>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス こちら ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3のカスタム第一号登場。カーボンパーツ装着とローダウンにてイメージ一新。テスラはちょっとカスタムするとやたら格好良くなるようだ

相当な台数の販売が予想されるだけに今後カスタム市場も盛り上がりそう ランボルギーニやメルセデス・ベンツのカスタムを公開してきたRevozportですが、今回はテスラ・モデル3のカスタムを披露。これは「R-Zentric ワイドボディ・モデル3」と命名されており、見るからにアグレッシブ。ただ、今回公開されたのは「シュトラッセ(ストリート)」バージョンとなり、残念ながらワイドではなく「通常」ボディのようですね。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイテ ...

ReadMore



>パガーニ(PAGANI) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >マクラーレン(McLaren) >ロータス(Lotus)

【動画】マクラーレン600LTの試乗レビュー続々。「最高のハンドリングマシン」「100キロ軽量化の内訳はこれ」

投稿日:2018/09/28 更新日:

| マクラーレンは軽さにとことんこだわっていた |

マクラーレンの最新モデル、600LTの試乗レビューが解禁に。
これはマクラーレンが各メディアを招いてのプレゼンテーションを行ったようで、加えてサーキットでの試乗会も開催された模様。

まずはAuto Express(オートエクスプレス)、Carfection(カーフェクション)がマクラーレン600LTのレビューを公開しており、それぞれを見てみましょう。








マクラーレン600LTは最高のハンドリングマシン

オートエクスプレスによると、とにかくそのフィーリングは「素晴らしい」のひとことで、ざっと評価の高いポイントを抽出すると下記の通り。

ブレーキはポルシェ911GT3RSと比肩しうる
ステアリングはシャープでレーシングカーのよう
ダウンシフトは電光石火

こちらがその動画、「New McLaren 600LT review - The best McLaren yet?」。

マクラーレン600LTはどうやって100キロもの軽量化を成し遂げたのか?

そしてカーフェクションが公開したのが、その軽さにフォーカスした内容。
会場ではマクラーレンが「どうやって(570Sから)100キロの重量を削ったのか」というプレゼンそして展示があったようで、それに基づいた解説を行っています。

それによると、その軽量化の内容は下記の通り。

mclaren600lt

リアウイング・・・+3.5kg
カーボンファイバーボディワーク・・・-7.2kg
軽量ウインドウ+軽量リアウインドウ・・・-2.1kg
オーディオレス・・・-3.3kg
軽量サスペンション・・・-10.2kg
軽量ワイヤリングハーネス(配線)・・・-3.3kg
軽量エキゾーストシステム・・・-12.6kg
内装素材変更、軽量カーペット・・・-5.6kg
エアコンレス・・・-12.6kg
軽量ブレーキ・・・・-4kg
軽量ホイール+軽量タイヤ・・・-17kg
カーボン製レーシングシート・・・21kg
超軽量シート(オプション)・・・-3.6kg

「ロングテール」化によってウイングの重量が増えているものの、その他はガッツリ重量削減。
オーディオやエアコンもないんか・・・という感じですが、軽量ハーネス、軽量カーペットというのはなかなかに面白く、今後ほかの(一般)モデルにも波及が期待できるところ。

なお、ハーネスの重量は自動車においてかなりの割合を占めていると言われ(センサーが増えている現代のクルマはなおさら)、これを軽量化出来ると相当な重量削減が可能となり、テスラは「モデル3ではワイヤーの重量がモデルSの半分、さらにモデルYだと1/15になる」と語っていますね。

http://stereotomy2.com/2016/09/20/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3mp4-12c%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%82%92%E3%82%A2/

なお、マクラーレンはとにかく軽量化を追求するメーカーで(バックボーンがレースなので当然)、とにかく何もかもが効率的、かつ最短距離で配置されたクルマ。
実際にローリングシャシーを見た感じでは、「これほど短い(つまり軽い)エキゾーストシステムを持つクルマは見たことがない」という印象で、このあたりは「ほかの自動車メーカーとはまったく違う」とぼくは考えています。

そのほか、オプションだと「軽量ホイール」のほかに「超軽量ホイール」が揃うのもマクラーレンならでは。
さらに「メッシュ」も一瞬で破れてしまいそうなほど「薄い」ものが使用されていて、このあたり(このパーツ単体だと)風が吹けば飛んで行くんだろうな、と思ったり。

33

こちらがカーフェクションによるマクラーレン600LTのレビュー動画、「McLaren 600LT: Track Review」。

他のメーカーはこういった軽量化を行っている

参考までに、ほか「軽量化」にこだわるのはロータス。
たとえば「エリーゼ・カップ250」だとチタン製エキゾーストシステム(-7キロ)、カーボンエアロパッケージ(-3.7キロ)、他には軽量ハードトップ/フロントアクセスパネル/エンジンカバー、軽量内装トリム(-2.1キロ)、2ピースブレーキディスク(-4キロ)、さらにはセンタートンネルのカバーを外して800グラム、という感じでとにかく「削って削って削りまくる」という印象がありますね。

ロータスが新型「エリーゼ・カップ250」発表。またまたグラム単位の軽量化で重量884キロに

アルピーヌA110も相当に軽量化に気を使ったクルマで、ポルシェ718ケイマンと同じくらいのサイズなのに重量は300キロ位軽い「1080キロ」。

こちらはパーキングブレーキ内蔵/肉抜きハウジング採用のブレーキシステムで-2.5キロ、シートは一脚あたり13.1キロという数字が公開されています。
そのほかタイヤはミシュラン、ホイールはフックスとの共同開発でこちらも軽量、そして見たところではシートレールすらも「成形品」ではなく、パネルを折り曲げた「レーシングカー並みの軽量パーツ」。

アルピーヌA110はさほど「何もかもが軽量」というわけでもなく、むしろ豪華に思える部分や、デザインのために「本来は不要な」パーツを使用しているクルマですが、見えないところでは涙ぐましい努力をしている、ということになりますね。

アルピーヌがついにA110を発表、スペックを公開。とことんこだわった「軽量化」が最大の武器

そしてパガーニ・ウアイラBCは通常版ウアイラと比較して132キロも軽量化。
もともとウアイラも妥協なしに作ったクルマなので軽量化に抜かりはないはずですが、ウアイラBCではチタン製エキゾーストシステムで-7.1キロ、さらにホイールで-9キロ、ブレンボ製新型ブレーキシステム(従来製品比-6%)等が公表されています。

パガーニ・ウアイラBCが公開。3億7000万円にもかかわらず既に完売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->パガーニ(PAGANI), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), >マクラーレン(McLaren), >ロータス(Lotus)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.