ad-728





>アウディ(Audi) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

新型アウディR8がテスト中。ウラカンのフェイスリフトモデルとそっくりのデザインへ

2018/09/28

| アウディとウラカンとも共通性はますます強くなる? |

アウディが新型R8と思われる車両をテスト中。
これは「フェイスリフト(マイナーチェンジ)」モデルと思われ、次世代R8ではないものの、とりあえずフェイスリフトを行い、「廃止にならず」延命されるのは喜ばしいことですね。

アウディR8はランボルギーニ・ウラカンと多くを共有しますが、そのウラカンのほうもフェイスリフト時期を迎えてプロトタイプが走行中。

ただ、両方ともクーペではなく「スパイダー(オープンモデル)」というのが面白いところです。

衝撃!ランボルギーニ・ムルシエラゴ風のデザインを持つウラカンのフェイスリフトモデルが目撃に

フォルクスワーゲングループのデザイン共有はさらに強化

ここで気づくのは、フォルクスワーゲングループ内でのデザイン共通化がさらに進みそうだ、ということ。
フォルクスワーゲングループにはアウディ、ランボルギーニ、ベントレー、ポルシェ、ブガッティといったブランドが属しますが、とくに「フォルクスワーゲン、アウディ、ランボルギーニ」のデザインにおける共通性は非常に高く、それはかねてより指摘してきたところ。

VWとランボルギーニが同じデザインに?VWグループ内でのデザイン共通性を考える

たとえば今回目撃された新型アウディR8のプロトタイプですが、フロントバンパー左右のダクト内に三角形(もしくは”Y”)をモチーフにしたデザインがあります。

audi-r8-spyder4

そしてこれはウラカンのフェイスリフトモデルにも見られるデザインであることがわかりますね。

lamborghini-huracan7

ちょっとわかりにくいですが、フロントバンパー下部や、サイドステップ下部に「段差」、もしくは別パーツが付与されているところも新たな共通点だといえそう(それぞれ現行モデルにはない特徴)。

audi-r8-spyder3

そして新型アウディR8のリアエンドにはスポイラーが設けられますが・・・。

audi-r8-spyder2

新型ウラカンにもダックテール風のリアスポイラーが追加に(これらもそれぞれの現行モデルにはない)。

lamborghini-huracan6

新型アウディR8は鋭意テスト中

なお、今回のR8スパイダーに限らず、R8のフェイスリフトモデルは様々なバリエーションが目撃されています。
こちらは「R8 GT」かもしれないプロトタイプ。

結局どうなのアウディR8?販売終了と言われるもニューモデルがテスト中

こちらもR8 GTっぽいプロトタイプ。
現行世代のR8についてはまだハードコアモデルが登場しておらず、こちらの登場も期待されるところ。
その名称が「GT」となるのかどうかはわからないものの、やはりイメージリーダーとしてのハイパフォーマンス版が必要なのかもしれません。

アウディR8 GT?リアウイング付き、ぶっといマフラーを持つプロトタイプが目撃に

こちらはR8スパイダーですが、仕様が異なってAピラーがメタル調、ボディカラーがブラック。

今度はアウディR8”スパイダー”。R8史上初、ダックテールリアスポイラー装着の姿も

なお、次期R8はガソリンエンジンを捨て、ピュアエレクトリックカーになる、とも言われていますね。

次期アウディR8は1000馬力のピュアEVに?ポルシェと共同開発のプラットフォームを使用か

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アウディ(Audi), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , , ,