ad-728





>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンの内装カスタムについて ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンの内装にカーボンパーツを装着してみた!MIB製メーターフード

| ランボルギーニ・ウラカン向けにカーボンパーツを購入してみた |

ランボルギーニ・ウラカン用カーボン製メーターフードカバーを購入(ポルシェ718ケイマンにばかりお金をかけているので、ウラカンにも費用を投じないと、と思った)。
ラガーコーポレーションの展開するブランド「MIB」の製品ですが、日本製という触れ込みが特徴。

ウラカン用カーボンメーターフードはいくつか発売されており、純正のフードを送って加工してもらうもの(5万円くらい)から加工された完成品(17万円くらい)まで。
ときどき当ブログでも紹介している、ドイツ(オーストリア?)のNeidfaktorも発売していますね。

購入したメーターカバーはこんな感じ

そしてその形状には「二種類」あって、純正のメーターフードを取り外して「入れ替える」もの、そして純正メーターフードの上から「被せる」タイプも。

今回購入したMIB製のメーターフードカバーは後者の方で、純正のメーターフードにそのまま「被せる」お手軽な製品です。

ちなみに、製品はこういった梱包でポンとダンボールに入って届きます。
価格を考えるとかなり簡素ですが、こういったそっけない梱包も「職人っぽくて」いいですね。

huracan3

表面はさすが自信作だけあっていい感じ。
カーボンパーツにしてはかなりきれいに面が出ている、と言えます。
無理やり粗探しをしないと不満を見つけることができないほどの出来栄えですね。

huracan8

裏面はこんな感じ。
カーボンパーツは往往にしてエッジの処理がイマイチな場合があり、しかしこの製品はエッジも丸く、直線もちゃんと出ています。

ちなみに重量は「数十グラム」しかなさそうで、この物体が75,000円もするというのは、女性には永遠に理解できないんだろうな、と思ったり。

huracan11

早速装着してみよう

これを純正のメーターフードに被せるだけですが、こちらが純正のメーターフード。
純正はサテン仕上げのブラックです(樹脂にペイントしてある?)。

huracan25

これに今回購入したカーボン製メーターフードカバーを被せるとこう。
反射でカーボン柄がわかりにくいものの、この光沢がいい感じ。

huracan26

前から見た「取り付け前」。

huracan7

取り付け後。

huracan24

雰囲気的に、ちょっと華やかになったような気もしますね。

huracan7

正直、運転席に座るとステアリングホイールに隠れて「100%見えない」パーツではありますが、外からクルマに乗り込む時にはかならず目に入る部分でもあり、そしてこの「ヌルっとした」カーボンパーツならではの輝きが妙な満足感を与えてくれる、と自己満足に浸っています。

huracan32



不満なところを挙げるとすれば

非常によくできた製品ではあるものの、あえて不満点というか改善点を探して見るとこんな感じ。
まずは製品に「高さ」がちょっと不足していて、もとのフードが完全に隠れないために”被せた”ことがわかる、ということ。
あと1ミリくらい深さがあれば良かったのになあ、とは思います。
しかしながら、すぐにこの状態にも慣れ、あえて気にしないとわからない部分でもあるので、とくに問題はなさそう。

huracan28

そして「前後」はきっちり形状が合っていますが、「左右」はちょっと甘く、よってこのカバーの端がちょっと浮くようです。
そこでぼくは(もともと取り付けられている)両面テープに対し、さらに両面テープを追加していますが、これで問題は解決するので、この部分もとくに気にする必要はなさそう。

huracan16

気になるところを無理やり探すとすればこれくらいですが、全体的には非常に満足度の高い製品で、たぶん「これを外した後は(純正フードが)ショボく感じるんだろうな」と容易に想像できるほど。

ちなみにウラカン・ペルフォルマンテには標準のウラカンとは異なる、こういった「フォージド・コンポジット(鍛造カーボン)」製のフードが純正装着されていますね。
これはこれで魅力的です。

DSC02531

なお、ぼくはそれほどカーボンパーツが好きなわけではなく、しかしこの部分はかねてより「ちょっと寂しい」と考えていて、納車直後から何かカスタムしたいと考えていた部分。

レザーへと張り替えるかとも考えたのですが、ブラックレザーだと見た目があまり変わり映えせず、しかしステアリングホイールと同じイタリアントリコローレだとちょっと派手になり過ぎ、かといって他のパネル同様にボディカラー同色(ホワイト)に塗るとフロントウインドウへの映り込みがキツそうだ、と考えたり。

そこで浮上したのが「カーボン」ですが、これは以前、フロントとリアにカーボンパーツを装着したということもあって、「インテリアにカーボンを取り入れるのも悪くない」と思ったわけですね。
そして、こうやって装着されるカーボンパーツがどんどん増えてゆくのかもしれません。

こちらはフロント。

そしてこちらはリア。

ランボルギーニ・ウラカンに装着のカーボンパーツをリニューアル。仕上げをマットからグロスへと変更

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ウラカンの仕様/インプレッション/近況, >ウラカンの内装カスタムについて, ■ニュース
-, , , , , ,