ad-728





>ポルシェ911関連

【競売】もっとも価値のあるポルシェ911、「カレラRS2.7」通称ナナサンカレラの試作車。予想では1億7000万円

2018/10/15

| ポルシェ911カレラRS 2.7のプロトタイプが競売に登場 |

ポルシェ911カレラRS 2.7のプロトタイプがオークションへと登場予定。
ポルシェ911カレラRS 2.7は言わずと知れた、「もっとも価値の高いポルシェ911」ですが、ポルシェはこのクルマの市販にあたって合計9台のプロトタイプを製造した、と言われます。

そして今回競売に登場するのは「二番目に」作られたプロトタイプで、シャシーナンバーは9113600012。

ポルシェ911 2.7RSカレラの価値はここ10年で7倍ほどに。1億円突破も目前

カタログにも登場した「由緒正しい」911

ad864251-1973-porsche-911-carrera-rs-2-7-prototype_4

このプロトタイプが製造されたのは市販モデルの911カレラRS 2.7が発売される半年前の1972年4月で、市販モデルとのもっとも大きな差異は「ダックテールリアスポイラーの有無」。
最初のプロトタイプ4台は通常の911カレラのボディシェルを利用して作られているためだそうですが、その後の5台は「ダックテールリアスポイラー装備」ということになりますね。

2c1887d2-1973-porsche-911-carrera-rs-2-7-prototype_14

そのほかの差異としては85リッタータンクを備えること、フロントウインカー周辺にクロームのトリムを持つこと、エンジンルーム内部がボディカラー同色ではなくブラックにペイントされていること。

3a240cb6-1973-porsche-911-carrera-rs-2-7-prototype_3

このプロトタイプは、他に作られた「外観が普通の911カレラと同じ」3台のプロトタイプとともに1973年のカタログにも登場しているといい、ジャーナリスト向けに貸し出されたこともあるようですね。

62d02380-1973-porsche-911-carrera-rs-2-7-prototype_6

ポルシェは911カレラRS 2.7の生産が終了した際、このシグナルイエローのプロトタイプを、レーシングドライバーにして最初の911カレラRS 2.7のオーナー、ヘルムート・ケーニッヒ氏に”タダで”プレゼントしたそうですが、そこからこの車両は複数人のコレクターの手を経ることになり、そのうちアメリカ人オーナーが一度レストアを行い、その後現在のドイツ人オーナーの手に渡った、と記録されています。※残りの8台の運命も気になる

2375e90b-1973-porsche-911-carrera-rs-2-7-prototype_1

今回オークションに出品するのはRMサザビーズで、予想落札価格は最高で1億7000万円程度とみられていて、改めて911カレラRS 2.7の価値の高さを思い知らされますね。

1661dcdb-1973-porsche-911-carrera-rs-2-7-prototype_7

なぜポルシェ911カレラRS2.7は高価なのか?

そこで疑問に思うのは、なんで「911カレラRS 2.7がそんなに高いのか」ということ。
1973年に生産されたことから、日本では通称「ナナサンカレラ」と呼ばれ、その生産台数は1580台のみ。

当時ポルシェがグループ4カテゴリのホモロゲーションモデルとして生産したもので、ベースは911S/2.4。
軽量化、パワーアップ、足回り強化という、現代のRSモデルにも通じる「スポーツカーの基本」を強化したモデルです。

ナナサンカレラ(ポルシェ911カレラRS2.7)の中でも希少な「軽量モデル」が競売に。生産わずか200台

エンジンは2.7リッターで210馬力、トランスミッションは5速マニュアルのみ。
グレードは「ツーリング」「スポーツ」「レーシング」があり、さらに軽量な「ライトウエイト」バージョンも存在したようですね。

「911RS」と名がつくモデルは1975年の「911カレラRS3.0」があり、こちらのほうが生産台数105台と圧倒的に少ないものの、やはりポルシェ911にとって「はじめての」RS=レンシュポルトモデルである、1973年の911カレラRS2.7のほうが歴史的な価値が高い、ということなのかもしれません。

水冷世代のポルシェ911”RS”モデルは空冷世代の”RS”の魂をどう引き継いでいる?

VIA:RM Sotherby’s

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911関連
-, , , , , ,