ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

未来の商用車はこうなる?VWはワーゲンバスの商用バン、メルセデス、ルノーもこぞって「EV、自動運転技術」を公開

2018/09/26

| 各社こぞって”未来の商用車”を発表 |

フォルクスワーゲンが「ワーゲンバス」のエレクトリックモデル「I.D.BUZZ(Bulli)」の商用バージョン、「I.D. BUZZ Cargo(カーゴ)」を発表。
これはハノーバーにて開催された商用車専門のショー(IAAハノーバー)においてだそうですが、フォルクスワーゲンはこの「I.D. BUZZ」において、幅広い用途を視野に入れている、ということになりますね。

フォルクスワーゲンI.D. BUZZカーゴは広大なカーゴスペースが特徴

このI.D. BUZZカーゴは、一般用のI.D.BUZZ(Bulli)と基本構造を同じくしており、プラットフォームはMEB(モジュラー・エレクトリック・ドライブ)。
ボディサイズは全長5,048ミリ、全幅1,976ミリ、全高1,963ミリ、と「かなり」大柄です。

vw-buzz (2)

一回の充電あたり走行距離は330キロとそう長くはありませんが、これは商用ということを考え、車両本体価格が高くなりすぎないように配慮した結果かのかもしれませんね(ソーラーパネルを装着すると、1日あたり15キロの走行距離分をチャージできる、とのこと)。

vw-buzz (1)

なお、モーターはひとつで、出力は204馬力。
バッテリーは48kWhリチウムイオンで、最高速度は160km/h、駆動方式は2WD(後輪駆動)ですが、4WDも選択できる、としています。
ちなみに「レベル4」の自動運転機能を備えるようで、フォルクスワーゲンは2022年にはこれを市販化したい意向。

メルセデス・ベンツは「Vision Urbanetic」を公開

メルセデス・ベンツが公開したのは「ヴィジョン・アーバネティック」。
専用プラットフォームを持つものの、人の輸送やモノの輸送両方に対応できるように構造を変化させることができるというフレキシビリティを持っています。

1983eccd-mercedes-benz-vision-urbanetic-4

基本的に「自動運転」を下敷きにしたクルマで、現在の交通手段の代替や補完を視野に入れており、サイズは全長5,014ミリとかなり大きめ。

メルセデス・ベンツは以前にフグにインスパイアされたコンセプトカーを発表したことがありますが、これも「フグっぽい」外観だと言えそう。

ルノーからは「EZ-Pro」コンセプト

そしてルノーの考える未来の商用車は「EZ-Proコンセプト。
完全自動運転という前提のEVで、「A地点からB地点へ」自動でモノを運んでくれる、という用途を想定しているようですね。

いずれのクルマも自動運転が「要」となりそうではあるものの、実現すれば大きく省力化が進み、よりよい生活に貢献してくれそうに思います。

vw-buzz (4)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , , , ,