ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW X7市販モデルのパテント画像が登録に。かなりコンセプトに近いルックスで登場

2018/08/07

| BMW X7のデザインはこうなる? |

BMW X7のデザインがパテント登録として公開に。
パテントととして登録されると誰でも図面を見ることができる場合があり、こんな具合に表に出てしまう場合も(手続きによって発売までパテント画像を公開されないようにすることも可能)。
この画像自体はBMWが登録したものなのでまずこのデザインで登場するのは間違い無いということになりそうですが、とにかく大きなフロントグリルが特徴的です。

プロダクションモデルはコンセプトX7にかなり忠実

こちらがコンセプトX7。
こうやって見ると今回出てきたパテント画像はかなりコンセプトモデルに近く、フロントだとバンパー両脇のエアインテーク内側の形状が異なり、ヘッドライトがやや大きくなっているくらい。

サイドだとドアミラー、ドアハンドル形状が異なるものの、かなりな一致度となっています。
なお、スポーツカーやサルーンだと「フラッシュマウント(ポップアップ)ドアハンドル」はかなり普及しているものの、SUVだと採用車種は非常に少なく、思い出せるのはテスラ・モデルXくらい。

SUVもこういったフラッシュマウントドアハンドルを採用したらいいのにと思いますが、その性格上「グローブを装着したまま」ドアハンドルを操作する可能性も多いと思われ、そのために市販モデルだと「一般的な」ドアハンドルになってしまうのかもしれません(ジャガーもF-TYPEではフラッシュマウントドアハンドルだが、F-PACEでは普通のドアハンドルに)。

こちらは登録されたパテント画像のリア。

BMW-X7 (3)

こちらはコンセプトX7。
フロント同様にバンパーサイドの形状が異なるものの、やはり多くの部分で一致しています。

異なる部分といえばテールランプあたりですが、サイドウインドウ、リアウインドウもコンセプトモデルに比べるとパテント画像の方がちょっと「天地が高い」ようですね。

こちらはパテント画像。

BMW-X7 (2)

こちらはコンセプトX7。
やはり再現度は高く、フロントフェンダー後部のエアアウトレット形状、タイヤサイズがちょっと違うくらい。

こちらは上から見たパテント画像。

BMW-X7 (4)

コンセプトX7とパテント画像(プロダクションモデル)との最大の相違は「ルーフ」にあるかもしれず、というのもコンセプトX7のルーフは「グラストップ」。
ですがプロダクションモデルはやはり「一般的な」ムーンルーフとなるようですね(3列シートの上あたりにもウインドウが追加されている)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,