ad-728





>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは自動運転の未来に不安。「個人向けとして自動運転は普及しないかもしれない」

2018/08/22

| BMWの戦略はどれも実を結ばず? |

BMW英国の代表、イアン・ロバートソン氏によると、「自動運転技術が一般のものになるかどうかはわからない」とのこと。
この真意としては技術的なものよりも「法規的なものが理由」だとしており、完全自動運転を実現したとしても、それを各国の公道で走行させるのは簡単ではない、としています。

たとえば「ドローン」も同様で、一時世界はドローンブームに沸くことになり、アマゾンやドミノピザなどが「ドローン宅配」を打ち出したり、とにかく世界はドローン一色。
しかしながらドローンを使用したテロや犯罪、事故が相次ぐことになり、今やドローンを飛ばすのも難しい状況となって、GoProに至ってはドローン事業を売却することに。

空飛ぶ車も同様の危険性を持っている

さらに言えば「空飛ぶクルマ」も同様で、これもアウディやメルセデス・ベンツが実用化を目指すものの、もしテスト時に街中に墜落でもしたらドローン同様に一瞬でオワコンになる危険性があるわけですね。

なお、BMWは自動運転に対して非常に熱心なメーカー。
もともとエレクトリックブランドとしてスタートさせた「i」ブランドも現在では「自動運転とコネクティビティ」とに特化して再出発すると発表されていますが、つまり「i」ブランドは成功したとは言えず、BMWはエレクトリックカーの将来について「もしかすると普及しないかもしれない」という見解も示しています。

つまりは一番先にエレクトリック化に挑戦し、そして辛酸を舐めたメーカーならではの発言だと言えそうですが、自動運転についても同じように「先に行ったメーカーならでは」の意見として、普及に対する不安を感じているのかもしれませんね。

あわせて読みたい、BMWと自動運転関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,