ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

ブガッティ・ディーヴォ、フェラーリ・モンツァetc...デザイナーが様々なカラバリを作ってみた!

2018/10/07

| ハイパーカーのデザインはボディカラーをも超越する? |

CGデザイナー、marcovanoverbeeke氏が自身のインスタグラムにて、ハイパーカーをベースにした作品を多数公開中。
主にはスーパーカーやハイパーカーにこんなカラーや仕様があったならば、というものとなっています。
それらにはブガッティ・ディーヴォ、アストンマーティン・ヴァルキリー、ラ・フェラーリFXX K Evo、”イコナ”フェラーリSP1/SP2等がありますが、どんなカラーリングや仕様があるのか、を見てみましょう。

まずはブガッティ・ディーヴォですが、上の「ブルー」はシロンでもおなじみの定番ですね。
もしディーヴォを入手できるのであれば、ぼくはこのカラーを選ぶだろうと考えていたのですが、marcovanoverbeeke氏はほかにも魅力的な選択肢を多数アップしています。

ブガッティ・ディーヴォは奇抜なカラーのほうが似合いそう

こちらはアシッドグリーンっぽいディーヴォ。
もともと過激なスタイルを持つだけに、奇抜なカラーもすんなり受け入れてしまうようです。
なお、シートは左右でカラーが変更されていますね。

bugatti-divo-liveries

こちらはグリーンの面積を抑え、「アクセント」程度に使用したもの。

bugatti-divo-liveries (9)

おそらくはブガッティ・ヴェイロン「エルメス」をイメージしたカラーリング。

bugatti-divo-liveries (8)

こちらはかなり珍しい、抹茶のようなグリーンと渋いオレンジとのコンビネーション。

bugatti-divo-liveries (6)

これは「ありそう」なブラックとレッドのディーヴォ。

bugatti-divo-liveries (4)

中東で好まれそうな、ホワイト/ゴールド/ブルー。

bugatti-divo-liveries (3)

けっこうイケてる、ブルーとゴールド。

bugatti-divo-liveries (2)

ブラックにネオングリーン。

bugatti-divo-liveries (1)

他にはこういったクルマのレンダリングも

marcovanoverbeeke氏はほかにも様々なレンダリングを公開しており、ここでその一部を紹介。
こちらはブルーのラ・フェラーリFXX K Evo。

あまりフェラーリの伝統とは縁のないカラーであり、そしてラ・フェラーリFXXK Evoを購入する人はフェラーリのヘリテージを大切にすると思われるので、現実的には「無さそう」なカラーではあるものの、実際に見てみたいと思わせるカラーリングでもありますね。

laferrari2

こちらは「ありそう」なイタリアン・トリコローレのラ・フェラーリFXX K Evo。

laferrari

レッドのアストンマーティン・ヴァルキリー。
ヴァルキリーはそのデザインが常軌を逸しており、いったいどういったボディカラーを選ぶべきか悩むところ。
きっと「普通ではない」色がいいのだと思います。

aston

すでにヴァルキリーを購入した人が「月の石を砕いて塗料に混ぜる」と公開していますが、それくらい「ぶっ飛んだ」ほうが逆にしっくり来るのかもしれません。

アストンマーティン・ヴァルキリーを購入した富豪「見た目が宇宙船っぽいから月の石を買った。これを塗装に混ぜる」

そしてこちらは先日発表されたばかり、フェラーリの新しい限定シリーズ「ICONA」より登場のモンツァSP1とSP2。
こうやって見ると、シングルシーターのモンツァSP1の異質さが際立っているようです。

いちばん左は1958年のフェラーリ250(シャシーナンバー0742)、真ん中のレッドは1949年のフェラーリ125、右は1954年のフェラーリ250モンツァ(シャシーナンバー0432M)へのオマージュ、とのこと。

sp2

意外と渋い、ブラックにイタリアンフラッグカラーのモンツァSP2。

monza1

VIA:marcovanoverbeeke

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin), >フェラーリ(Ferrari), >ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , , , ,