>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■映画や音楽、本について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】映画「ロッキー」にも登場したランボルギーニ・ジャルパ、そしてウルスの祖先である「LM002」を見てみよう

いずれもランボルギーニの歴史を語る上で外せない さて、コンコルソ・デレガンツァにて展示されていたランボルギーニ・シリーズ、今回は「ジャルパとLM002」。ジャルパは1981年に登場し、1989年(モデルイヤーは1990)まで410台が生産されています。※419台説もあるウラッコとそのタルガトップである「シルエット」の後継として位置づけられるクルマで、3.5リッターV8エンジン(250-255馬力)をミッドマウントしています。ただしウラッコは2+2でクローズボディ、シルエット/ジャルパは2シーターでタルガボ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■近況について ■ニュース

まさか実車を見る機会が来ようとは。世界に数台、ランボルギーニ✕ザガート「5-95」「マセラティ・モストロ」はこんなクルマだ

おそらく今回を除けば一生目にすることはないだろう さて、コンコルソ・デレガンツァ京都2019に展示されていた車両のうち、比較的最近のクルマを2台、紹介したいと思います。ひとつはランボルギーニ・ガヤルドベースの「Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato」、もうひとつはMaserati Mostro Zagato Coupe。 Lamborghini Gallardo 595 Balboni Edition Zagato(2016) まずはランボルギーニ・ ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar) >フェラーリ(Ferrari) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】LAの地下には秘密のガレージがあった!世界で最初に作られたフェラーリ、映画の登場したクルマ、世界に一台しかないクルマを保管し一般人は立ち入り不可能

この場所にカメラが入るのは今回がおそらく最初 世界中で(ときには日本でも)様々なスーパーカー/ハイパーカー、レアカーを紹介してくれるユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。今回はロサンゼルスにあるピーターソン・ミュージアムの中でも、一般には入れない「地下施設」の中を紹介しています。そしてこの地下施設には、「フェラーリの名で最初に生産されたクルマである”125S”」や、スティーブ・マックィーンが所有していたジャガーXKSSほか、非常に希少なクルマ、そして世界に一台しか存在しないクルマも。ここでその内容を ...

ReadMore

■このサイトについて >アストンマーティン(Astonmartin)

史上もっともオシャレなアストンマーティン「DBS59エディション」登場!ル・マン優勝車へのオマージュ、そして英国文化を地でゆく限定車

ここまで細部にこだわった「英国らしい」アストンマーティンは今までになかった アストンマーティンの新たな限定モデル、「アストンマーティDBS 59エディション」の第一号車が公開に。これは半年ほど前に生産が予告されていた車両となり、1959年のル・マン24時間レースにて1−2フィニッシュを飾ったDBR1へのオマージュ。限定台数は24台で、それぞれの一台がル・マン24時間の「1時間」をあらわしている、とのこと(今回公開された車両が「何時間目」なのかはわからない。フロントフェンダーにその番号が入るものの、文字が判 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティが「ディーヴォ」のテスト風景を公開。発表は2018年8月なのにまだテスト中なのはなぜ?

摂氏40度を超える中、時速250キロで走行を行う ブガッティが「40台のみ」の限定、そして価格6.2億円と言われるディーヴォのテスト風景を公開。ディーヴォの発表は2018年8月、そして納車は2019年末からだとされ、それに向けてテストを行っているということになりますね。 ブガッティの頂点「ディーヴォ」参上。1500馬力、0-100km/h加速2.4秒、6.2億円のハイパーカー

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】1950年代のフィアット/アバルト×ザガートはこんなクルマたち。「レコードモンツァ」の起源となったクルマも

このまま復刻したらかなり人気が出そうだ 京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。今回は1950年代のフィアットたちを画像と動画にて紹介したいと思いますが、正直この時代のクルマそしてザガートはぼくにとって未知の領域。ただ、こうやってザガートのクルマを見ていると「ダブルバブル」のほか、「流線型」「丸型ランプ」「広いグラスエリア」といったザガート特有の共通項を見つけることができ、様々な発見があったと思います。 こちらもオススメ、関連投稿【コンコルソ・デレガンツァ】ランボルギーニの方向 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911タルガのプロトタイプがニュルにて捕捉。そもそも「タルガ」って何?

もともとボディ形状に「タルガ」と名付けたのはポルシェが最初 ポルシェは992世代のポルシェ911カレラS/カレラSカブリオレを発表したところですが、まだまだ「タルガ」「GT3」「ターボ」等のモデルが控えています。今回はその中でも「911タルガ」のプロトタイプがニュルブルクリンクを走行する様子が目撃に。ボディカラーは明るいグリーンを採用し、これはおそらく992世代の911に新設定された「リザードグリーン」。なお、ポルシェが採用するグリーンの名称は爬虫類の名を冠したものも多く、「マンバ(蛇の一種)グリーン」や ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

「おそらく保険ではカバーできない」。顧客のクルマも含まれる、水没したフェラーリの運命は・・・?

投稿日:

| 水没したフェラーリは今後どうなる? |

先日、台風21号による被害でフェラーリ51台が水没するという被害を受けたオートカヴァリーノさんですが、現在電話も不通で、営業停止中、とのこと(画像ともくるまのニュースより。破損した458は台風被害ではなく、サーキットでクラッシュした車両、とのこと)。
記事では、高潮警報が出てから10時間程度はあったこと、直線距離で1.8キロほど離れたポルシェセンター神戸 認定中古車センターさんでは全く被害が出ていなかったことを挙げ、「事前に、もしくは警報が出てからでも六甲アイランドの中央にフェラーリたちを移動させておけば、水没には至らなかったかも」と述べています。
加えて、識者へのインタビューとして「過去、フェラーリの正規ディーラーが、フェラーリを高潮や火災、天災で全損させた例は記憶にない」というコメントも紹介。








保険での損害カバーは難しい

ちなみにオートカヴァリーノさんとポルシェセンター神戸 認定中古車センターさんの位置関係はこんな感じ。
そのほか神戸にはヨットハーバーやその他施設がたくさんあり、報道されていないものの、被害が甚大であった施設も多数ありそうですね。

map

そして記事中でもうひとつ触れているのが「保険」の話。
つまり、水没したフェラーリの損害を保険でカバーできるのかということですが、要約すると下記の通り。

・車両ごとに保険をかけていないと思われ、車両保険でのカバーは難しい
・お客様から預かったフェラーリ、フェラーリ・ジャパンからの広報用貸出車両(488ピスタも)などがあり、個別の対応になる
・お客様加入の保険を使用する場合も出てくる
・どうであれ、51台全部の保険による支払いは難しい

つまりすべてを「保険でカバーするのは難しい」ということですが、これは正直かなり困ったところ。
ユーザーから預かったフェラーリに対しては、たしかにユーザーの保険を適用できるものの、それでも「新車に買い換えられるほど」の保険金がおりるわけではなく、仮におりたとしても、「保険を使用したぶん」次の年からの保険掛け金が上がってしまうことになり、スーパーカーの保険はもともと高額なので、相当な費用負担がユーザーに生じることに。

ferrari (3)

ソニー損保の試算ページによると、仮に20等級に人が保険料20万円(年間)を支払っていたとして、保険を使用した場合、次年度は3等級ダウンとなるので、翌年の支払いは335,000円に。
そしてもとの20等級に戻るには3年かかりますが、335,000円の次は324,000円、その次は314,000円、そして4年目にようやく20等級の20万円に復帰。

つまり(実際はそうではないものの、計算上)3年間は「20万円で済むところを、合計で373,000円も多く」支払う必要となるわけですね。
これが「多少の修理費用であれば、保険を使わないほうがマシ」という理論の根拠となるわけですが、もし今回ユーザーの保険を使用するとなると、新車に入れ替えるための「差額」、本来支払う必要のなかった「373,000円」も補償することになりそうで、とにかくオートカヴァリーノさんの負担は大きいでろう、ということがわかります。



全損となったフェラーリはどうなる?

そして同じく記事では全損となったフェラーリの「今後」についても触れていますが、これも要約すると下記の通り。

・保険適用の場合は、保険会社の下請けに売却
・その場合、部品取りやレストア対象に

保険が適用となると、保険会社はそのフェラーリを回収し、フェラーリの所有権は保険会社に移転しますが、その後フェラーリを保険会社がどうするのかは保険会社の自由。
よって、スクラップにするのか、部品取りにするのか、まとめてどこかへ売却するのか等考えられます。

ただ、海水に浸かってしまった場合、修復は非常に困難で、当然ながら電気系統はすべて使えず、スチールを使用したパーツも腐食するために再利用不可能。
内装のカーペットやレザーも海水を含んでしまうとこれまた復元不可能。
カーボンファイバーや、タイヤ含む樹脂パーツは再利用可能かもしれませんが、取り外して洗浄する手間が必要であり、「むしろ新品よりコストがかかる」パーツとなる可能性も。

ferrari (1)

そう考えると、パーツ取りにするにしても東南アジアや中国、メキシコなど人件費が比較的安い国へと送り、時間をかけてパーツを取り出すことになるのかもしれません。

なお、一部パーツについては「乾かせばいいじゃない」という向きもあるかもしれませんが、水没すると「臭い」が残るのが問題。
真水であっても海水であっても、洪水や高潮に飲まれた場合は「不純物」が入ることになり、いったん浸水すると、乾燥させてもその後にどうしても「臭い」が残って耐え難い悪臭を発する場合がほとんど(ぼくは一度台風でクルマを水没させたことがあり、その後一番困ったのが臭い)。

参考までにですが、映画「インディペンデンス・デイ」にて、ウィル・スミスが捕獲した宇宙人に向かって「臭えんだよ!」と言うシーンがありますが、これは塩湖が干上がった場所で撮影。
ここは常に悪臭漂う地として有名であったそうですが、(その確かな原因はわからないものの)悪臭の原因の一つが海水に含まれていた何らかの成分であるとされ、その悪臭に耐えられなくなったウィル・スミスが台本にはない「臭えんだよ!」と叫んだ、と言われていますね。

とにかく水没すると「乾かせばなんとかなる」という問題ではなく、「再生はパーツ単位でも難しい」「パーツを取り出して再生するほうがコストがかかる」と認識しておいたほうが良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->フェラーリ(Ferrari), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.