>ジャガー(Jaguar) ■ニュース

ジャガー初のEV、「I-PACE」発表!ほかメーカーの「守り」に対して「攻め」の姿勢を貫く電気自動車

投稿日:

| ジャガーI-PACEの価格はやっぱり1000万円 |

ジャガーがブランド初となるBEV(フルバッテリー電気自動車)、「I-PACE(Iペイス)」を発表。
これはプラグインハイブリッドでもない「完全なる」エレクトリックカーで、その価格は959万円から。

ここ最近だとメルセデス・ベンツがEQC、アウディがe-tron quattroを発表しており、各社ともEVのラインアップを急激に強化しているということになりますが、価格帯としては「1000万円前後」となっており、まだまだEVは高価な買い物だと言えそう。

なお、同じくEVの「日産リーフ」の価格は3,150,360円~。
日産リーフと欧州EV勢との価格差はなに?ということですが、これは単純にバッテリー容量の差だと言えそう。
リーフのバッテリーは40kWhですが、ジャガーI-PACEでは倍以上の90kWhで、「EVの2/3くらいを占める」と言われるバッテリーの価格が車両価格の差にダイレクトに反映された、と考えていいでしょう(もちろん装備や仕上げの差もあるけれど)。

ジャガーI-PACEの特徴はこんな感じ

そんなI-PACEですが、ジャガーによるとその特徴は大きく下記の通り。※ジャガーからのプレスリリースはこちら

・ジャガーの提示する、新たなEV時代のキャブフォワード・デザイン採用
・ラージサイズSUVと同等の、並外れた室内空間を実現
・フルサイズ・パノラミックルーフ採用
・一回の充電あたり航続可能距離は470キロ(バッテリー容量は90kWh)
・モーターは2つ、最高出力は400馬力、0-100キロ加速は4.8秒
・I-PACE専用アルミニウムアーキテクチャ採用
・重量配分は前後50:50
・ジャガー史上、もっとも強靭なボディを持ち、ねじり剛性は36kNm/deg
・普通充電、急速充電に対応
・AIを活用した「スマートセッティング」搭載
・オンライン上でのソフトウエア・アップデート可能
・5年間、走行距離無制限の保証、8年以内または16万キロ走行以内にて、バッテリー容量が70%を下回った場合はバッテリーを保証

ジャガーI-PACEのグレード構成はこうなっている

今回発表されたジャガーI-PACEのグレードは3つ、そしてこれに初回限定モデルの「ファースト・エディション」。
通常モデルとしてのグレードはI-PACE S(959万円)、I-PACE SE(1064万円)、I-PACE HSE(1162万円)、そしてI-PACEファーストエディションは1312万円。

各グレードとも走行性能やEVとしての性能に変わりはなく、違いとしては「ホイールサイズ、内装の仕上げ、シートの素材や機能、ヘッドライト」といったところ。
ファーストエディションも機能的には同一で、ただし価格から分かる通り「豪華仕様」だと位置づけとなっています。

ジャガーI-PACEはほかメーカーのEVと何が違うのか

I-PACEがほかメーカーのEVと異なるところは「デザイン」。
メルセデス・ベンツEQC、アウディe-tron quattroは誰がどう見ても「SUV」スタイルですが、ジャガーI-PACEは「5ドアハッチバック」。

ただし全長4682ミリ、全幅2011ミリ、全高1565ミリという、「低く広い」スタイルが特徴で、キャブフォワード(キャビンが前にある)スタイルによってウェッジシェイプが強調され、ジャガーらしく「獲物に襲いかかるような」躍動感が感じられるところ。

636512639052434211BJ

要は、ほかメーカーのEVが「守り」に入っているとすれば、ジャガーI-PACEは「攻め」ということですね。

そういった「攻め」のスタイルはあちこちに現れていて、ジャガーはI-PACEを使用したワンメイクレース、「eTrophy」を開催予定と発表しており、これはほかメーカーにはない特徴で、現在「走り」を表に出しているEVはI-PACEのみ。

ジャガーが「I-PACE」のワンメイクレース”eTrophy”開催。フォーミュラEをサポート

EV時代に求められる要件とは

時代はこれからEVに向かいつつありますが、現在供給側(メーカー)と消費者とには大きな乖離があり、メーカーが「笛吹けど」消費者は「踊らない」状態。

その理由は2つあると考えていて、ひとつは「価格」、もうひとつは「そもそも楽しくない」。
価格は言わずもがなで、ガソリン車の倍くらいの価格設定を納得させるのは正直難しい、と考えています。

そして楽しさですが、これはどうやってもガソリン車には勝てず、世の自動車好きはEVにそっぽを向いている状態。
そういった現状はメーカーも理解していて、「エレクトリック化加速」を発表したインフィニティは「EVも楽しいよ」ということをアピールするためにシングルシーターのコンセプトカー、プロトタイプ10を発表するなどしているものの、まだまだ状況を変えるには至らないのが現状のようですね。

そういった意味ではガソリン車とそもそも全く異なる価値観や、所有する意味というものが求められるのがEVということになり、既存の「自動車」という価値観で作ってはならないのがEVだとも考えています。

コンピューター業界に「オシャレ」要素を取り入れて成功したiMacのように、(クルマとは)全く違う観点でEVを作る必要があると考えているわけですが、まだまだメーカー側も試行錯誤を行っている段階だとも考えられ、しかしジャガーの場合は「ちょっとほかとは違う」ようですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ジャガー(Jaguar), ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.