■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。 こちらもオススメ、関連投稿2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後 ...

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かっ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRのカスタム第二弾。前回はETC車載器やフロントスクリーン、ビレットレバーなどを紹介しましたが、今回はそれに続くカスタムを紹介してみたいと思います。まずはアクラポヴィッチ(AKRAVOVIC)製マフラー。CBR250RR用のアクラポヴィッチ製マフラーには「競技用」と「合法(JMCA認定)とがありますが、ぼくが取り付けたのは「合法」アクラポヴィッチ。早朝や深夜に出入りすることがあるということ、そもそもマフラー交換は音量を変えたいわけではなく見た目の変化を求めたこと、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは毎年こういったイベントを開催しており、そのイベントにて「研修生が製作したカスタムカー」を公開するのもまた通例。フォルクスワーゲンは毎年ゴルフのカスタムカーを公開することでも知られていますね。 VWが毎年恒例の「GTI祭り」に380馬力のゴルフGTI、400馬力のゴルフRを出展。このまま市販して欲しいレベル こ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。AM-RB003はその名からもわかる通り、「AM-RB001」ヴァルキリーに次ぐハイパーカー。※002が欠けているのは、ヴァルキリーAMR Proが”002”に該当するからだと思われるそしてヴァルキリー同様にレッドブル(RB)が開発に参加し、ヴァルキリーとの強い共通性が感じられるデザイン、そしてミドシップレイ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2 CSのインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore



>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

【動画】みんな大好きホンダNSX。1990-2019年までの変遷、開発秘話も見てみよう

投稿日:

| ホンダNSXはこう進化してきた |

「ホンダNSXの進化(変遷)」が動画にて公開。
1990年の登場(発表は1989年)から最新の2019年モデルに至るまでが紹介されています。
加えて、それぞれのエンジンスタート時、エンジン回転数を上げた際のエキゾーストサウンドも聴くことが可能。

まずは1990年登場のNSX初期モデル。
これは3リッターV6エンジンを搭載し、当時の自主規制ギリギリの280馬力を発生しています(ATは265馬力)。

1989年というと日産R32スカイラインGT-R、初代マツダ・ロードスター、トヨタ・セルシオが発表された、自動車史に燦然と輝く年でもありますね。

なおホンダNSXは「国産初のスーパーカー」とも言えるクルマで、量産車初のアルミボディ、やはり量産車初のチタン製コンロッドを持つクルマ。

当時使用されたコピーは「our dreams come true.」、「緊張ではない、開放するスポーツだ」となっており、それまでの「スーパーカー=何かを我慢して乗る」という考え方を覆したクルマとしても知られ、フェラーリはじめ多くのメーカーがその認識を新たにせざるを得なかった、と言われています。

初代ホンダNSXの開発秘話公開。「スーパーカーだからといって、ドライバーが我慢する必要はない」








| 初代NSXは1990年から2006年まで製造された |

初代ホンダNSXはその製造期間中にいくつかのバリエーションを展開し、その間にも「Ⅰ型(1990-1997)」「Ⅱ型(1997-2001)」「Ⅲ型(2001-2006)」へと順を追って進化。

最初のバリエーションは「NSX TYPE R(タイプR)」で、エンジンは同じC30Aを使用しながらもレーシングカー同様に各部バランス取りを行い、「チャンピオンシップホワイト、赤バッジ、チタン製シフトノブ」というタイプRの方程式を確立したクルマ。

エアコンやオーディオも「レス」仕様となり、重量はマイナス120キロ。
もちろん足回りも固められ、とにかくスパルタンなクルマとしても知られます。
生産台数は483台のみで、非常に希少価値の高いNSXでもありますね。

nsx-5

ホンダNSX「Ⅱ型」はこう変わった

そして「Ⅱ型」となって登場した「NSX S-ZERO」。
当時「タイプRの再来か」と言われたものの、ホンダとしては「S」を「R」の下に位置づけ、明らかな区別を行っています。

エンジンは3リッターから3.2リッターのC30Bへと進化し、日本では「タイプS」も販売(日本だと280馬力のままで、欧米では290-300馬力)。
トランスミッションはこのときにあわせ5MTから6MTへと進化することに。

nsx-8

そして特筆すべきは「NSX ALEX ZANALDI(アレックス・ザナルディ)」。
この「ホンダNSX アレックス・ザナルディ」は、アレックス・ザナルディ氏が当時2年連続でCARTチャンピオンを獲得したことを記念して(エンジンはホンダ)発売された北米専用の特別仕様NSXで、専用のボディカラー「フォーミュラレッド」に加えてBBS製ホイールやチタン製シフトノブ、ブラック内装を持つことが特徴。

nsx-7

生産は51台のみだとされますが、そのうちの17台にはアメリカのホンダディーラーが「スーパーチャージャー」を取り付けて「純正カスタム車」として販売されたようですね。

なんとホンダ純正、17台のみ生産されたスーパーチャージャー付き初代NSXが中古市場に登場

なお、アレックス・ザナルディ氏はレースで両足を失いながらも特別仕様のレーシングカーで復帰したり、パラリンピックで金メダルを獲得するなど、「不屈の人」として知られます。

一時は自身の境遇を嘆いたこともあったようですが、夫人の支えや、自分よりも苦しい立場にある人の存在を知り、再び立ち上がることを決めたようですね。

「両脚を失っても希望は手放さない」。レース中に両足を失ったザナルディ氏がパラリンピックで金を獲得



NSX「Ⅲ型」では固定式ヘッドライトに

そしてⅢ型となったNSXではヘッドライトがリトラクタブル(ポップアップ)から固定式に。
あわせて前後バンパー形状が変更となっています(エンジンはそれまでと同じC32B)。

北米では、これまでの「クーペ」がこのNSXタルガに置き換えられて販売された模様。

nsx-6

そしてⅢ型でも登場したNSX TYPE R。
ただし名称はNSX タイプRではなく「NSX-R」となり、「エンジンバランス取り、足回りハード化、軽量化」という鉄則は維持されたまま、空力性能が向上(アンダーカバー、リアディフューザー、大型リアウイングが追加)されています。

nsx-4

なお、ホンダはこれまで生産したクルマを動態保存しており、ときおりコンディションチェックのために走行させていますが、その様子も公開済み。

ホンダ自ら所蔵するNSX-Rの動画を公開。走行、そして魅力的なエンジンサウンドを奏でる様子も

そして2003年には「次期NSX」をイメージした「HSCコンセプト」が発表に。
3.5リッターミドシップ、300馬力というクルマですが、景気悪化を受けて計画が中止されています。

こんなコンセプトカーもあった。NSX後継になるはずがバブル崩壊で消え去った「ホンダHSCコンセプト」

そしてGT選手権参戦のためのホモろロゲーション取得用、「NSX-R GT」。
エンジンはC32Bで出力はNSX-Rと同じですが、重量がさらに31キロも軽量化されています。

大幅にエアロパッケージが変更され、出っ張ったフロントバンパーとサイドステップ、リアディフューザー、リアシュノーケルが特徴的ですが、このシュノーケルはホモロゲーション取得のために装着された「ダミー」とのこと。

nsx-3

現行世代のNSXは大きく進化

そして2016年登場の現行NSX。
これまでの「V6ミドシップ」はそのままに(エンジン形式は異なる)ターボ化され、さらに3モーターによるハイブリッドシステムが与えられることで「4WD化」されています。
重量、価格ともに大きくアップしていますが、そのぶん馬力も「倍」となり、第一級の動力性能を誇すスーパーカー。

初代の「ピュア」さは失われたかもしれませんが、NSXが初代で掲げた「緊張ではない、開放するスポーツ」を現代風に解釈した一台だと考えていて、その意味では、スーパースポーツのあり方を再定義してきたNSXらしいクルマだと考えています。

nsx-2

新型ホンダNSX発売前のトピックまとめ。こっそりポルシェを研究用に購入していた件など

そして先日発表されたばかりのホンダNSX「2019年モデル」。
内外装の選択肢が増え、ブラックパーツの採用でコントラストがアップし、その存在感がぐっと増していますね。

nsx

NSXにはこんなこぼれ話も

なお、ホンダNSXには色々な開発秘話があり、有名なのは「アイルトン・セナが開発に参加した」というもの。
実際にはセナにNSXを一カ月貸与し、鈴鹿を走ってもらってそのコメントを求めたというものですが、その際のセナのコメントは「ヤワ過ぎてこのままではダメ」。
その指摘を受けてボディ剛性が50%向上させられたようですね。

ただ、それでも発売当初のNSXは相当にボディ剛性が低くて、段差や斜めになった道路でのドア開閉を行うと「ドアが閉まらなくなる」ほどボディがよじれたり、というのは実体験として記憶に残るところ。

アイルトン・セナへのトリビュートビデオが公開に。そのドライビングとNSXの走りを美しい映像で

NSXは上述のとおり「量産車初」のアルミボディ採用車ですが、これは開発担当者が「新幹線に使用される素材から」着想を得て、これを自動車に応用できないかと考えたことが「はじまり」だそう。
ほかにもチタン製コンロッドを初採用した市販車としても知られ、これによって回転数を「700回転」上げることができた、とされています。

それでは動画を見てみよう

こちらがNSXの変遷を動画で示した「Evolution Of The Honda/Acura NSX」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.