかしテールランプのティーザー動画からわかるように”最新の”デザインや構造が与えられることになるのかもしれません。

ディーヴォは価格6億5000万円、限定台数40台と言われ、ブガッティいわく「新しく、強力なデザイン言語を持つ」とのことで、これからのブガッティの方向性を示唆するモデルになるのは間違いなさそう。

なお、ブガッティは樹立したばかりの「停止>加速>停止」記録について一瞬で破られてしまったという悲しい過去もあり、そのため今回は「どうやっても他社のクルマに負けない」ような性能を持つモデルに仕上げてくるだろう、と考えています。

発表は8/24に行われ、この夏もっとも注目すべきクルマだと言えそうですね。

あわせて読みたい、ブガッティ・ディーヴォ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ブガッティ(BUGATTI), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , ,