■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。 こちらもオススメ、関連投稿2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後 ...

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かっ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRのカスタム第二弾。前回はETC車載器やフロントスクリーン、ビレットレバーなどを紹介しましたが、今回はそれに続くカスタムを紹介してみたいと思います。まずはアクラポヴィッチ(AKRAVOVIC)製マフラー。CBR250RR用のアクラポヴィッチ製マフラーには「競技用」と「合法(JMCA認定)とがありますが、ぼくが取り付けたのは「合法」アクラポヴィッチ。早朝や深夜に出入りすることがあるということ、そもそもマフラー交換は音量を変えたいわけではなく見た目の変化を求めたこと、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは毎年こういったイベントを開催しており、そのイベントにて「研修生が製作したカスタムカー」を公開するのもまた通例。フォルクスワーゲンは毎年ゴルフのカスタムカーを公開することでも知られていますね。 VWが毎年恒例の「GTI祭り」に380馬力のゴルフGTI、400馬力のゴルフRを出展。このまま市販して欲しいレベル こ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。AM-RB003はその名からもわかる通り、「AM-RB001」ヴァルキリーに次ぐハイパーカー。※002が欠けているのは、ヴァルキリーAMR Proが”002”に該当するからだと思われるそしてヴァルキリー同様にレッドブル(RB)が開発に参加し、ヴァルキリーとの強い共通性が感じられるデザイン、そしてミドシップレイ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2 CSのインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗:メルセデス・ベンツG550】Gクラス39年の集大成!変わらないデザインには理由があった

投稿日:2018/10/15 更新日:

| 新型Gクラスのデザインが変わらなかったのは”これまでの歴史を活かした”から

さて、新しくなったメルセデス・ベンツG550に試乗。
およそ40年ぶりのモデルチェンジということで話題になったものの、日本では先代Gクラス(メルセデス・ベンツ日本では”従来型”と呼称)が世界で唯一継続販売されるなど、独自の事情を持っています。

ちなみに先代Gクラスが最も売れていたのは日本とのことですが、新型が発売されることになったのち、けっこうな「先代」駆け込み需要があった、とも言われますね。

それはおそらく「新型のボディサイズが拡大した」ためだと思われ、たしかに新型Gクラスは一見して「巨大」という表現がぴったり。








新型Gクラスはどう変わったのか?

なお、メルセデス・ベンツ自身は今回の新型Gクラスについて、モデルチェンジではなく”フェイスリフト”だと表現。

ラダーフレームの上にキャビンが乗っかる構造やリジッド式のリアアクスルはそのままですが(設計自体は見直されている)、ほぼ全てのパネルが置き換えられたとされながらも従来のイメージを継続したデザインを見ると「フェイスリフト」というのも理解できるような気がするものの、一新されたフロントサスペンション、エンジン、トランスミッションを考えるとやっぱり「モデルチェンジ」という内容がふさわしいんじゃないか、と思うことも。

IMG_2169

なお新型Gクラスのボディサイズは従来型比で全長53ミリ、全幅64ミリが拡大。
とくにリアから見ると「かなり大きくなった」と印象があり、まるで目の前にそびえる壁のよう。

IMG_2159

ここでまずスペックを見てみましょう。

ボディサイズ:全長4817ミリ、全幅1931ミリ、全高1969ミリ
エンジン:4リッターV8
出力:422馬力
トランスミッション:9速AT
価格:1562万円

新型Gクラスの外装を見てみよう

さて、早速新型Gクラスの外装をチェック。
実は新型Gクラスを見るのはこれで3度目ですが、何度見たとしてもやはり先代(従来型)との類似性が強く、時代を超越した存在感を意識させられます。

新型Gクラスを見てきた!ほかのメルセデス・ベンツとはまったく違う時の流れを感じさせる一台

なおメルセデス・ベンツが公表した「先代との共通パーツ」はヘッドライトウォッシャー、スペアタイヤカバー、ドアハンドルの三つのみ。

IMG_2146

確かに細部を見ると従来型との変更点も多く、一番目につくのは「ヘッドライト」。
もちろん最新の内部構造を持つに至っていますが、これがずいぶん新型Gクラスの印象を違ったものにしているようです。

そしてボンネットのカドが取れているのも新型Gクラスの特徴。

IMG_2150

その他モールやフロントバンパー、グリルなど、たしかにほとんどの部分が新しくなっているようですね。

新型Gクラスのインテリアを見てみよう

インテリアは外装に比べると変更の範囲が広く、やはりその最たる例は液晶メーター、そしてインフォテイメントシステムをコントロールするタッチ式パネル。
これは12.3インチの液晶を二つ連結したもので、見た目からしてスペクタクルです。

IMG_2164

なおインテリアについては、目に見える部分で「先代からキャリーオーバーされたのは」サンバイザーのみだそうですが、直線基調のデザインやグラブバー、各スイッチの位置を継承しながらも、各部が最新の意匠へと置き換えられることに。

IMG_2166

全体的に先進性と豪華さを感じさせるものですが、「重厚な豪華さ」というところでは従来型に軍配があがるかもしれません。

左右シート間の距離が広くなったこともトピックではあるものの、これは車幅が広くなったことに起因するものでしょうね(オフローダーらしくシートが外側に出されている)。

IMG_2165

乗車したときに目に入る、「極端に短いダッシュボード」、「手が触れることができる位置にあるフロントウインドウ」も従来型と同じ。

IMG_2156

新型Gクラスに乗ってみよう

なお、新型Gクラスに乗るのはこれで2回目。
ただし前回は後部座席に乗ってその悪路走破性を体験するというもので、自分で運転するのは今回が最初です。

新型メルセデス・ベンツGクラスに試乗してきた!バンク、ブリッジを使用して極限性能を体感する

ドアをアンロックすると(従来型と同じく、ガッシャーン!と大きな音がしてアンロック。ロックされる時も同じ)プロジェクターによってメルセデス・ベンツのスリーポインテッドスターが足元に。

IMG_2144

さらにドアを開けると美しく光るイルミネーテッドシルプレート。
さらにダッシュボードやセンターコンソールなど内装は美しくライトアップされ、室内は従来型Gクラスとは「別世界」です。

IMG_2158

運転席の座面位置は高く、「よいしょ」という感じで”乗り込む”スタイルは従来型ならでは。
そしてドアを開けるときにボタンを親指で押し、そしてドアを閉めるときの「ガッキン!」という音も従来型と一緒。
このあたり、従来型からの乗り換えでも違和感を感じない部分かもしれません。

シートは柔らかく、非常に座り心地が良いもの。
これはメルセデス・ベンツ伝統の美点でもありますね。

IMG_2163

メルセデス・ベンツGクラスで走ってみよう

そこでエンジンを始動させますが、その瞬間「おっ、けっこういい音」と声が出るほどのナイスサウンド。
AMGではないG550でこのサウンドであれば、AMGモデルはさらにすごい音が出そう(しかもAMG G63はサイドマフラーだ!)。

シートやミラー、ステアリング位置を合わせていて思うのは、「メルセデス・ベンツは、はじめて乗る車であっても、操作したいスイッチがどこにあるかが直感的にわかる」ということ。
それはドアパネルに設けられるシート調整スイッチが端的に表すことになりますが、これもやはりメルセデス・ベンツの良き伝統ですね。

IMG_2168

そしてコラム式のシフトレバーを「D」に入れて早速スタート。
走り出して思うのは「乗り心地が最新になったな」ということ。

完全に高級車という表現がぴったりで、振動やノイズが相当低いレベルに抑えられていて、足回りも「しっとり」。
これは従来型で感じた印象と比較すると相当に衝撃的で、にわかにGクラスに乗っているとは信じられないほど。

それはカーブを曲がる時も同じで、従来型のようにステアリングホイールを戻さなくても、普通の車にように「ステアリングホイールが中立に」戻ってくれます。

IMG_2167

そしてしばらく乗って思うのは、「さすがはGクラス」。
視界が高くて周囲を見渡しやすく、Aピラーが立っているので左右斜め前の死角がほぼなく、特筆すべきはサイドウインドウの位置が低いこと。

上の画像を見るとわかりますが、ダッシュボードからかなり低い位置にサイドウインドウの下辺があり、これによってかなり良好な視界を得られます。

このあたりは「39年間の」存命中に培ったノウハウだと考えてよく、新型Gクラスでは従来型の美点がすべて反映されていると言えそう(そのために大きく形状やデザインを変えなかったのかも。姿形を変えると振り出しに戻ってしまう)。

もともとGクラスは軍用としてのルーツを持ち、そして軍用であったがために「実用性」を最優先に考えたため、おそらく外観は「変えなかった」というよりも「変える必要がなかった」と思われ、つまり39年前の初登場時ですでにGクラスは完成されていたのかもしれません。

逆にインテリアの一部など「変えるべきところ」は変えてきているので、外観は本当に「変える必要がなかった」のでしょうね。

IMG_2152

実際に自分で運転して見ての印象としては、これまでのGクラスのいいところをすべて残しながらも、インターフェースや乗り心地、快適性を最新へとバージョンアップしたというもので、加速・減速、ブレーキのタッチ、ハンドリングどれをとっても気難しさはなく、「意のままに」操れるという印象があります。

慣れてきたところでドライブモードを「スポーツ」に入れると、スロットルレスポンス、シフトタイミング、エキゾーストサウンド、ブレーキタッチ、ステアリングの重さなどが変更されますが、印象としては「スポーツ」モードに入れた時のドライブフィールがちょうど、従来型Gクラスの「ガッチリ」したイメージに近い、というもの。

ちなみに「スポーツ」に入れるとエキゾーストサウンドはV8っぽいドロドロしたサウンドになり、さらにシフトダウン時に空ぶかしが入るなど性格は激変。
「G550でこの音や走りを持つのなら、G63はいらないだろう」と思わせるにじゅうぶんで、とにかくG550のスポーツモードは刺激的です。

IMG_2161

なお、コンフォートであってもピッチ/ロールは非常に小さく、姿勢は常にビシリと安定していて、背の高さに起因する不安定さが微塵もないのも「やはり39年の積み重ね」だと言えそう。

メルセデス・ベンツは新型Gクラス発表前から「GクラスのDNA」をかなり強くアピールしていましたが、新型Gクラスは実際に正真正銘「従来型GクラスのDNA」を受け継いでおり、さらにテクノロジーによってそのDNAを強化したと考えてもよく、現時点での”Gクラスの集大成””Gクラスのひとつの到達点”と言えるかもしれません。

ぼくは、新型Gクラスについて、「現在、市場はSUV過密であり、Gクラスは商業上の理由、つまり他では持ち得ないルックスを売り物にして販売を有利にするためにデザインを変えなかったのだろう」と考えていたものの、今回の試乗でその認識は一変。

上述のように「変わらなかった」のは「変える必要がなかった」からであり、変える必要がある部分だけを変えてきたのが今回の新型Gクラスだと考えるに至っています。

そう思うと、やはり新型Gクラスは「フェイスリフト」なのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.