>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルとトヨタがミドシップスポーツを共同開発?スバルはこれをBRZ、トヨタはMR2とし、次期86はロードスターと共通になると予想

スバルのミドシップスポーツは基本的に「ない」と考えるその理由 レスポンスによると、トヨタとスバルとが共同にてミドシップスポーツカーを開発の可能性がある、とのこと。もともとはスバルがミドシップスポーツカーを開発するというウワサに対し、「スバル単独でこれを開発するのは難しく、トヨタがこれに参加し、トヨタ側ではMR2としてこれを販売するのでは、という見解を示したもの。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型シボレー・コルベットはデトロイト・モーターショーでの発表ナシ?登場がまた遠のく可能性も

すでにプロトタイプが頻繁に見られるものの、発表はまだまだ? 新型シボレー・コルベットについてはウワサが絶えず、これまでにも価格やグレード、発売時期、エンジンについての話題が登場。さらには様々な予想レンダリング、キーの画像までネット上に登場し、「発表までカウントダウン状態か」というのが現状です。そして2019年1月に開催されるデトロイト・モーターショーにて新型コルベットが発表されるだろうというのが最近の定説でしたが、最新のウワサでは「デトロイト・モーターショーでは新型コルベットは発表されない」と言われている ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】これがブガッティの本社だ!まるで城のような外観、昔ながらの工場をユーチューバーが紹介

| ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティ・シロンの製造現場へ | 人気ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティの本社へを訪問。 ブガッティはフランスの自動車メーカーで、その本拠地は「モルスハイム」。 なお、最近SHmee150氏は本名の「ティム・バートン」を前面に押し出すことが多くなり、本名での活動に切り替えるのかもしれませんね。 ちなみにパープル系の衣類を好んで着用していますが、これも「セルフブランディング」のひとつなのかもしれません(ジャケットはShmee150氏のオリジナル)。 こち ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディQ4発売が近いとのウワサ。TTっぽいルックスの高級クーペSUVとなり、PHEVも投入か

| アウディはQ4を高級クーペSUVとして投入するとのウワサ | アウディQ4の発表が近い、との報道。 アウディはブランド初のクーペSUV「Q8」を今年発表したとことですが、Q4はそれに続くクーペSUV、ということに。 ただ、メルセデス・ベンツがGLCクーペ/GLEクーペというラインアップを持ち、BMWがX4/X6を発売していたのに対し、アウディはSUV大好きなメーカーであるにも関わらず、これまで「クーペSUVのラインアップはゼロ」。 こちらもオススメ、関連投稿 アウディ「Q8」のプロトタイプが走行中。後 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】アルファロメオ4Cがブッチギリ!ロータス・エキシージ、BMW M2との加速競争で「軽さ」の威力を見せつける

| アルファロメオ4Cがこうやってドラッグレース動画に登場するのは初めて? | アルファロメオ4C、ロータス・エキシージがドラッグレースにて対決するという珍しい動画が公開に。 動画は二本立てとなっていて、前半はBMW M2(MT)/BMW M2(DCT)/BMW M2コンペティションとが対決(こちらも相当に珍しい)。 その後にM2シリーズの覇者となったM2コンペティションを交え、合うrファロメオ4Cとロータス・エキシージとが勝負するという構成です。 こちらもオススメ、関連投稿 BMW M2/M4/M5/M ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW 8シリーズ・グランクーペのプロトタイプ再び。地味目のバンパーを装着する”エントリーモデル”か?

キャビンは大きく、しかし8シリーズクーペとは異なる雰囲気に BMW8シリーズ「グランクーペ」のプロトタイプが目撃に。BMWはすでに8シリーズクーペ(G14)、8シリーズ・カブリオレ(G15)を発表し、残す8シリーズは「グランクーペ(G16)」とM8(クーペ/コンバーチブル)のみ。 そして8シリーズ・グランクーペのプロトタイプは先日初めて目撃されたところですが、今回捕捉されたのはそのプロトタイプとは異なり、「ベースグレード」のようですね。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える こちらもオススメ、関連投稿FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」またまたレアカーが競売に。車とは思えない形をしたコンセプトカーなど5台が登場【動画】コルベットをベースにした「ジェノベーションGXE」市販モデル公開。EVなのにMTも用意、すでにギネス最速記録も保有新型コルベットにはまだまだ秘密がある?今度はミドシップ化に伴い「放熱エンジンフード」をパテント登録新型コルベット怪情報。「名 ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリは今後「限定モデル」活性化?812スペシャルバージョンのウワサが4つも浮上

更新日:

| フェラーリ812の限定モデルがいくつか登場する? |

ferrari

Ferrari Chatによると、フェラーリは812スーパーファストをベースに「いくつかの」スペシャルモデルを計画中、とのこと。
現段階ではあくまでも「ウワサ」なのでなんともわかりませんが、そのうちの一台が先日「9/17のプライベートイベントにて発表」するとされたニューモデルなのかもしれません。

こちらのニューモデルについては「アイコン(イタリア語でICONA)」と表記されているものの詳細は全く不明であり、とにかく発表を待つしかなさそう。※ウワサだと、フェラーリ812”モンツァ”と言われる

フェラーリが9/17にニューモデル発表!812のハードコアモデル「812モンツァ」?








812のスペシャルバージョンには様々なウワサがある

なお、これら「812のスペシャルモデル」についてはいくつかの噂があり、ひとつは「スピードスター」。
ルーフをチョップした走行性能重視のモデルで、限定台数は200台、とも。

そしてもうひとつは250テスタロッサへのトリビュートモデルで、独特の前後フェンダー(とサイド)が与えられるという話もあるようです。

↓こちらがフェラーリ250テスタロッサ

ferrari13

さらには極限まで運動性能を追求したハードコアモデル(488ピスタみたいな)という話もあり、まさに情報が交錯している、という感じですね(もしくはこれらすべてが登場するか)。

そしてその他には「812アペルタ」つまりオープンモデルのウワサもあって、しかしこれだけウワサがあるということは「フェラーリが実際に何か動いている」のは間違いなさそう。

なお、この時期に発表されるということは、故セルジオ・マルキオンネ氏が計画していたモデルだと考えて良さそうですが、以前にマルキオンネ氏はフェラーリでもっとも高価なクラシックカー、250GTOの復刻にも触れており、そして復刻の代わりに(GTOではなくテスタロッサというウワサですが)トリビュートモデルを発売するのかもしれません。

フェラーリCEO「250GTOを復刻するかも」。ジャガーに続き当時の技術と製法で限定生産?

フェラーリはコモディティ化しつつある?

こういった「限定モデル連発」の背景にあるのはフェラーリの「大衆化」だと考えていて、というのも2000年には4,000台程度であったフェラーリの生産台数が2019年には9,000台を記録する予定。

そうなるとフェラーリもこれまでの希少性を保てなくなり、そのオーナーも満足度が殺がれる可能性が出てくるわけですね。
そうなると中古相場やブランドイメージにも大きく影響が出ることになり、これがまさにフェラーリの懸念するところだと思われます。

その一つの対策が「SUV」で、これで利益を稼ぐことによってスーパースポーツの生産台数を絞れることになりますが、これはランボルギーニと同じ手法。

そしてもう一つは「細かく限定モデルを出す方法」。
ランボルギーニがガヤルドにて用いたり、現在のロータスが採用している方法ですが、それぞれ仕様が異なるモデルを販売することで「希少性を保てる」ということになります。

さらに進んでいるのはアストンマーティンで、たとえばザガートと組んで発売した少量生産の「ヴァンキッシュ・ザガート」が好例。
これによってブランドイメージを向上させることができ、かつ話題も提供できて、ヴァンキッシュとしての中古相場も高値安定させる事が可能となるわけですね。

よって、今後フェラーリは通常モデルやSUVは「通常の人向け」に販売し、限定モデルは「これまでの顧客しか購入できない」というヒエラルキーを構築し、全体的な中古相場の高値維持、既存オーナーの満足度向上に務めるのではと考えています。

VIA:FerrariChat

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.