ad-728





>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

フェラーリが9/17にニューモデル発表!812のハードコアモデル「812モンツァ」?

| フェラーリ812”モンツァ”? |

フェラーリが突如としてニューモデルの発表を予告。
これはフェラーリのウエブサイト内で、オーナーのみがアクセスできるスペースにて公開されているものらしく、おそらくは「マイ・フェラーリ」なるコンテンツ内だと思われます。
この「マイ・フェラーリ」は誰でも登録できるものの、「オーナー」と「そうでない人」とで登録内容が異なり、そしてもちろん閲覧できるコンテンツにも差異があるわけですね。

フェラーリの基本は「客を選ぶ」

とにかく「差別化」を徹底しているのがフェラーリで、たとえばほとんどの自動車メーカーでは「だれでも工場見学OK(ランボルギーニやパガーニでも)」であるのに対し、フェラーリの場合は「オーナーでないと不可」。
オーナーでなければフェラーリ本社の敷地に立ち入ることが許されないということですが、これこそが「まさにフェラーリ」。

このハードルの高さがフェラーリの価値を押し上げることになり、さらにフェラーリオーナーになったとしても限定モデルを購入するにはさらに厳しい条件が。
こういったことがフェラーリ限定モデルにおける価値も押し上げることになるわけで、そしてこういったことが許されるのはフェラーリのみ、と言っても過言ではなさそう。

▼関連投稿▼

「私は誰がフェラーリに相応しく、誰がそうでないか知っている」。限定フェラーリの購入権をジャッジする男が登場

今回のニューモデルについては一切情報はなく、画像には「ICONA FERRAI」の文字と、「Maranello September 17 2018」という日付。
「ICONA」は「アイコン」という意味のイタリア語で、これはモデル名ではないと思われ、元画像のファイル名からすると「F176」がコードネーム。
Motor1では、これはフェラーリ812スーパーファフトのハードコア版で、「812モンツァ」と命名されるのでは、とも紹介しています(しかしこれまでフェラーリの限定モデルの名称が事前の予想と一致したことはない)。

そしてこのニューモデルは9月17日にマラネロで発表されるということになりますが、これもおそらくは限定された顧客のみを招いて発表するのかもしれません。

最近はとにかくこういった「そのメーカーのVIP向けシークレットイベント」が増えており、モーターショーで「幅広く一般に」新型車を公開するケースは減少傾向。
とくにスーパースポーツカーのように購入者が限定される場合にそれは顕著で、こういったイベントに招くことで顧客に「特別感」を感じさせ、そのブランドに対しての忠誠心を持たせる、といった手法が用いられるようです。

さらには「顧客」の中にはランクづけもあり、限定モデルを売ってもらえる人とそうでない人、そして限定モデルの台数によってはさらに顧客が細分化されて「メーカーに選別」されることに。



上位に選ばれるための主な条件は「台数」が主なもので、とにかく台数を購入し、限定モデルを買えるようになってそれも購入し、さらに「維持」するより他はない(あとはイベントに参加し、SNSなどでも下品な発言をしない)と思われ、「お金がたくさんあって「どんなクルマでも、何台でも購入できる」のであれば話は別ですが、通常の人であれば「どのメーカーに集中するか」を決めるようにする必要がありそう。

つまり、いろんなメーカーのクルマをちょっとづつ購入するよりは、特定メーカーのクルマを買い続ける方が「限定モデルへの近道」ということになり、計画的に購入計画や買い替え、買い増しの計画を練ってゆく必要があるということですね。

なお、フェラーリの場合は「上位顧客」に入り込むのは至難のワザ。
すでに上位顧客がたくさんいるためですが、その意味ではまだ市販車ビジネスの歴史が浅いマクラーレンであれば「上位進出」の可能性があり、今のところは「5台くらい買えば」アルティメットシリーズを売ってもらえるのでは、とも言われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , ,