>アウディ(Audi)

日本だけではなく世界的に販売減少が続くアウディ。新戦略を打ち出すも「高価格モデル」「エレクトリック」「中国」頼みとなり、もしも戦略が失敗したときのダメージは大きそう

| いずれの分野においても、今後強みを発揮できるどころか競争が増すばかり | アウディがその販売を世界的に落とし続けており、メルセデス・ベンツ、BMWの後塵を廃するようになったために「新しい戦略」を公表。なおアウディの2018年における販売は全世界で3.5%減少し、欧州においては14%も下落。これは新しく導入された規制「WLTP」の影響が大きいとされているものの、アウディとしてはライバルに追いつき、追い抜く必要があるものと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ベントレーはカリナンに対抗?「スポーツカーはもう作らない。GTとSUVに集中し、ベンテイガの上位モデルを発売する」

まだまだベントレーの春は遠そうだ 方向性に迷っているベントレーですが、今回「現在、スポーツカー発売の予定はない」とコメント。ちなみにベントレーは以前にも「今後スポーツカーを発売しない」ともコメントしていて、これからは本気でエレクトリック、そして高級路線に特化するのかもしれません。 ベントレーが驚愕の方向転換。「スポーツカーはもう作らない」「ハイブリッド注力」

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他イタリア車 >その他イギリス車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

25台のみ生産された「ランチア・ハイエナ」、2台しか存在しない「ランボルギーニ3500GTZ」ほか希少なザガートによるクルマを見てみよう

ランボルギーニ3500GTZはこの機会以外では目にすることはないだろう さて、何回かにわたってお届けしたコンコルソ・デレガンツァ京都2019ですが、今回は「最終回」。ザガートというとランチアやアルファロメオ、そしてフィアットも有名ではあるものの、今回はそれらに加えて「MG」「ランボルギーニ」といった珍しいクルマを紹介したいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿35年もの間、地下室に閉じ込められていた1962年製アルファロメオ・ジュリエッタSZ。程度良好のまま救出され競売へ→7000万円超で落札ランボルギ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型BMW Z4を見てきた!予想していたより高いデザイン性/質感を持つものの、スープラより「100万円以上高い」値付けは正当化できる?

トヨタよりも内外装の細部までこだわっているのは間違いない さて、発表されたばかりのBMW Z4を見にディーラーへ。パっと見た印象は「なかなかにカッコイイ」というもの。そしてそのカッコよさは全体のシルエットに加え、練り込まれた「ディティール」によって実現されているといってよく、ここ最近(とくにG世代)のBMWが発揮するデザイン力の高さには驚かされます。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場新型トヨタ・スープラの内装が激写。Z ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2 RSがロードアトランタでも市販車最速記録樹立。これでコースレコードを出したサーキットは合計4つに

| ポルシェ911GT2 RSの勢いはもう止めることができそうにない | ポルシェが911GT2 RSにてアメリカのサーキット、ロードアトランタでのタイムアタックを行い、市販車最速となる1:24.88というコースレコードを樹立したとのこと。なお、このサーキットはポルシェの現地法人、ポルシェ・ノースアメリカ本社のほど近くにあるそうで、ポルシェ・ノースアメリカ万全のバックアップのもと、ル・マンのクラス優勝、デイトナ24時間での優勝経験を持つデビッド・ドナヒュー選手、ポルシェのテストドライバーでもあるランディ・ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサウンドを奏でると言われるのはなぜか?科学的に解説してみよう

たしかにF1でもV10エンジンのサウンドを「歴代最高」とする人は多い DRIVETRIBEが「なぜV10エンジンのサウンドは優れるのか」を解説した動画を公開。V10エンジン搭載の車には現行だと「ランボルギーニ・ウラカン」「アウディR8 V10」、過去には「ポルシェ・カレラGT」「レクサスLFA」「ダッジ・バイパー」「BMW M5(E60)」「アウディRS6」等が存在し、いずれもそのエキゾーストサウンドには高い評価が与えられています。※実際に全部のクルマの音を聞いた中だと、レクサスLFAのサウンドが一番美し ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【競売】1981年に非公式ながら時速300キロを突破したBMW M1が存在した!1993年以降行方がわからなくなっていた「レコードブレイカー」がついに発見

予想落札価格は最高で3700万円 今年は年初から希少なクルマが続々納屋から発見されていますが(納屋=バーン、というところから”バーンファインド”と呼ばれる)、またまた希少なBMW M1が発見されることに。一見してこのM1は通常のM1とは異なることがわかりますが、これはもともと「通常の」M1として1979年に製造されたものの、その二年後にレーシングドライバーであるハラルド・アートル氏が入手し、ボディパーツ変更に加えてタービン交換などのチューンを行い、ノーマルの273馬力から410馬力へと性能を向上させた車体 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【競売】ジワジワ値を上げるメルセデス・ベンツCLK DTM AMG。ブラックシリーズに比較しても「希少」な存在であることが評価され、予想落札価格は3400万円

数年前までは3000万円が相場だった メルセデス・ベンツCLK DTM AMGがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。今回出品されるのは2005年モデルで走行は21,800キロ、これまでのオーナーの数は「2」。最近メルセデス・ベンツ正規ディーラーにてメンテナンスを受けたばかりでコンディションは上々とされ、予想落札価格は最高で3400万円ほど(数年前の競売よりも1割ほど相場が上がっている)。 こちらもオススメ、関連投稿【競売】生産100台、ブラックシリーズよりパワフルなメルセデス・ベンツCLK DTM ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンに新たな限定「セット」、ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ発表!なんとヴァンテージV12初の「スピードスター」が登場

そして新ブランド「R-Reforged」が誕生 先日、「2台セット」で販売する「センテナリーコレクション」を発表したばかりのアストンマーティン。これはザガート100周年、アストンマーティンとザガートとの関係構築60周年を記念したもので、DBS GTザガートと(最初のアストンマーティンとザガートとのコラボ作品となった)DB4 GTザガート・コンティニュエーションとがペアになり、19セットが約8億8000万円にて販売されるもの。 その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラスト ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】マクラーレン600LTをシャシダイでパワーチェック。600馬力のところ実測は574馬力→この現象を解説しよう

クルマの馬力表示はエンジン単体のものであって軸出力ではない フォードのチューニングや「ヴェノム」シリーズの発売でおなじみのヘネシー・パフォーマンスがマクラーレン600LTをシャシーダイナモでパワーチェックし、その結果を公開。この内容は非常に興味深いもので、マクラーレン600LTの軸出力は574馬力となっています。ここで「あれ?600馬力じゃないの?」という話になりますが、自動車のカタログ等にて表示される出力は「エンジン単体での出力」。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore



>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

シボレーのエンジニア「ミドシップ化できるチャンスを待つのに54年かかった」。なおC8コルベットの価格は30%増しの見込み

投稿日:

| コルベットのエンジニア達が語る、ミドシップ化の裏事情 |

新型コルベット(C8)がミドシップ化されるのは周知の事実ですが、これには「ZORA(ゾラ/ゾーラ)」というペットネームが与えられる可能性が大。
そしてこのZORAというのは初代コルベットの主任エンジニアであった「Zora Arkus-Duntov(ゾラ・アンカス・ダントフ)」氏に由来。

同氏はコルベットのパフォーマンスアップに心血を注ぎ、1964年の時点でミドシップコルベットの試作車「XP-819」を作成(XPはエクスペリメンタルの略で、テスト用の車両によく用いられるコードネーム)しています。

しかしながら当時は市販化には至らず、しかし現代にそれを蘇らせるにあたり、「ZORA」の名を用いるのはごく自然な流れだと言えそうですが、1964年の「ミドシップコルベット」の存在を記憶し、かつこの決断を行ったシボレーには喝采を送りたいところ。








コルベットがミドシップ化するまでに54年

ただ、ミドシップコルベットの計画が出た1964年から数えると、今に到るまでに過ぎた年月はなんと54年。

なぜここまで時間がかかったのについて、ハガーティがコルベットの前エンジニア3名にインタビューを敢行。
この3名はデイブ・マクルーラン氏、デイブ・ヒル氏、トム・ウォレス氏ですが、この3名によると主に2つの理由からミドシップ化が見送られてきており、ひとつは「従来の顧客が重要であり、変化を恐れたから」、そしてもうひとつは「高価になりすぎるから」。

前者は言うまでもありませんが、コルベットというとフロントに大きなエンジンを積んだロングノーズ・ショートデッキのスタイルが特徴的であり、これが欧州のスーパースポーツとの明確な相違であったと思います。
そこには「流れに与しない」というコルベットの強気の姿勢も感じられ、そこがまたコルベットファンの矜持が保たれてきた部分なのかもしれませんね。

よってぼくは、コルベットがミドシップに移行するということについては、「ついにコルベットも世界的な流れに乗る、もしくは流されてしまった」というマインド的なネガティブインパクトがあるんじゃないか、とも考えています(コルベットのフロントエンジンは、アメリカの独立精神の象徴であるような気もしている)。

そしてもうひとつの価格については、ミドシップカーを一から設計すると、とんでもなくコストがかかり、結局それは市販価格に跳ね返る、というもの。
よって上述のエンジニア達は「ミドシップ版コルベットは相当に高価になる」という見解も示しています。

なお、新型(C8)コルベット発売後もC7コルベットは継続して販売されると言われ、これについてぼくは「ミドシップコルベットが失敗した時の保険」だと考えていましたが、C8コルベットが非常に高価になるとすると、C7コルベットも売らないと「販売台数を稼げない」ということにもなりそうですね。

同インタビューでは、新型コルベットの価格は7万ドル〜10万ドルくらいになると語られており、現行C7コルベットの価格が56,445ドルからなので、およそ30%ほど現行より高くなる、という計算になります。

コルベットをミドシップ化するチャンスは「今しかない」

今回コルベットをミドシップ化するという経緯について、おそらくはコルベットのパフォーマンスがフロントエンジンというレイアウトに起因する「限界」に達しつつあること、エレクトリック化の波によってプラットフォーム新設計が要求されるタイミングであること、そしておそらくはGMの資金的に余裕が出てきたこと等、すべての条件が揃ったのが「今」なのかもしれません。

そして3名のエンジニア達は、「シボレー(GM)がコルベットのミドシップ化を決断した意味は非常に大きく、人生に一度あるかないか、というくらいの大きな英断だ」と語っており、エンジニア達にとっても大きな驚きであったようですが、今回「ZORA」という名が与えられたことを考えると、シボレーはこの54年間「ずっと」ミドシップ化できるチャンスを狙っていた、つまり悲願であったとも考えられます。

VIA:HAGARTY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->シボレー(CHEVROLET), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.