>スズキ(SUZUKI)

スズキ・ジムニーのカスタム続々。今回はH&Rが「ローダウン&アーバンカモ」仕様のジムニーシエラを公開

ウインカーもブラックアウトし「モノトーン調」へ さて、世界的な盛り上がりを見せるスズキ・ジムニー。日本では2年待ちとも言われ、欧州においても(日本以外ではジムニー”シエラ”のみの展開)やはり納車までに2年は待たねばならないと言われるほど。 そういった状況を鑑みてか、これまでジムニーのカスタムに手をつけなかったような会社もここへ参入しており、先日はアストンマーティンなど高級車のカスタム/チューンで知られるカーン・デザインもジムニーのカスタムパーツを発表したのは記憶に新しいところです。 スズキ・ジムニーのカス ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やはりBMW 8シリーズは大人気!またまた納車がはじまっていないのにチューナーが「621馬力チューン」を公開

マンハートは「マンハートらしい」ブラックとゴールドで攻めてきた まだ納車が開始されていないにも関わらずチューナー各社がチューニングメニューを発表しているという異例のニューモデル、「BMW 8シリーズ」。エンジンやトランスミッション含むドライブトレーンが既存モデルと共通ということからチューン/カスタムの予測を行いやすいためだとも思われますが、やはりその人気の高さがこれらチューナーを動かしている、と言えそう。 BMW 8シリーズはBMWにとって久々のラグジュアリークーペであり「ビッグネームの復活」。メルセデス ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」が6輪化!外装フルカーボン、ブレーキはカーボンセラミック

内装チューナーがトラック専門ブランドを立ち上げ。メルセデス・ベンツXクラスをハードにカスタム 内装スペシャリスト、「カーレックス」が新たにトラックにフォーカスしたチューニングブランド「ピックアップデザイン」を立ち上げ。そして今回その第一弾としてメルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」のカスタムを公開しています。 ただしその内容は「ただのXクラスのカスタム」ではなく、なんとメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6ばりに「6輪化」。たしかに以前カーレックスはXクラスのカスタムカーを公開していたも ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】1000万円チョイで格安のマクラーレン12Cを購入した男。トラブルを乗り越えて幸せになれるか?

| トラブルを承知で格安マクラーレンを購入したユーチューバー。果たしてどうなる? | ユーチューバー、Tyler Hoover氏が格安のマクラーレンMP4-12Cを購入。 MP4-12Cはマクラーレンの市販車部門、マクラーレン・オートモーティブ初の量産ロードカーで2011年に発表されています。 発表時は「MP4-12C」という名称で、その後スパイダー版が2012年に登場した際に「12C」へと改名。 そして650S登場にあわせて生産の一時休止が発表され、そしてそのまま「二度と戻らぬ人」となっています。 なお ...

ReadMore

>マセラティ(Maserati)

その名は「高貴」。マセラティがギブリ、レヴァンテ、クワトロポルテに貴族的なスペシャルモデルを追加

| マセラティが見るからに高貴なスペシャルエディションを発表 | 残念ながら北米市場専用にはなるものの、マセラティがギブリ、クワトロポルテ、レヴァンテに対してスペシャルモデル「Edizione Nobile(エディツィオーネ・ノービレ)」を設定。 これは高級グレードの「グランルッソ」のみに選択可能なオプションという扱いになるようですが、これを選ぶとボディカラーは3層コートの「Blu Nobile」、20インチホイール、シルバーのブレーキキャリパーが専用装備として与えられることに。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

内装チューナーがBMW M3をカスタム。非レザーを使用した新感覚インテリアに

内装だけじゃなく外装もしっかりカスタム ブルガリアの内装スペシャリスト、VilnerがE30世代のBMW M3の内外装をカスタム。Vilnerはリマック・コンセプト・ワンの内装を担当するなどその高い技術が認められたショップですが、外装をカスタムするケースは非常に希。しかしながら内装で培った高いカスタムセンスが遺憾無く発揮され、外装も非常に美しい仕上がりに。 こちらもオススメ、関連投稿BMW135iにM3のV8エンジンを積んだ挙句ボアアップしたツワモノ登場(動画あり)BMW M3に超アメリカンな30周年記年 ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

現代風にカスタムされた初代フォードGT。ハードカスタムで1000馬力を発生

フォードGTの発売は意外と新しくて2005年だった 先代フォードGTはアメリカ初のミドシップスーパースポーツとして知られますが、その生産は1,500台のみという希少車。ただし、それでもフォードGTをカスタム/チューンするオーナーは多く、このオーナーもその一人、ということになりますね。 なお、フォードGTについては、クライスラーにて「ヴァイパーのミドシップ化計画を進めていた人物がフォードに移籍して実現させたプロジェクト」である、という衝撃の事実も明かされています。 知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

内外装はモノトーンで統一。世界で28台のみ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが2億円で販売中

| あまりに美しいアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター | アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが中古市場に登場。 走行わずか17キロの個体がJames Editionに登録されていますが、その価格はなんと2億円。 アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターは「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレーク(ワゴン)」とともにリリースされた限定シリーズのひとつで、その中でも最も少ない限定台数「28台」を誇るレアカーです。 「2億円」というと ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■駄文(日々考えること) ■ニュース

ボクがよくみる車の夢「狭い路地」「ぶつける」「やたら小さい車に乗っている」の意味を調べてみた!こんなことを暗示していたぞ

ぼくは自分の見た夢を克明に記憶している さて、ぼくは自分の見た夢をかなり正確に記憶しており、かつそれを思い出すことが可能。よって色々と思い起こしてみると「いくつかのパターン」に分類されますが、「クルマ」に関する夢は大別して下記の三つ。 大きなクルマに乗る羽目になり、車庫入れや狭い路地で苦労する自分が運転している車をぶつけたり破損してしまうなぜか、やたら小さな車に乗っている こちらもオススメ、関連投稿こんな夢を見た。「猫と銭湯に」「ただ穴を掘る」「宝探しで小判を探し当てる」ポルシェ718ケイマンのキーホルダ ...

ReadMore

>その他アメリカ車 ■ニュース

こういったジープもアリ!2ドアクーペのアクティブなオフローダー、「ジープ・フリーダム・コンセプト」

ジープがこれからシェアを広げようとすると、今と違うデザインの別ラインを投入するしかない レンダリング・アーティスト、アントニオ・パリア氏が作成したレンダリング「ジープ・フリーダム・コンセプト」。文字通りジープのコンセプトカーとなりますが、なんとボディ形状は「2ドアクーペ」。かつ、これまでのジープにはない(違う意味で)エッジの効いたデザインを持っています(7つのスリットをモチーフにしたフロントグリルは健在)。 こちらもオススメ、関連投稿ジープが自ら7つのカスタムモデルを公開。スピード系、レトロ系、「Gクラス ...

ReadMore



>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【まとめ】ランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタム。チューナーやショップによるものなど

更新日:

This and many more photos of Lamborghinis are available on www.LamboCARS.com

ランボルギーニ・アヴェンタドールはそのアグレッシブなルックスに関わらず、一部のオーナーさんはさらに過激なルックスを求めており、そのための多種多様なカスタムパーツ、チューニングパーツが存在。
ここではチューナーをメインにそのカスタムやチューンにはどういったものがあるのか、をまとめてみました。
加えてディーラーなどがワンオフで製作した「アートカー」もここで紹介しています。








これは美しい、Blu Cepheusのランボルギーニ・アヴェンタドールとHREホイール

これは美しい、Blu Cepheusのランボルギーニ・アヴェンタドールとHREホイールとの組み合わせ。
こういった鮮やかなブルーを標準で揃えるメーカーは無いですが(ランボルギーニでもオプションですが)、やはりこのような色は目を引きますし、どんどん増えてくればいいなあ、とは思います。
とくにポルシェにおいては鮮やかなソリッドカラーが似合うように思うので、ぜひ通常の範囲で選べるようにして欲しいものです。

アヴェンタドールベースのノビテックToradoとフェラーリFF in 香港


こちらはアヴェンタドールをベースとしたノビテックのチューニングカー、Torado。アニヴェルサリオ風のルックスですが、より過激です。
フェラーリFFとのカラーの組み合わせも良いですね。許可を取っているのだと思いますが、道路の真ん中(トラムの線路上)に鎮座しているアヴェンタドールが良い雰囲気を出していると思います。

PUR Designがランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターのチューニングカーを公開

PUR Designがあらたにランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターのチューニングカーを公開。
エゴイスタ風ホイールにカーボンパーツで武装していますね。
黒いアクセントがキマっていると思います。

チューニング費用3000万。DMCランボルギーニ・アヴェンタドールLP988-4 Edizione GT

DMCによる、ランボルギーニ・アヴェンタドールLP988-4 Edizione GT。
ヴェネーノに近い、地を這うような低いエアロが特徴ですね。

2

エンジン、ボディキットなど、チューニングには3000万円ほどを要したようですが、ほぼウラカン一台分ですね。

馬力は車名の通り988馬力ですが、NAでプラス288馬力は難しいと思われるので、ターボ装着かもしれません。

ランボルギーニ・アヴェンタドール「ハルク」by Vorsteiner


Vorsteinerが、ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターのチューニングプログラム「ハルク」を公開。
ボディカラーに由来するネームングと思われますが、美しいカーボンパーツが付与されています。ランボルギーニ自身は、先にカーボンコンポジットの外装パーツを発表したところですが、あれはサードパーティーが再現するのは難しそうですね。しかも、ランボルギーニ純正の方が安価であった場合(カーボンコンポジットは生産性の高さが特徴なので)、さらにサードパーティーは苦労しそうですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールをベースにしたチューニングカー、「Qualo」

ランボルギーニ・アヴェンタドールをベースにした「Qualo」。

1 (1)
これもやはり、ランボルギーニ・アヴェンタドールJやヴェネーノのようなフィンがたくさんついたものになっていますね。
リヤには巨大なウイングがついていますが、こういったウイングを背負うのは最近では少数派のように思えます。

今度はブルーカーボン。ランボルギーニ・アヴェンタドールベースのマンソリー製チューニングカー

マンソリーによるランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターのチューニングカー、「First Emperor」。
内外装ともかなり珍しいカラーですが、非常に美しく上品だと思います。
カラーカーボンがナイスですね。
内装はほぼ「総貼り替え」くらい手が入っているようです。

アヴェンタドールJ風のホイール&エアロを装着した、DMC+PUR Designアヴェンタドール

DMC+PUR Designによるアヴェンタドール。
エアロパーツの形状が今までに無いもので、異様な迫力があるように思います。
ホイールはアヴェンタドールJやエゴイスタ同様のデザインのようで、カーボンのパネルが装着されていますね。
車高はほぼ極限と思えるほど下げられています。

ランボルギーニは、URUSでも同様の(アルミホイールにカーボンパーツ)処理を行っていますが、そのうちこれも市販車に装備されるかもですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールのハーマンバージョンと「LE MANS」


ランボルギーニ・アヴェンタドールのハーマンバージョンと「LE MANS」。
LE MANSのほうは詳細不明ですが、ストライプ以外にはあまり外観が変わっていないようです。ハーマンはすでに公開された車両と同じと思われますが、リヤセクションのカーボン製エアインテークが特徴的ですね。

Hamann Nervudo(ランボルギーニ・アヴェンタドールのチューニングカー)


なんとなく久しぶり?のような気がするハーマン。
ハーマンは下回りに手を入れるのが得意ですが、今回もその例に漏れずに前後バンパー、サイドステップを大幅に改修。
相変わらずの独自路線がナイスです。ちょっとホイールのデザインが旧いように思われますが、ホイールについては北米ブランドのほうが最近のランボルギーニには合うような気がします。
ランボルギーニはホイールのデザインにもかなり気を遣っており、スポークがリムの外側まで伸びるデザイン(ホイールが大きく見える)が多いようです。純正のホイールはたいていの場合、リム外周とスポークが交差しない(スポークがホイールの外側ギリギリまで伸びていない)ものが多いのです が、ランボルギーニの場合は純正でもかなりホイールが力強く見え、かつツライチなので「社外品に交換しないほうが見栄えが良い」ことが往々にしてあるようです。

アメコミヒーロー風ランボルギーニ・アヴェンタドール


WSデザインによる、ランボルギーニ・ガヤルドのアートラッピング。
ひとつはRust Designと呼ばれるもので、ちょっとサビたイメージ。
もうひとつはComic Hero Designで、バットマンなどアメコミのヒーローがあしらわれています。印刷やラッピング技術の向上で、こういった遊び方ができるのは非常に良いことだと思います。
ラッピングは素材の費用よりも施行する人件費の方が高くつくのでなかなか(人件費の高い)日本では普及が難しいかもしれませんが、もっと簡単に施工できる環境が整えばいいなあ、と思います。

なんとマジックペンで描いてるっぽい、ランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムペイント


Jona Cerwinske氏の手によってカスタムペイントされたランボルギーニ・アヴェンタドールが北米で販売中。
以前、ガヤルドにも似たようなトライバル調のものがありましたが、同じアーティストかもですね。
作業中の画像を見るとマジックで柄を描いているようで、それもまた驚きです。彼のギャラリーかどうかはわかりませんが、壁にはジョーカー+スーパーマンなど、なかなか面白い作品が掛かっています。世の中には素晴らしい才能を持った人が多くいますが、インターネットの普及により、埋もれていた人材が発掘できるようになったとういう側面もあるのでしょうね。

