ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など ■ニュース

メルセデスAMG GT Rのマイチェン版がテスト中。より戦闘力アップの「クラブスポーツパッケージ」設定?

2018/09/09

| メルセデスAMG GTのフェイスリフトモデルがテスト中 |

AMG GT Rのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデルがテスト中。
このプロトタイプを見るとフロント全般的に、そしてリアがカモフラージュで覆われていますが、それぞれ現行モデルとは「ちょっと」異なる仕様。

フロントだとバンパー先端のセンター部や、カナードの存在が「新しく」、ヘッドライト内部構造も一新されているようです(現行よりもかなりシンプルになっている)。

メルセデスAMGは今後「クラブスポーツ・パッケージ」を強化?

加えて今回テストされていると言われるのは「クラブスポーツパッケージ」。
これはポルシェがオプション化を進めている「ヴァイザッハ・パッケージ」のようなもので、軽量化やエアロダイナミクスの向上を主眼に置いたものとされ、AMG GT Rのみを対象とすることでその戦闘力を強化する、というもの。

amg-gt2

現在のところAMG GT R含むGT系がどういったフェイスリフトを受けるのかは不明ですが、若干のパワーアップ、軽量化もウワサされ、その戦闘力が高められることになりそう。

なお、AMG GTは素晴らしいクルマではあるものの、セールス上はいまひとつ成功したとは言いがたく、これは「メルセデス・ベンツ」という高級車イメージが逆にAMGの性質をスポイルしている可能性も。

つまり(一部で)「高級車メーカーのつくるスポーツカーはピュアではない」といったイメージがあること、AMGといえども「直線番長」的イメージがあるということですが、これはメルセデス・ベンツにとっては甚だ不本意だと思われ、これは時間をかけて解決するよりほかはないのかもしれません。

amg-gt4

逆に、フォルクスワーゲンがたっぷりお金をかけたクルマを発売して「高級車」だと主張したとして、ほとんどの人がそれを高級車だとは認識しないのと同じであり、ここはいずれのブランドにとっても新しいセグメントへと進出する際の「悩みどころ」なのでしょうね。

その意味ではブランド成立要件のひとつに「時間」があるということにも納得がゆき、将来のためには今日という一日を無駄にしてはならない、ということもわかります。

それでは動画を見てみよう

こちらがメルセデスAMG GT Rのフェイスリフトモデル、そしてクラブスポーツパッケージ、さらにはブラックシリーズだと思われる車両がテストする動画、「2020 MERCEDES-AMG GT R BLACK SERIES SPIED TESTING AT THE NÜRBURGRING」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , ,