>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本について

ワイルドスピード次回作(9作目)にブライアンを連想させるオレンジのトヨタ・スープラが登場!複数台用意され重要な役割を果たす?

| やはりワイルドスピードにスープラは欠かせない | ワイルドスピード9作目(タイトル未定、アメリカでは2020年5月22日に公開予定)のロケの風景(ジョージアの首都、トビリシにて)がインスタグラマー、 _pw40_によって公開。これを見ると、驚くべきことに「オレンジの」スープラが登場しています。オレンジのスープラといえば、ワイルドスピードの初回作にてポール・ウォーカー扮するブライアン・オコナーがドライブしたことで一気にスープラ人気がブレイク。とくにフェラーリとの対決において、フェラーリのドライバーにブラ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが「世界初のピュアエレクトリック・プレミアム・ミニバン」、EQV発表。”EVとミニバン”は意外といい組み合わせかも

| ベースはメルセデス・ベンツVクラス、しかし紛れもない”EQ顔” | メルセデス・ベンツが突如「世界初のラグジュアリー・エレクトリック・ミニバン」、EQVを発表。これは今年のジュネーブ・モーターショーにて「EQVコンセプト」として公開されていたものではありますが、先に発表されたEQCのようにティーザーキャンペーンが行われないままに登場した、ということに。メルセデス・ベンツいわく「ゼロ・エミッションとドライバビリティとの両立」を達成したとしており、実車のお披露目はフランクフルト・モーターショー会期中(9月 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】世界に一台、日本人オーナーの「ミウラ・イオタSVR」が米イベントに登場!ランボルギーニのデザイナーもそのサウンドに心奪われる

| 動画をインスタグラムに投稿したのはランボルギーニのチーフデザイナー | 世界に一台のみが存在する、ランボルギーニ・ミウラ”イオタ”SVR。今回そのミウラ・イオタSVRがペブルビーチ・コンクール・デレガンスに登場してそのサウンドを披露しています。なお、このミウラは、ランボルギーニが「5台の特別なミウラを展示する」としていたうちの一台で、日本人が所有している個体。もともとは1968年に通常の「ミウラS」として、そしてグリーンにペイントされていた個体ではあるものの、1974年にドイツ人のハインツ・シュトラー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリ「11月に新型GTカーを発表する」。9月にも2モデルを投入し、フェラーリのラインナップが一気に拡大する可能性(というか確実に拡大)

| ここ最近のフェラーリは「追いつけない」ほど展開が早い | フェラーリ会長、ジョン・エルカーン氏によると、フェラーリは「GTカー」のラインナップを拡大する、とのこと。ちなみにフェラーリの「GT」ラインナップとはポルトフィーノ、GTC4 Lussoを指し、このほかには「スポーツ」としてF8トリブート、812スーパーファスト、そして「スペシャルモデル」として488ピスタ、「ICONA」としてモンツァSP1/SP2という構成となります。その上フェラーリはSF90ストラダーレを発表し、さらに今年中には「数台」の ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが”タイカン”のティーザー画像と動画を公開。アップルミュージック対応のインテリア、ナルド・サーキットでは24時間連続走行

| ポルシェ・タイカンの発表はいよいよ9月4日に迫る | ポルシェが9月4日のタイカン発表に向け、ティーザー画像そしてティーザー動画を公開。ティーザー画像の方はそのダッシュボードを捉えたもので、「いかにもポルシェらしい」GT仕様のステアリングホイール(アルカンターラ巻きでけっこうレーシー)、そしてダッシュボード上のスポーツクロノを確認できます。なお、ポルシェは「いずれのモデルでもパーツやデザインを共通化」する傾向にあり、今回の画像を見るに、タイカンにおいても”エレクトリックモデルといえど”911他モデルと ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など

ロレックス神話崩壊?デイトナすら値下がりが続く状況の中、バイヤーは「パテックとオーデマピゲは比較的安全」

| もはやロレックスのプレミア価格は「買うに値しない」ほどだとバイヤーは考えている | 夏以降、ガツンと相場が下がっているロレックス。買う方としては大歓迎な事態ですが、バイヤーによっては「かなり危険」だと見ていて、ロレックスのストックは持ちたくない、と考える人もいる模様。そしてウォッチバイヤー、CRM Jewelers氏もその一人のようですね。たとえば、近年の値上がり代表格、通称”バットマン”ことGMTマスターII/126710BLNR(ジュビリーブレス)につき、価格.comによると、ピーク時の268万円 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

【競売】ボンドカー史上最高落札額!「007ゴールドフィンガー」用に製作されたアストンマーティンDB5が6.7億。機関銃以外のギミックは全て動作可能

| ゴールドフィンガー用に製作されたボンドカー”DB5”は合計4台 | 1964年の007映画「ゴールドフィンガー」の撮影に使用されたアストンマーティンDB5が、RMサザビースの開催したオークションにて、6,385,000ドル、邦貨換算で約6億7000万円で落札。予想落札価格は400万ドルから600万ドルの間と見られていたものの、これを大きく超えた額で落札されたことになり、「通常の」DB5の420万ドルという落札記録を上回ったのみならず、ボンドカーとしても史上最高額での落札になったと報じられています。 こ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ポルシェ・ケイマン関連 >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】やっぱり新型スープラは速かった!BMW M2、ポルシェ718ケイマン、アルピーヌA110、アウディTTRSとのゼロヨン対決を見てみよう

| 価格を考えると、スープラは相当に「お買い得」だと言っていい | さて、北米では新型トヨタ・スープラの納車がかなり進んでおり、相当数のユーチューバーがそのレビューを、そしてやはり多くのショップがそのカスタムを紹介しています。そしてまたメディアにもデモカーが貸し出されており、いくつかでは「加速テスト」を行っている様子が公開に。なお、日本ではまだディーラーに新型スープラが到着指定ない状態ですが、イギリスについてもまだ納車が進んでおらず、つまりは「右ハンドル国の生産が遅い(左ハンドル国を優先している)」のかも ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

またまた愛知でBMWが恐怖のあおり運転。なお、英国、米国でも「もっともマナーが悪い、迷惑なのはBMW」という統計も。逆にレクサスは優良運転

| なぜBMWのドライバーが世界で評価を下げているのかはナゾ | さて、世間を騒がせている「あおり殴打」事件ですが、お盆期間中、別のBMW,がまたあおり運転を愛知で行っていた模様。 今回、FNNにて今度は愛知で「あおり運転」…ドラレコが捉えた「割り込み」「待ち伏せ」「車降り」の一部始終という報道がなされ、これは白いBMWのオーナーが執拗に対象車を狙い、最終的にはBMWから降りてきて対象車のほうへとやってくる、というもの。幸いにも、絡まれた方のクルマに乗っていたドライバーの機転にて警察に通報し、その様子を見 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産がジュークのプロトタイプ画像を公式公開!新旧ジュークを比較してみよう

| 軽快感と躍動感のある先代から、洗練され重厚さを持つ新型へと上級移行 | 日産が、モデルチェンジを迎える新型ジュークのプロトタイプ画像を公式に公開。これまでもプロトタイプのスパイフォトが登場してはいるものの、今回公開された画像を見ると、パネルを用いた構造的なカモフラージュが見られず、実際の姿を想像しやすい状態であることがわかります。なお、新型ジュークの公開日は9月3日に設定されており、この他にもいくつかティーザー画像が公開されていますね。 日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、9/3発表を明 ...

ReadMore



>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

【動画】みんな大好きホンダNSX。1990-2019年までの変遷、開発秘話も見てみよう

投稿日:

| ホンダNSXはこう進化してきた |

「ホンダNSXの進化(変遷)」が動画にて公開。
1990年の登場(発表は1989年)から最新の2019年モデルに至るまでが紹介されています。
加えて、それぞれのエンジンスタート時、エンジン回転数を上げた際のエキゾーストサウンドも聴くことが可能。

まずは1990年登場のNSX初期モデル。
これは3リッターV6エンジンを搭載し、当時の自主規制ギリギリの280馬力を発生しています(ATは265馬力)。

1989年というと日産R32スカイラインGT-R、初代マツダ・ロードスター、トヨタ・セルシオが発表された、自動車史に燦然と輝く年でもありますね。

なおホンダNSXは「国産初のスーパーカー」とも言えるクルマで、量産車初のアルミボディ、やはり量産車初のチタン製コンロッドを持つクルマ。

当時使用されたコピーは「our dreams come true.」、「緊張ではない、開放するスポーツだ」となっており、それまでの「スーパーカー=何かを我慢して乗る」という考え方を覆したクルマとしても知られ、フェラーリはじめ多くのメーカーがその認識を新たにせざるを得なかった、と言われています。

初代ホンダNSXの開発秘話公開。「スーパーカーだからといって、ドライバーが我慢する必要はない」








| 初代NSXは1990年から2006年まで製造された |

初代ホンダNSXはその製造期間中にいくつかのバリエーションを展開し、その間にも「Ⅰ型(1990-1997)」「Ⅱ型(1997-2001)」「Ⅲ型(2001-2006)」へと順を追って進化。

最初のバリエーションは「NSX TYPE R(タイプR)」で、エンジンは同じC30Aを使用しながらもレーシングカー同様に各部バランス取りを行い、「チャンピオンシップホワイト、赤バッジ、チタン製シフトノブ」というタイプRの方程式を確立したクルマ。

エアコンやオーディオも「レス」仕様となり、重量はマイナス120キロ。
もちろん足回りも固められ、とにかくスパルタンなクルマとしても知られます。
生産台数は483台のみで、非常に希少価値の高いNSXでもありますね。

nsx-5

ホンダNSX「Ⅱ型」はこう変わった

そして「Ⅱ型」となって登場した「NSX S-ZERO」。
当時「タイプRの再来か」と言われたものの、ホンダとしては「S」を「R」の下に位置づけ、明らかな区別を行っています。

エンジンは3リッターから3.2リッターのC30Bへと進化し、日本では「タイプS」も販売(日本だと280馬力のままで、欧米では290-300馬力)。
トランスミッションはこのときにあわせ5MTから6MTへと進化することに。

nsx-8

そして特筆すべきは「NSX ALEX ZANALDI(アレックス・ザナルディ)」。
この「ホンダNSX アレックス・ザナルディ」は、アレックス・ザナルディ氏が当時2年連続でCARTチャンピオンを獲得したことを記念して(エンジンはホンダ)発売された北米専用の特別仕様NSXで、専用のボディカラー「フォーミュラレッド」に加えてBBS製ホイールやチタン製シフトノブ、ブラック内装を持つことが特徴。

nsx-7

生産は51台のみだとされますが、そのうちの17台にはアメリカのホンダディーラーが「スーパーチャージャー」を取り付けて「純正カスタム車」として販売されたようですね。

なんとホンダ純正、17台のみ生産されたスーパーチャージャー付き初代NSXが中古市場に登場

なお、アレックス・ザナルディ氏はレースで両足を失いながらも特別仕様のレーシングカーで復帰したり、パラリンピックで金メダルを獲得するなど、「不屈の人」として知られます。

一時は自身の境遇を嘆いたこともあったようですが、夫人の支えや、自分よりも苦しい立場にある人の存在を知り、再び立ち上がることを決めたようですね。

「両脚を失っても希望は手放さない」。レース中に両足を失ったザナルディ氏がパラリンピックで金を獲得



NSX「Ⅲ型」では固定式ヘッドライトに

そしてⅢ型となったNSXではヘッドライトがリトラクタブル(ポップアップ)から固定式に。
あわせて前後バンパー形状が変更となっています(エンジンはそれまでと同じC32B)。

北米では、これまでの「クーペ」がこのNSXタルガに置き換えられて販売された模様。

nsx-6

そしてⅢ型でも登場したNSX TYPE R。
ただし名称はNSX タイプRではなく「NSX-R」となり、「エンジンバランス取り、足回りハード化、軽量化」という鉄則は維持されたまま、空力性能が向上(アンダーカバー、リアディフューザー、大型リアウイングが追加)されています。

nsx-4

なお、ホンダはこれまで生産したクルマを動態保存しており、ときおりコンディションチェックのために走行させていますが、その様子も公開済み。

ホンダ自ら所蔵するNSX-Rの動画を公開。走行、そして魅力的なエンジンサウンドを奏でる様子も

そして2003年には「次期NSX」をイメージした「HSCコンセプト」が発表に。
3.5リッターミドシップ、300馬力というクルマですが、景気悪化を受けて計画が中止されています。

こんなコンセプトカーもあった。NSX後継になるはずがバブル崩壊で消え去った「ホンダHSCコンセプト」

そしてGT選手権参戦のためのホモろロゲーション取得用、「NSX-R GT」。
エンジンはC32Bで出力はNSX-Rと同じですが、重量がさらに31キロも軽量化されています。

大幅にエアロパッケージが変更され、出っ張ったフロントバンパーとサイドステップ、リアディフューザー、リアシュノーケルが特徴的ですが、このシュノーケルはホモロゲーション取得のために装着された「ダミー」とのこと。

nsx-3

現行世代のNSXは大きく進化

そして2016年登場の現行NSX。
これまでの「V6ミドシップ」はそのままに(エンジン形式は異なる)ターボ化され、さらに3モーターによるハイブリッドシステムが与えられることで「4WD化」されています。
重量、価格ともに大きくアップしていますが、そのぶん馬力も「倍」となり、第一級の動力性能を誇すスーパーカー。

初代の「ピュア」さは失われたかもしれませんが、NSXが初代で掲げた「緊張ではない、開放するスポーツ」を現代風に解釈した一台だと考えていて、その意味では、スーパースポーツのあり方を再定義してきたNSXらしいクルマだと考えています。

nsx-2

新型ホンダNSX発売前のトピックまとめ。こっそりポルシェを研究用に購入していた件など

そして先日発表されたばかりのホンダNSX「2019年モデル」。
内外装の選択肢が増え、ブラックパーツの採用でコントラストがアップし、その存在感がぐっと増していますね。

nsx

NSXにはこんなこぼれ話も

なお、ホンダNSXには色々な開発秘話があり、有名なのは「アイルトン・セナが開発に参加した」というもの。
実際にはセナにNSXを一カ月貸与し、鈴鹿を走ってもらってそのコメントを求めたというものですが、その際のセナのコメントは「ヤワ過ぎてこのままではダメ」。
その指摘を受けてボディ剛性が50%向上させられたようですね。

ただ、それでも発売当初のNSXは相当にボディ剛性が低くて、段差や斜めになった道路でのドア開閉を行うと「ドアが閉まらなくなる」ほどボディがよじれたり、というのは実体験として記憶に残るところ。

アイルトン・セナへのトリビュートビデオが公開に。そのドライビングとNSXの走りを美しい映像で

NSXは上述のとおり「量産車初」のアルミボディ採用車ですが、これは開発担当者が「新幹線に使用される素材から」着想を得て、これを自動車に応用できないかと考えたことが「はじまり」だそう。
ほかにもチタン製コンロッドを初採用した市販車としても知られ、これによって回転数を「700回転」上げることができた、とされています。

それでは動画を見てみよう

こちらがNSXの変遷を動画で示した「Evolution Of The Honda/Acura NSX」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.