DMCによるアヴェンタドールのコンプリートカー、「LP1200-4R」


DMCより、アヴェンタドールのコンプリートカーのコンセプト、「LP1200-4R」が公開に。エンジンはもちろん、内外装に大幅に手が入っています。
外装ではテールランプの変更や大型リヤウイング、エアブレーキなどが特徴。カスタムディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、タッチスクリーンなどユーザーインターフェースにまで変更が及んでいるところが興味深いです。将来的には、車のカスタムの方向性も、こういったところへ向かうのでしょうね。

ランボルギーニ・アヴェンタドール”STEALTH"


CASBORN STYLING GROUPによる、アヴェンタドール”STEALTH"。
なんとも過激なルックスですね。
これからアヴェンタドール用のエアロはどんどん過激なものが登場してくると思いますが、この価格帯の車でこれだけアフターマーケットの製品が出てくる、というところは驚きです。中東のオーナーを対象にしているのかもしれませんが、ムルシエラゴ時代にはこれだけ多様なブランドからエアロが発売される、というのは考えられなかったことですね。

これはナイス。NOVITEC Torado(ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー)ロードスター

NOVITEC Torado(ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー)のロードスター版。
ドアミラーの上半分のみがブラックとなっていますが、ちょうどAピラーからルーフにかけてのブラックと一致しており、なかなか面白い雰囲気が出ています。

ドアミラー全部を真っ黒にしてしまうと、そのぶんボディカラー同色の部分が左右に少なくなってしまい、それだけボディが狭く見えることがあり(取 り付け位置やボディ形状も関係するので一概には言えない)、スポーツカーにとってはあまり良い手法ではないかもしれませんが、このように一部だけ ブラックアウトすると、逆にドアミラーが細長く見え、コンセプトカーっぽくて良いかもです。

北米ではイエローが人気?Novitec Torado(ランボルギーニ・アヴェンタドール)のイエロー

Novitec Toradoのボディカラーを画像加工によって黄色にしたもの。
アメリカではランボルギーニ=黄色、というイメージが結構あるようで、ガヤルドLP570-4スクアドラ・コルセもアメリカは「もっともランボル ギーニらしい色」という理由で黄色のみの投入でしたね。

国によってずいぶん嗜好が違うんだなあ、と思います。

最先端のトレンドを取り入れた?ランボルギーニ・アヴェンタドール by LA MOTTA

LA MOTTAによるエアロパーツを装着した、ランボルギーニ・アヴェンタドール。

下回りのエアロパーツが追加されており、アヴェンタドールJやヴェネーノのような、フィンが付いた形状となっています。

フェラーリ458スペチアーレも純正で同様の形状を持ちますが、アフターマーケットではこういった形状がしばし流行るかもですね。

ちょっとやりすぎ感が否めない、Milan Supercarsによるランボルギーニ・アヴェンタドール”Avanti Rosso”

Milan Supercarsによる、ランボルギーニ・アヴェンタドールのチューンドカー、Avanti Rosso。

アヴェンタドールにおいては比較的もとのデザインを活かしたチューニングが多かったのですが、アヴェンタドールにもついにこのような「ちょっとやりすぎかもしれない」チューニングカーが登場してきましたね。

どんな車も登場して年数がたつと、やはりこういったチューニング車が出てきますね。

ナイスエアロ。DMCによるランボルギーニ・アヴェンタドールLP900-4SVロードスター


DMCによるランボルギーニ・アヴェンタドールLP900−4SVロードスター。外観は下回りにエアロパーツを追加しただけのものですが、アニヴェルサリオにも劣らない迫力だと思います。
じきにランボルギーニから「SV」バージョンが登場すると思いますが、そちらも楽しみですね。lamborghini-aventador-lp900-4-sv-roadster-limited-edition-by-dmc-c856221062014035328_1

lamborghini-aventador-lp900-4-sv-roadster-limited-edition-by-dmc-c856221062014035328_2

リベット留めオーバーフェンダーが大迫力。リバティウォークがSEMAでアヴェンタドールを展示予定

絶好調、リバティウォークがSEMAショーにてランボルギーニ・アヴェンタドールを持ち込む模様。
同社がチューンしたフェラーリ458イタリアの流れを汲むものですが、これも同様に刺激的ですね。

北米ではけっこう受けそうな雰囲気でもあり、こういった「オーバーフェンダー」のブームが再来するかも、と考えたりします。

実際に日産のコンセプトカー、「i-Dx」も旧車にオーバーフェンダーを装着したものを現代風に解釈したルックスが人気で、「市販化の予定が無い」としていたものを大反響を受け「やっぱり市販化考えてみる」と方向転換されたようですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.