ad-728





>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

ランドローバー・ディフェンダー最新カスタム事情。ワイドボディに外骨格で固めた「プロジェクト・エボリューション」登場

2018/10/24

| アメリカのディフェンダー専門ショップがハードなカスタムを公開 |

これまでランドローバー・ディフェンダーのカスタムを中心に業務を行っていた「イースト・コースト・ディフェンダー(East Coast Defender、でも会社はウエストコーストにある)」がECDオートモーティブ・デザイン(E.C.D Automotive Design)へと社名変更。
あわせて最新のディフェンダー・カスタム「プロジェクト・エボリューション」を公開しています。

外観はカーン・デザインのワイドボディキットでカスタムされ、ホイールは20インチへとサイズアップ。
特筆すべきはそのエンジンがシボレー・コルベットのLS3 V8(430馬力)へと換装されていることで、さらにエキゾーストシステムはボーラ製(残念ながら動画ではそのサウンドを確認できない)。

ディフェンダーのカスタム熱はかつて無いほどヒートアップ

「プロジェクト・エヴォリューション」のエクステリアはこんな感じ。
全身ブラックのイカツいカラーにウインチや外骨格、アディショナルランプが装着され、まさにヘビーデューティーそのもの。

e-c-d-automotive-designs-project-evolution (2)

一方でインテリアは上品かつ質感の高いカスタムが施されているのも特筆すべきポイント。
メーター類、ステアリングホイールは入れ替えられているようですね。

e-c-d-automotive-designs-project-evolution (1)

シートはバケット形状で、ダッシュボードやアームレスト、ドア内張り、センターコンソールとともに張り替え。
レザーはブラックとブラウンですが、ブラウンレザーはヴィンテージ調の加工が施されています。

e-c-d-automotive-designs-project-evolution

たしかにエンジン(のヘッドカバー)にはCORVETTEの文字。

e-c-d-automotive-designs-project-evolution (4)

ほかにもこんなにある、ランドローバー・ディフェンダーのカスタム

なお、現在ディフェンダーのカスタムは非常に人気があり、カーン・デザインはじめアレス・デザインもここへ参入。
よってディフェンダーの中古車価格も上がりっぱなしという状態で、転売目当ての盗難も急増している、とも報じられています。

こちらは同じショップ、ECDオートモーティブ・デザインが以前に公開したディフェンダーのカスタム。

ランドローバー・ディフェンダー専門ショップが「今風」「クラシック風」個性の異なる2台のカスタムを公開

スターテックはハードとエレガントを融合。
こういったカスタムが似合うのはディフェンダーくらいかもしれませんね。

スターテックが外装ワイルド、内装ゴージャスなランドローバー・ディフェンダーを披露

内装スペシャリスト、カーレックスはサイバーパンク風にディフェンダーのインテリアをカスタム。

カーレックスによるランドローバー・ディフェンダーの内装カスタム。けっこうイカツい感じに

初期モデル風に「巻き戻した」カスタムも。

ランドローバー・ディフェンダー専門チューナー最新作。初期モデルへのオマージュ+最新デバイス

そしてカーン・デザインはなんと「6輪」化。

え?これがランドローバー・ディフェンダー?カーン・デザインがG63 AMG 6x6風のカスタムカーを公開

映画「007スペクター」に登場したディフェンダーが競売に登場したことも。

007「スペクター」で使用された超ワイルドなランドローバー・ディフェンダーが競売に登場

VIA:E.C.D. Automotive Design-Facebook/YouTube

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , ,