>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクのラップタイム2019年最新版。ランキング100位までを見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮 ニュルブルクリンクのラップタイム、2019年最新版。このランキングも当初「ベスト50」から始めるも、なんどか更新してゆくにつて、ついに「ベスト100」にまで延長されています。つまり、現在の100位である「BMW M3 GTSクーペ」はかつて50位だったものの、その上にどんどん(50台が)入ってきて今や100位まで落ち込んでしまった、ということですね。 今回の新顔は11位のメルセデスAMG GT R Pro、12位のマクラーレン720S、22位のポ ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

マスタング・シェルビーGT500「第一号車」が競売に登場→1.2億で落札。なぜこういった競売で高値がつくのかを考える

チャリティーオークションはすべてが勝者となる企画でもある バレットジャクソン開催のチャリティーオークションにて、マスタング・シェルビーGT500の「生産第1号車」が約1億2000万円で落札。収益金は難病を抱える子供達の治療、そして治療法の研究に充てられるとのことで、こういったオークションはどんどん開催してほしいと思います(子供達も”THANK YOU FORD””WE NEED CURE"などのメッセージを掲げ、感謝の意を評している)。 アメリカでは「最初」「最後」の生産に大きな価値を見出すようで、これま ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】BMWがM4GTSで「+50馬力」を稼いだ”ウォーターインジェクション”はこういったシステムだ。昔はこれを自作するのがちょっとだけ流行った

ただしBMWのシステムはかなり先進的 BMWはM4GTSにて「ウォーターインジェクション」なるデバイスを初装備し、これによって50馬力を稼ぎ出しています。このウォーターインジェクションについてはクライスラーやサーブが使用したことがあり、航空機でも一般に用いられる技術だそうですが、今回は技術系ユーチューバー、Engeneering Expained氏がその内容を解説。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

中国企業傘下となったロータス「我々の野望はとどまるところ知らない」。豊富な資金を得てハイパーカー開発に着手

ロータスは「エレクトリック関連」の大量求人を開始 ロータスは2017年に中国の吉利汽車に買収されていますが、吉利汽車はロータスへの投資を増加させており、今後大きな計画を持っている、という報道。吉利汽車がAutomotive Newsに語ったところによると「我々の野望はとどまるところ知らない」とのことで、主に中国とアメリカにおけるシェアの拡大を進める予定を持っており、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニやマクラーレンに対抗する意思を示しているようですね。 ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラはたった10年でポルシェと同じ台数を出荷するようになり、発売1年めのモデル3は「アメリカで「最も売れたプレミアムカー」に

もう誰もテスラを無視することはできない テスラが2018年の業績を発表し、その販売台数は創業以来もっとも多い245,240台であった、と報告。この数字がどれくらいのものかと言うと、同じく過去最高を記録したポルシェの販売台数が256,255台であり、つまりテスラは2003年の設立から数えて15年、最初のクルマ(ロードスター)を発売してからわずか10年でこの数字を達成した、ということになります。※テスラですら、設立から第一号車の発売までに3年を要している こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

「おそらく保険ではカバーできない」。顧客のクルマも含まれる、水没したフェラーリの運命は・・・?

投稿日:

| 水没したフェラーリは今後どうなる? |

先日、台風21号による被害でフェラーリ51台が水没するという被害を受けたオートカヴァリーノさんですが、現在電話も不通で、営業停止中、とのこと(画像ともくるまのニュースより。破損した458は台風被害ではなく、サーキットでクラッシュした車両、とのこと)。
記事では、高潮警報が出てから10時間程度はあったこと、直線距離で1.8キロほど離れたポルシェセンター神戸 認定中古車センターさんでは全く被害が出ていなかったことを挙げ、「事前に、もしくは警報が出てからでも六甲アイランドの中央にフェラーリたちを移動させておけば、水没には至らなかったかも」と述べています。
加えて、識者へのインタビューとして「過去、フェラーリの正規ディーラーが、フェラーリを高潮や火災、天災で全損させた例は記憶にない」というコメントも紹介。








保険での損害カバーは難しい

ちなみにオートカヴァリーノさんとポルシェセンター神戸 認定中古車センターさんの位置関係はこんな感じ。
そのほか神戸にはヨットハーバーやその他施設がたくさんあり、報道されていないものの、被害が甚大であった施設も多数ありそうですね。

map

そして記事中でもうひとつ触れているのが「保険」の話。
つまり、水没したフェラーリの損害を保険でカバーできるのかということですが、要約すると下記の通り。

・車両ごとに保険をかけていないと思われ、車両保険でのカバーは難しい
・お客様から預かったフェラーリ、フェラーリ・ジャパンからの広報用貸出車両(488ピスタも)などがあり、個別の対応になる
・お客様加入の保険を使用する場合も出てくる
・どうであれ、51台全部の保険による支払いは難しい

つまりすべてを「保険でカバーするのは難しい」ということですが、これは正直かなり困ったところ。
ユーザーから預かったフェラーリに対しては、たしかにユーザーの保険を適用できるものの、それでも「新車に買い換えられるほど」の保険金がおりるわけではなく、仮におりたとしても、「保険を使用したぶん」次の年からの保険掛け金が上がってしまうことになり、スーパーカーの保険はもともと高額なので、相当な費用負担がユーザーに生じることに。

ferrari (3)

ソニー損保の試算ページによると、仮に20等級に人が保険料20万円(年間)を支払っていたとして、保険を使用した場合、次年度は3等級ダウンとなるので、翌年の支払いは335,000円に。
そしてもとの20等級に戻るには3年かかりますが、335,000円の次は324,000円、その次は314,000円、そして4年目にようやく20等級の20万円に復帰。

つまり(実際はそうではないものの、計算上)3年間は「20万円で済むところを、合計で373,000円も多く」支払う必要となるわけですね。
これが「多少の修理費用であれば、保険を使わないほうがマシ」という理論の根拠となるわけですが、もし今回ユーザーの保険を使用するとなると、新車に入れ替えるための「差額」、本来支払う必要のなかった「373,000円」も補償することになりそうで、とにかくオートカヴァリーノさんの負担は大きいでろう、ということがわかります。



全損となったフェラーリはどうなる?

そして同じく記事では全損となったフェラーリの「今後」についても触れていますが、これも要約すると下記の通り。

・保険適用の場合は、保険会社の下請けに売却
・その場合、部品取りやレストア対象に

保険が適用となると、保険会社はそのフェラーリを回収し、フェラーリの所有権は保険会社に移転しますが、その後フェラーリを保険会社がどうするのかは保険会社の自由。
よって、スクラップにするのか、部品取りにするのか、まとめてどこかへ売却するのか等考えられます。

ただ、海水に浸かってしまった場合、修復は非常に困難で、当然ながら電気系統はすべて使えず、スチールを使用したパーツも腐食するために再利用不可能。
内装のカーペットやレザーも海水を含んでしまうとこれまた復元不可能。
カーボンファイバーや、タイヤ含む樹脂パーツは再利用可能かもしれませんが、取り外して洗浄する手間が必要であり、「むしろ新品よりコストがかかる」パーツとなる可能性も。

ferrari (1)

そう考えると、パーツ取りにするにしても東南アジアや中国、メキシコなど人件費が比較的安い国へと送り、時間をかけてパーツを取り出すことになるのかもしれません。

なお、一部パーツについては「乾かせばいいじゃない」という向きもあるかもしれませんが、水没すると「臭い」が残るのが問題。
真水であっても海水であっても、洪水や高潮に飲まれた場合は「不純物」が入ることになり、いったん浸水すると、乾燥させてもその後にどうしても「臭い」が残って耐え難い悪臭を発する場合がほとんど(ぼくは一度台風でクルマを水没させたことがあり、その後一番困ったのが臭い)。

参考までにですが、映画「インディペンデンス・デイ」にて、ウィル・スミスが捕獲した宇宙人に向かって「臭えんだよ!」と言うシーンがありますが、これは塩湖が干上がった場所で撮影。
ここは常に悪臭漂う地として有名であったそうですが、(その確かな原因はわからないものの)悪臭の原因の一つが海水に含まれていた何らかの成分であるとされ、その悪臭に耐えられなくなったウィル・スミスが台本にはない「臭えんだよ!」と叫んだ、と言われていますね。

とにかく水没すると「乾かせばなんとかなる」という問題ではなく、「再生はパーツ単位でも難しい」「パーツを取り出して再生するほうがコストがかかる」と認識しておいたほうが良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.