ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタ「BMWとは2014年にスープラとZ4の内容を決め、それ以降は連絡を取ってない」→しかしその後も共同テストの謎

2018/09/29

| トヨタとBMWとはZ4、スープラの開発において”お互いにはほとんど関与していない” |

新型BMW Z4と新型トヨタ・スープラとは「共同開発」されたクルマであることはもはや公知の事実ですが、トヨタ、そしてBMWともに「それぞれ全く別のクルマである」と主張。

とくにトヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏は「新型スープラはBMW Z4とは異なるピュアスポーツ」だと述べています。

トヨタ「新型スープラはZ4とは異なるピュアスポーツ」←BMWはその反対を主張

トヨタとBMWとの提携は2012年に始まった

今回明かされた事実によると、トヨタとBMWとの協力関係は2012年6月29日にスタート。
これは新型BMW Z4、新型トヨタ・スープラの開発を含めた包括的な協力関係で、このほかだとフューエルセル・システム、エレクトリック・パワートレーン、軽量テクノロジーに関するもの、だとされています。

そしてトヨタとBMWはスープラ/Z4の開発のために2年間、つまり2014年まで共同にて作業を行い、トヨタによると「2014年にBMWとは袂を分かち、それ以降は連絡を取っていない」とのこと。

ただ、これは喧嘩別れしたという意味ではなく「計画通り」の行動で、2012年から2014年の間にBMWとトヨタとが「パッケージング、ヒップポイント、ホイールベース、車幅、燃料タンクの位置、Aピラーの位置」などを決定し、その後はそれぞれのクルマの開発に集中した、ということのようですね。

BMWによると「新型Z4はスープラとはまったく異なるクルマで、デザインはもちろん、ハンドリングや性格も異なる」としており、BMW、トヨタともに違いを強くアピールしているのが印象的で、とにかく「同じように見られたくない」という強い意志が感じられるところ。

BMW「Z4はスープラとは違う。BMWらしさを備えた究極のドライビングマシーンだ」

ただ、これにはちょっと疑問の残るところであり、というのもつい最近まで新型BMW Z4と新型トヨタ・スープラは共同にてテストを行なっていて、かつ「2014年以降に」開発されたと思われるデジタル液晶メーターなどのデバイスを両者とも共同で採用しているため、これはトヨタの主張とは反する内容だとぼくは考えています。

次期BMW3シリーズ/新型Z4、新型スープラが並ぶ図。スープラの開発はBMW主導で行われている?

両社に2014年以降つながりがなかったのであれば「なんで一緒にいるのか」ということになりますが、これはもしかすると新型スープラ、Z4の生産を行う「マグナシュタイア(マグナ・シュタイヤー)」が両車のテストを行なっていたのではないかということになり、となるとスープラ、Z4の開発そのものも、トヨタ、BMWではなく「マグナシュタイヤーがほぼまるまる請け負っていた」ということになりますが、このあたりは完全に「謎」ではありますね。

新型BMW Z4が年末から生産開始、と発表。スープラも一緒に生産する「マグナ・シュタイヤー」って何?

VIA:CNET

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,