>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクのラップタイム2019年最新版。ランキング100位までを見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮 ニュルブルクリンクのラップタイム、2019年最新版。このランキングも当初「ベスト50」から始めるも、なんどか更新してゆくにつて、ついに「ベスト100」にまで延長されています。つまり、現在の100位である「BMW M3 GTSクーペ」はかつて50位だったものの、その上にどんどん(50台が)入ってきて今や100位まで落ち込んでしまった、ということですね。 今回の新顔は11位のメルセデスAMG GT R Pro、12位のマクラーレン720S、22位のポ ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

マスタング・シェルビーGT500「第一号車」が競売に登場→1.2億で落札。なぜこういった競売で高値がつくのかを考える

チャリティーオークションはすべてが勝者となる企画でもある バレットジャクソン開催のチャリティーオークションにて、マスタング・シェルビーGT500の「生産第1号車」が約1億2000万円で落札。収益金は難病を抱える子供達の治療、そして治療法の研究に充てられるとのことで、こういったオークションはどんどん開催してほしいと思います(子供達も”THANK YOU FORD””WE NEED CURE"などのメッセージを掲げ、感謝の意を評している)。 アメリカでは「最初」「最後」の生産に大きな価値を見出すようで、これま ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】BMWがM4GTSで「+50馬力」を稼いだ”ウォーターインジェクション”はこういったシステムだ。昔はこれを自作するのがちょっとだけ流行った

ただしBMWのシステムはかなり先進的 BMWはM4GTSにて「ウォーターインジェクション」なるデバイスを初装備し、これによって50馬力を稼ぎ出しています。このウォーターインジェクションについてはクライスラーやサーブが使用したことがあり、航空機でも一般に用いられる技術だそうですが、今回は技術系ユーチューバー、Engeneering Expained氏がその内容を解説。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

中国企業傘下となったロータス「我々の野望はとどまるところ知らない」。豊富な資金を得てハイパーカー開発に着手

ロータスは「エレクトリック関連」の大量求人を開始 ロータスは2017年に中国の吉利汽車に買収されていますが、吉利汽車はロータスへの投資を増加させており、今後大きな計画を持っている、という報道。吉利汽車がAutomotive Newsに語ったところによると「我々の野望はとどまるところ知らない」とのことで、主に中国とアメリカにおけるシェアの拡大を進める予定を持っており、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニやマクラーレンに対抗する意思を示しているようですね。 ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラはたった10年でポルシェと同じ台数を出荷するようになり、発売1年めのモデル3は「アメリカで「最も売れたプレミアムカー」に

もう誰もテスラを無視することはできない テスラが2018年の業績を発表し、その販売台数は創業以来もっとも多い245,240台であった、と報告。この数字がどれくらいのものかと言うと、同じく過去最高を記録したポルシェの販売台数が256,255台であり、つまりテスラは2003年の設立から数えて15年、最初のクルマ(ロードスター)を発売してからわずか10年でこの数字を達成した、ということになります。※テスラですら、設立から第一号車の発売までに3年を要している こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■ニュース

大坂なおみ選手が日産とスポンサー契約、「GT-Rが好き」。なぜスポーツ選手は速いクルマが好きなのかを考える

投稿日:

| 日産自動車が大坂なおみ選手にGT-Rをプレゼント |

日産自動車が、日本人初のテニス4大大会のひとつ、全米オープン覇者となる大坂なおみ選手とアンバサダー(スポンサーシップ)契約を締結した、と発表。
あわせて日産グローバル本社ギャラリーにて行われた記者会見の様子を動画にて公開しています。

なお、会見にて大坂なおみ選手は「速いクルマ、GT-Rが好きだ」とも答え、壇上にてインタビューを行った星野朝子専務執行役員はその場にて戸惑いながらも「GT-Rを贈りましょう」と潔い決断を行った、と報じられていますね。
日産からのプレスリリースはこちら








大坂なおみ選手と日産との共通点は「チャレンジ精神」

今回、日産は大坂なおみ選手の「チャレンジ精神」と日産の姿勢とがオーバーラップするとして今回のスポンサーシップ契約に至ったと発表。

大坂なおみ選手は今回の勝利にて一躍世界に名を轟かせることになり、かつ今後もそれは間違いないと思われますが、この(スポンサーシップ締結の)裏には相当な争奪戦があったことも予想できます。

とくにポルシェはテニスについて重要視している傾向があり、マリア・シャラポワ選手とのパートナーシップ契約は有名。
そして「今後」を考えると次世代を担う若い選手の起用が必要(しかもメインマーケットとなる米国において知名度の高い)で、人格にも優れ、かつ将来有望である大坂なおみ選手との契約がほしかったのではないか、と考えたり。

おそらく今後は自動車メーカーだけではなく、大坂なおみ選手は様々なメーカーと契約することになると思われますが、錦織圭選手同様、スポンサーのイベントに駆り出されることで練習時間を削がれることを嫌い、「限られた数社」としか契約を結ばないのかもしれません。

なお日産から、今回の契約について発表されたコメントは下記の通り。

大坂選手は、20歳という若さながら、世界の名だたる大会で活躍を続けるプロテニスプレイヤーです。豪快でパワー溢れるグラウンドストロークや強力なサーブを武器に、先日開催されたグランドスラムでは、日本人初の女子シングルスでの優勝を成し遂げ、世界ランキングは、自己最高の7位となりました。

日産自動車は、「人々の生活を豊かに」というビジョンのもと、「走行中の排出ガスゼロ」と「日産車の関わる死亡・重傷事故ゼロ」社会の実現に向け、電気自動車の普及や自動運転化技術の開発に取り組んでいます。今後も、「二つのゼロ」社会の実現に向け、ニッサン インテリジェント モビリティを、世界で推進して参ります。

そして、世界の頂点を目指しトッププレイヤーたちと熱戦を繰り広げる大坂選手の戦いが、この日産自動車のチャレンジングスピリットやグローバル企業として世界に挑む姿勢と共通するとの思いから、今回のブランドアンバサダー就任を決定しました。

日産自動車は、今後、益々活躍が期待される大坂選手の挑戦を力強くサポートしていくとともに、世界一を目指し戦い抜き優勝を果たした大坂選手の更なる、「夢と情熱」を応援してまいります。

今後、大坂選手は、日産自動車の様々なグローバルでの広告宣伝活動やイベントに登場する予定です。また、大会遠征先では、日産車による車両のサポートを実施してまいります。



なぜスポーツ選手は速いクルマが好きなのか

ステレオタイプなイメージとして存在するのが、「スポーツ選手はスポーツカーやスーパーカーが好き」。
中田英寿、イチロー、マイケル・ジョーダン、クリスティアーノ・ロナウド、メッシ、フロイド・メイウェザーJr、そのほか挙げればキリがないほど。
これについては、単に「お金があるから」「目立ちたいから」という理由ではなく、もっと別の理由がある、とぼくは考えています。

それは、「一流のスポーツ選手の脳における処理速度と、スポーツカー/スーパーカーの反応とが一致しているから」。

一流のスポーツ選手と、一般の人との違いは「脳の情報処理速度」にあると考えていますが、たとえば人は「わずか一秒」のあいだであっても、相当量の情報量を受け取っている、と言われます。
そして一流と言われるスポーツ選手は、常人に比べて情報を認識する量が多く、かつそれを処理してアウトプットできる割合が高い、と考えているのですね。

単純に、ボールがこう来た、だからこう返すというだけではなく、それまでの相手の動きや癖を加味し、「こう返せば打ち返されない」という判断を瞬間的に行って行動できる人が一流になれる、と考えています。
それは予測能力や判断力と言い換えてもいいかと思いますが、いかに身体能力に優れようとも、動きが単純であれば試合には勝てないでしょうし、情報をインプットできなければ正確な判断ができず、かつ判断が遅いようでは相手に負けてしまう、ということですね。

よって、こういった人々は、路面からより多くの情報を伝え、それをもとに行った操作に対して遅滞なく反応するスポーツカーやスーパーカーを好むのだろう、というのがぼくの持論。

そしてこれはスポーツ選手だけではなく、一瞬の判断や、高い情報処理能力、フレキシビリティが要求されるビジネスマンやアーティスト、料理人も同じだと考えていて、そういった能力を持つ人々が「どんなジャンルであれど一流になる」のだろう、とも考えているわけです(スティーブ・ジョブズもスポーツカーを愛したことで知られる)。

逆説的ではありますが、一流のスポーツ選手がスポーツカー/スーパーカーを好むというよりは、スポーツカー/スーパーカーを好み、それらを速く走らせることができる(もしくは潜在的にその可能性がある)人が一流になれる脳の構造を持っている、とぼくは結論づけています。

ここはぼくの強調したい部分で、とくに女性においては(このサイトを閲覧する女性は7%しかいませんが)、男性の将来性を見分ける一つの要素として「スポーツカー/スーパーカーへの興味」と、それを安全に、かつ速く走らせることが出来るかどうかを加味してほしいと考えており、それを満たす男性は”いずれかの分野において、成功する可能性がある”ということを認識してほしいところ(ちゃんと走らせることができる、というのがミソ。ただアクセルを踏むだけなのは暴力と変わらない)。

ちなみに、前人未到のツール・ド・フランス7連覇(のちにドーピングが発覚し取り消される)を成し遂げたランス・アームストロング氏は、自身の著書「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」の中でこう語っています。

「ぼくは、ゆっくり走ることができない」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->日産/インフィニティ(Infinity), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.