■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツが生き残る道は誕生時と同じ「高級」路線のみ?コンセプトモデル二連発

メルセデス・ベンツはやはり優雅でラグジュアリーでないと レンダリングアーティスト、Dahye Jeong氏が「メルセデス・ベンツ・ノスタルジア・コンセプト(Mercedes-Benz-Nostalgia Concept)」を発表。ノスタルジアと名がつくものの、未来を強く意識したコンセプトカーであり、サイドの窓の視認性を鑑みるにおそらくは「自動運転」。なお、車体後部のデザインは「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ」の影響が強く見られるようです。 メルセデス・ベンツが「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」の ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連

ポルシェ「タイカンの受注は洪水のように押し寄せてくる。大半はテスラからの乗り換えだ」

ポルシェ・タイカンの受注は予定を大きく上回る水準で推移 ポルシェ北米の社長、クラウス・ツェルマー氏がロサンゼルス・モーターショー会期中にCNETに語ったところによると、「タイカンの予約は文字通り”溢れかえって”いる。予想を遥かに超える反応だ」。以前にも欧州で受注好調だという話はあったものの、ポルシェは目標販売台数や受注台数を公開しておらず、よって「どの程度の受注があったのか」は現時点で全く不明です。 ポルシェがタイカンの受注をこっそり開始。「受注は予想より多い」←買うのはどんな人? こちらもオススメ、関連 ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニが将来のハイブリッドについて語る。「ドライブモードに応じて電動アシストも変更される」

更新日:

| ランボルギーニはターボエンジンの夢を見ない |

ランボルギーニは次期V12(アヴェンタドール後継)、次期V10(ウラカン後継)モデルについて「自然吸気エンジンを継続」とかねてより発言していますが、今回はそこよりもちょっと踏み込んだ情報が公開に。

これはランボルギーニの技術部門責任者、マウリッツォ・レッジャーニ氏がMotor Trendに語ったもので、ドライブモードとの連携について述べています。








エレクトリックモードのみでも走行可能

ランボルギーニは現在ドライブモード「アニマ」を持ちますが、これは「ストラーダ」「スポーツ」「コルサ」が中心。
そしてマウリッツォ・レッジャーニ氏はハイブリッドシステムの動作について、「ストラーダ」ではエンジンとハイブリッドシステムが切り離されてエレクトリックモーターのみで走行ができる状態をイメージしている、とのこと。

そして「スポーツ」ではトルクベクタリングのためにモーターを使用し、「コルサ」ではエンジンをアシストするためにモーターを活用する、としています。

ただ、今のところ不明なのは次期V12、次期V10モデルでの4WDシステムはどうなるのか、ということ。
つまり現在の4WDシステム上にハイブリッドシステムが「アドオン」されるのか(しかしこれだとモーターによるトルクベクタリングは構造上難しい)、それとも「後輪はガソリンエンジン、前輪はエレクトリックモーター」といったポルシェ918スパイダーや、ホンダNSXのようなシステムになるのか、ということですね(この場合、モーターのみでの走行だと前輪駆動車となる)。

現時点で詳細は不明ですが、ランボルギーニとしても様々な可能性を試しているのかもしれません。

ウルスのターボ化は「必然」

なお、マウリッツォ・レッジャーニ氏は「ウルスにターボエンジンを使用したのは”必然であった”とコメント。
スーパースポーツとは異なってウルスの重量は2.2トンもあり、その重量のクルマを走らせるには「ターボエンジンの巨大トルクでないと無理」ということのようですね。

反面、スポーツモデルについてランボルギーニは頑なにターボ化を拒んでおり、それはターボラグが「許容できない」ため。
現在多くのスーパースポーツがターボエンジンへと切り替えていて、ターボラグ解消のために様々な手法を採用しているものの、「ターボラグゼロ」をうたうエンジンであってもやはりターボラグは依然として存在し、これが解決できない限りはターボエンジンを使うわけにはゆかない、ということのようですね。

ただターボエンジンも日々進歩しており、「エレクトリックターボ」がこれを解決する可能性が高く、そしてエレクトリックターボは(バッテリーを共有できるという意味で)ハイブリッドとの相性が良く、「ハイブリッド+エレクトリックターボ」という組み合わせも今後主流になるのかもしれません。

ランボルギーニ「環境規制対応のためにターボよりハイブリッドを選ぶ」。なお2026年にはピュアEVも

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.