ad-728





>ポルシェ911関連

【動画】ポルシェ自ら993世代の911ターボをレストア&カスタムする「プロジェクト・ゴールド」、その第三弾が公開に

| ポルシェ993ターボのレストアプロジェクトは着々と進行中 |

ポルシェが先般よりコンテンツを公開している、993型911のレストア&カスタム「プロジェクト・ゴールド」。
その名の通りゴールドをテーマにしたカラーを持つことが明らかになっていますが、これまではドンガラからの再デザイン、そしてホイールのペイントとレーザー加工の様子を公開しています。
今回新しく解禁となったのは「内装」で、動画ではレザーを縫い合わせる様子を見ることが可能に。

▼関連投稿▼

ホイールのラインはこうやって入れていた!ポルシェが「プロジェクト・ゴールド」第二弾ティーザー動画を公開

これまでの動画から、ベースとなるのは993世代の中でも「911ターボ」であることが明らかになっていますが、これは「最初に4WD機構を採用したターボモデル」。
エンジンはもちろん空冷で、3.6リッター・フラットシックスは402馬力(”ターボS”だと450馬力)を発生します。

今回のレストアプロジェクトはポルシェの自動車メーカーとしての活動開始70年を記念したもので、完成後にはモンタレー・カーウィークで公開され、その後10月の記念イベントでチャリティーオークションに出品される予定。
現在993の価値上昇はとどまるところを知らず、よってこの「プロジェクト・ゴールド」の価格もとんでもないことになりそうですね。

ホイール同様、最新の技法を導入?

今回の動画では縫製部門の作業を公開。
なお、シートを縫っているのは「男性」(ランボルギーニの場合、シートを縫うのは女性の専門で「男子禁制」だとされている)。

seat3

縫い終わった表皮をシートに装着。
シート素材はブラックがベースですが、「ゴールド」もチラリと覗いていますね。
さらにエンボスもしくはパンチングによる細かい穴が穿たれるなど、最近のクルマっぽい加工も施されています。

seat2

ポルシェが公開を予定している「プロジェクト・ゴールド」のコンテンツは下記の8つで、現在は「3」までが公開済み。
次回はいよいよそのボディを見ることができそうですね。

  1. ビジョン。発見され、高められる。(公開済み)
  2. 洗練。ラッカーとレーザー。(公開済み)
  3. クラフトマンシップ。縫い目とステッチ。(公開済み)
  4. コーティング。保護と安全。(8月10日)
  5. マリッジ。エンジンと電気系統。(8月17日)
  6. 報道機関に公開する時が来ました。(8月24日)
  7. ワールドプレミア。(9月27日)
  8. オークション。(10月27日)

seat4

それでは動画を見てみよう

こちらが「プロジェクト・ゴールド」最新動画、そしてその縫製シーンを収録した「Project Gold - The craftsmanship. Seam and stitch.」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911関連
-, , , , , ,