>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型コルベット「ZORA(ゾラ)」が動画で補足。現行C7から大きくデザイン変更できない理由を考える

投稿日:2018/08/30 更新日:

| 新型シボレー・コルベットはC7の雰囲気を継続? |

最近にわかに情報が出てきている、新型コルベット(C8世代)の関連情報。
今回は実際に走行する動画が公開されています。

なお、C8世代のコルベットはミドシップ化されることが明らかになっており、そのサブネームは「ZORA(ゾラ/ゾーラ)」となる模様。
というのも米国の特許庁にあたる機関にシボレーが「ZORA」を登録しているためですが、このZORAは初代コルベットの主任エンジニアであった「Zora Arkus-Duntov(ゾラ・アンカス・ダントフ)」氏に由来。

同氏はコルベットのパフォーマンスアップに心血を注ぎ、1964年の時点でミドシップコルベットの試作車「XP-819」を作成(XPはエクスペリメンタルの略で、テスト用の車両によく用いられるコードネーム)しています。
しかしながら市販化には至らず、しかし現代にそれを蘇らせるにあたり、「ZORA」の名を用いるのはごく自然な流れだと言えそうですが、1964年の「ミドシップコルベット」の存在を記憶し、かつこの決断を行ったシボレーには喝采を送りたいところ。※コルベットのハイパフォーマンスモデル、「Z06」「ZR1」の「Z」も同氏の名前から

フロントからコルベットらしさを失うことはできない

エンジンが前から後ろに移動するというのは大きな変化で、となると車体のデザインも大きく変わるのは必至。
当然ながらフロントはコンパクトに、リアはマスが大きくなりますが、これまでのコルベットの一つの特徴は「大きく張り出したフロントフェンダー含むフロントセクション」。

アメリカ人は、そのモデルと車体デザインとを「連動」させて記憶しているようで、たとえばカマロはやっぱりあのデザインで、ダッジ・チャレンジャーはやっぱりあのデザインでないと、ということですね。

corvette2

これまでもカマロは様々なデザインを採用しており、大きくイメージを変えた時期もありましたが、やはり「レトロ」っぽいデザインに戻してから大きなヒットを記録していて、つまり「このクルマはこのデザインでなければならない」という認識が市場にあるのだと思われます。

そこで新型コルベット「ZORA(ゾーラ/ゾラ)」ですが、フロントにエンジンがないので、フロントはコンパクトに低くデザインできるはず。

【動画】コルベットオーナーが新型コルベット試作車出現の知らせを受けて出動→みごと捕捉に成功

にもかかわらず、これまでのスパイフォトを見る限り、フロントのデザインはC7世代までのコルベットの印象を残した「力強い」もので、ここはコルベットが抜け出すことができないジレンマなのかもしれません。

たとえばポルシェ911について、現代のライティング技術であれば「カエル顔」の必要性はなく、もっとフロントフェンダーを低く抑えたほうが空力的に有利なはずですが、カエル顔でないと市場が「911だと」認識してくれず、よってセールス(ブランディング)上の理由でカエル顔になっているのと同様だと思われます。

ミドシップ化される新型コルベットのプロトタイプ。車体後部が広くトラックっぽい?

とくに今回のC8世代コルベットにおいて、「コルベット史上最大の変化」であるミドシップ化を成功させるにあたり、コルベットのアイデンティティを捨てるわけには行かず、スムーズにセールス的・イメージ的にミドシップへの移行を完了させるには「C7のイメージを残す必要がある」ということに。※コルベットに限らず、段階的かつ緩やかに新モデルへ移行するためか、アメ車の「モデル末期」におけるデザインは「モデルチェンジ版」と似た雰囲気を持たせ、”予告”的意味合いを取ることが多い

そういったこともあってC8世代のミドシップコルベットについては、「C7世代のフロント」と「ミドシップ化したために大きくなったリア」を持つことになりますが、ここを最終的にどうまとめるのかは興味のあるところ。

次期コルベットの書類が流出。「5.5.L/V8ツインターボは850馬力」「C7は2021年まで併売」

現時点で新型コルベットのスペックは不明ではあるものの、現行コルベットに積まれる6.2リッターLT1 V8(507馬力)のパワーアップ版、5.5リッターV8の自然吸気(600馬力)とターボ版(800馬力)、さらに200馬力を発生するエレクトリックモーターとの組み合わせというウワサも。

現行のC7世代コルベットでも世界最高峰のパフォーマンスを誇っていることを考えると、ミドシップ版C8世代コルベットはランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレンといったミドシップスーパースポーツをつくるメーカーにとって「無視できない」存在となりそうです。

新型コルベット向け特許三連発。「アクティブサイドスポイラー」は初の試み?

それでは動画を見てみよう

こちらが短いながらもフロント、サイド、リアの様子が分かる動画、「2020 Mid-Engine Corvette (Zora) Spied!」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->シボレー(CHEVROLET), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.