>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型シボレー・コルベットはデトロイト・モーターショーでの発表ナシ?登場がまた遠のく可能性も

すでにプロトタイプが頻繁に見られるものの、発表はまだまだ? 新型シボレー・コルベットについてはウワサが絶えず、これまでにも価格やグレード、発売時期、エンジンについての話題が登場。さらには様々な予想レンダリング、キーの画像までネット上に登場し、「発表までカウントダウン状態か」というのが現状です。そして2019年1月に開催されるデトロイト・モーターショーにて新型コルベットが発表されるだろうというのが最近の定説でしたが、最新のウワサでは「デトロイト・モーターショーでは新型コルベットは発表されない」と言われている ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】これがブガッティの本社だ!まるで城のような外観、昔ながらの工場をユーチューバーが紹介

| ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティ・シロンの製造現場へ | 人気ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティの本社へを訪問。 ブガッティはフランスの自動車メーカーで、その本拠地は「モルスハイム」。 なお、最近SHmee150氏は本名の「ティム・バートン」を前面に押し出すことが多くなり、本名での活動に切り替えるのかもしれませんね。 ちなみにパープル系の衣類を好んで着用していますが、これも「セルフブランディング」のひとつなのかもしれません(ジャケットはShmee150氏のオリジナル)。 こち ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディQ4発売が近いとのウワサ。TTっぽいルックスの高級クーペSUVとなり、PHEVも投入か

| アウディはQ4を高級クーペSUVとして投入するとのウワサ | アウディQ4の発表が近い、との報道。 アウディはブランド初のクーペSUV「Q8」を今年発表したとことですが、Q4はそれに続くクーペSUV、ということに。 ただ、メルセデス・ベンツがGLCクーペ/GLEクーペというラインアップを持ち、BMWがX4/X6を発売していたのに対し、アウディはSUV大好きなメーカーであるにも関わらず、これまで「クーペSUVのラインアップはゼロ」。 こちらもオススメ、関連投稿 アウディ「Q8」のプロトタイプが走行中。後 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】アルファロメオ4Cがブッチギリ!ロータス・エキシージ、BMW M2との加速競争で「軽さ」の威力を見せつける

| アルファロメオ4Cがこうやってドラッグレース動画に登場するのは初めて? | アルファロメオ4C、ロータス・エキシージがドラッグレースにて対決するという珍しい動画が公開に。 動画は二本立てとなっていて、前半はBMW M2(MT)/BMW M2(DCT)/BMW M2コンペティションとが対決(こちらも相当に珍しい)。 その後にM2シリーズの覇者となったM2コンペティションを交え、合うrファロメオ4Cとロータス・エキシージとが勝負するという構成です。 こちらもオススメ、関連投稿 BMW M2/M4/M5/M ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW 8シリーズ・グランクーペのプロトタイプ再び。地味目のバンパーを装着する”エントリーモデル”か?

キャビンは大きく、しかし8シリーズクーペとは異なる雰囲気に BMW8シリーズ「グランクーペ」のプロトタイプが目撃に。BMWはすでに8シリーズクーペ(G14)、8シリーズ・カブリオレ(G15)を発表し、残す8シリーズは「グランクーペ(G16)」とM8(クーペ/コンバーチブル)のみ。 そして8シリーズ・グランクーペのプロトタイプは先日初めて目撃されたところですが、今回捕捉されたのはそのプロトタイプとは異なり、「ベースグレード」のようですね。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える こちらもオススメ、関連投稿FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」またまたレアカーが競売に。車とは思えない形をしたコンセプトカーなど5台が登場【動画】コルベットをベースにした「ジェノベーションGXE」市販モデル公開。EVなのにMTも用意、すでにギネス最速記録も保有新型コルベットにはまだまだ秘密がある?今度はミドシップ化に伴い「放熱エンジンフード」をパテント登録新型コルベット怪情報。「名 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

【競売】スープラ、RX-7、NSXなど90年代のドリームカー、そしてバブルの象徴「AMGワイドボディ」も!個人コレクション140台が出品予定

| 世界中の希少なコレクターズカーが一気に140台も競売へ | 1980-1990年代のクルマを中心とした「ネオクラシックカー」140台のコレクションが一斉にオークションへと登場予定。 これはRMサザビーズが2019年に何回かに分けてオークションを開催すると発表したもので、そのタイトルも「ヤングタイマー・ドリームガレージ(youngtimer dream garage)」。 内容としてはメルセデス・ベンツ34台、BMWが27台、ロールスロイスが12台、ベントレーが11台、ポルシェが8台、ジャガーが8台、フ ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ポルシェ・カイエン関連

マクラーレンが「SUVを作らない3つの理由」を公開。チャンスがあればSUVに手を出しそう

更新日:

| マクラーレンがSUVを作らない、3つの理由が明らかに |

マクラーレンはSUVに対して「NO」という姿勢を貫いていますが,今回改めてマクラーレンのマイク・フルーイットCEOが「マクラーレンがなぜSUVを作らないのか」を英国トップギアへと語っています。

まず、前置きとしては「現在、世の中には、消費者が必要とする以上のSUV」がある、というもの。
これに加えて「マクラーレンがSUVを作らない3つの理由」を述べています。








マクラーレンがSUVを作らないのはこういった理由から

マクラーレンがSUVを作らないという理由はこれまでも何度か紹介されていますが,今回はこれまで語られなかったものも。
ここでその理由を見てみましょう。

SUVはマクラーレンのブランドにマッチしない

マクラーレンとしては,そのブランドにおけるコアバリューを「モータースポーツと、素晴らしいドライバーズカー」にあると定義。
その上で「SUVは素晴らしいクルマではある」としながらも「しかし、素晴らしい”ドライバーズカー”ではない」とも。

そのドライビングエクスペリエンスは曖昧であり、それは我々にとって意味をなさない、とマイク・フルーイットCEOは語っています。

マクラーレンはSUVを作る技術を持ち合わせていない

続けて同氏は「マクラーレンは、そもそもSUVを作る技術を持ち合わせていない」と主張。
現在高級SUVは”特定のグループ”によって作られており,マクラーレンはそれらと競うだけの技術やノウハウがない、ということですが、これはもちろん「フォルクスワーゲングループ」を指しており、ポルシェ・カイエンやベントレー・ベンテイガ、アウディQ7/Q8、ランボルギーニ・ウルスを指しているのだと思われます。

「我々はSUVを作るとなるとゼロからのスタートとなり、一夜にしてレンジローバーや、ポルシェ・カイエンを超えるだけのSUVを作れると考えるほど思い上がってはいない」とのこと。

マクラーレンはSUVで利益を得ることはできない

最後は「財政上」の理由で、SUVは投資効率が悪い、としていますが、今からSUVに投資してももはや市場に「空き」はなく、投下した資金を回収できないだろう、と説明しています。

マクラーレンは今後どうやって利益を得る?

こうやってみるとマクラーレンはブランディング上の理由だけではなく「他と競争できないから」SUVを作らないようで、これは今まで語られなかっただけにちょっと意外。

スーパースポーツ市場は「今のところ」伸びてはいるものの,いずれ飽和になるのは目に見えていますし、それぞれのメーカーも利益のために販売台数を伸ばすと希少性が損なわれるのも確か。

よってランボルギーニは現在の販売台数(年間5000台ペース)からスーパースポーツは増やさず、そこから先の利益はウルスによって得る方針。
フェラーリも同様で、10,000台まではスーパースポーツを販売するものの,おそらくそこから先は「台数を増やさず」、新規投入するSUVによって利益を得るものと思われます。

マクラーレンCEO語る。「新設カーボン工場のキャパは年間1万台。他社のカーボンフレーム作るかも」

そしてマクラーレンも6000台を上限とすると以前に公表していますが、ここで気になるのは「マクラーレンは1万台以上を生産できるキャパシティを持つ工場を建設した」ということ。
6000台までしか生産しないのであれば、余った生産能力はどうするのか、ということですね。

一つは他社のスーパースポーツを生産するという可能性で(BMWブランドのスーパースポーツを生産するという話も)、そしてもうひとつは「やっぱりSUVに手を出す」という可能性。

実際にどうなるかはわからないものの、今回のコメントをみる限り、「チャンスがあればSUVもありうる」というようにもぼくには聞こえます。

 

関連投稿:マクラーレンが4シータースポーツを投入か。それでも「SUVは絶対にない」

2012-328366-mclaren-x-1-17-8-20121

マクラーレンが4座スポーツカーを投入するかもしれない、というウワサ。
ポルシェ・パナメーラやフェラーリFF(GTC4ルッソ)に対抗する意図があるようですが、そのカテゴリは「けっこう儲かる」と考えたのかもですね。
※画像マクラーレンX-1コンセプト

なおマクラーレンは市販車部門を立ち上げる際には4シーター含む「総合ラインナップ」メーカーとなることを標榜していましたが、つい最近には「2シータースポーツカーにこだわる」とコメントしたばかり。
その際はハイパーシリーズ、スーパーシリーズ、スポーツシリーズの3つのラインナップを超えることはないと語っていましたが、スポーツカージャンルにもちょっと限界を感じたのかもしれません。

なお、たとえ4シーターをリリースすることになろうとも「SUVは無い」としており、あくまでもスポーツ性にはこだわる模様。
スーパーカーメーカーではフェラーリも「SUVは絶対にない」としていますが、アストンマーティンはSUV生産を決めており、ランボルギーニもウルスの生産を決めるなど方向性が分かれています(ランボルギーニの場合は過去にLM002を生産しているので他とは事情が異なる)。

関連投稿:マクラーレンはSUVを作らない。集中するのは3つのこと

z6

マクラーレンCEO語ったところによると、お金のためにSUVを作る必要は無い、とのこと(いくつかのメーカーを皮肉ったものと思われる)。

その上で、マクラーレンが集中するのは3つのこと、としています。
1)セールスを拡大させる。現在は20%が欧州、35%が北米、30%がアジア
2)開発にかかったコストを、より多くのモデルに使用させることで吸収してゆく(これはカーボンモノコック、3.8L/V8エンジンの使用が該当)
3)常に競争力を高めるために投資を行う

ということですが、これは他の会社たとえばポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニとは大きく方針が異なるものです。
F1と同じような考え方で、常に最高の競争力を発揮することで顧客の注意を惹きつけるということだと思いますが、そうなると「前に車を買った顧客」はおいてきぼりを食らう可能性があるのでは、とも考えています。

たとえばMP4-12Cはほんの僅かな期間で650Sに取って代わられることになり、650S登場後は「650Sの生産を行うために12Cの生産はいったん休止」としながらも、その数カ月後には「12Cの生産は終了」というアナウンスが流れています。
こうなると12Cを購入したオーナーはちょっとツライわけで、すぐに650Sに買い換えることができる資力があるオーナーさんでないと「マクラーレンから見捨てられた感」が出てしまうのではと危惧するのですね。

そうなると影響が出るのは中古相場で、12Cはガクっと下がることも予想され、これはマクラーレンのブランドイメージにも響くと思います。
そして、一度痛い目を見ると、次もマクラーレンを購入しようとは思わないでしょうし、マクラーレンを購入できるユーザーは世界中に無限ではないので、いつか頭打ちになる日もくるのではないか、という懸念もありますね。

家電メーカーでもアップデートを繰り返して新規ユーザーを追い求めて既存ユーザーをやや蔑ろにするメーカーもありますが、マクラーレンがそうだとすると、マクラーレンは「(次々買い替えができるような)相当なお金持ちの乗り物」と言わざるを得ない、と考えています。

なお、来年の販売目標は3300台。ランボルギーニを超え、アストンマーティンを捉える勢いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >ポルシェ・カイエン関連
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.