ad-728





>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

VWがグループ内のエリートブランド「ランボルギーニ、ブガッティ」等を集めて新会社設立、IPOへ?

2018/09/16

| VWグループは「スーパープレミアム」ブランドを集めた持株会社を新設? |

構造改革を進めるフォルクスワーゲンが「新しい計画」をメディアに対して語った模様。
フォルクスワーゲンはすでに、12あるグループ内ブランドを4つに分割する計画を公表しており、これは現在も進行中。

具体的には「超高級車(スーパープレミアム)」「高級車(プレミアム)」「大衆車(ボリューム)」「商用車(ビジネス)」という4つのグループに分ける計画で、「スーパープレミアム」についてはベントレー、ブガッティ、ランボルギーニ、ポルシェが所属。
この計画を実行するにあたり、アウディがコントロールしていたランボルギーニはポルシェの元へと移動することになるのはすでに報じられたとおりです。

ランボルギーニはアウディを離れ、2019年1月からポルシェのコントロール下にはいるというウワサ

「スーパープレミアム」部門の株式公開も

そしてフォルクスワーゲングループの金融担当、フランク・ウィッター氏が今回、「スーパーカープレミアム部門の株式公開もありうる」と発言。

これはけっこう大きなニュースで、ブルームバーグのアナリストはこのスーパーカープレミアム部門の時価総額を16兆円、と試算。
トヨタの時価総額が24兆円であることを考えると「とんでもない規模」の株式公開(IPO)となりそうで、これが実現すればフォルクスワーゲングループは一夜にして大金を手にすることになりますね。

ちなみにベントレー、ブガッティ、ランボルギーニ、ポルシェの中で株式公開を行っているのはポルシェ(フランクフルト証券市場)のみだと思いますが、いざ「スーパープレミアム部門」としてIPOを行うのであれば、いったんポルシェは上場を廃止し、そこから新規に部門としてまとめての上場を行うということになりそう。

プレミアムカーセグメントは景気に左右されるという側面も持っているものの、現在は新興市場の成長に支えられて大きく伸びている市場でもあり、そのぶん期待もかかります。

フォルクスワーゲングループは大きな改革の真っ只中

フォルクスワーゲングループは未だ「ディーゼル不正事件」で大きく揺れ動いており、多数の逮捕者を出したり、未だ調査の対象になったり、といった状況。
これを逃れるために「クリーン」なイメージを出してゆくためにCEOはじめ役員を総入れ替えしていますが、「利益の出るブランド」のイメージを保護するためフォルクスワーゲンと切り分け、今回のような「グループ分割」を行うのかもしれませんね。

フォルクスワーゲンが来年にロゴを変更すると発表。「スマホで見やすいように二次元的にする」

現在フォルクスワーゲングループが抱えるブランドは、「Volkswagen(フォルクスワーゲン)、Audi(アウディ)、Bentley(ベントレー)、Bugatti(ブガッティ)、Lamborghini(ランボルギーニ)、Porsche(ポルシェ)、SEAT(セアト)、Skoda(シュコダ)、MAN(マン)、Scania(スカニア)、Volkswagen Commercial Vehicles、Ducati(ドゥカティ)」の12ブランドとなりますが、その他の自動車グループだと下記のような構成となっています。

再編進む自動車業界。どのブランドがどのグループに属するのか見てみよう

VIA:Automotive News Europe

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ベントレー(Bentley), >ブガッティ(BUGATTI), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,