ad-728





>ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが2022年までにエレクトリックSUV発売、と明言。マカン、カイエンでもなく「新型」?

2018/10/22

| ポルシェは2022年までにエレクトリックSUVを発売? |

ポルシェはもうじき初の量産EV「タイカン」を発売予定ですが、さらにポルシェの役員が「遅くとも2022年には新たなピュアEVを投入する」という発言をした、と英国Autocarが報道しています。
加えて、そのEVは「ラージサイズのSUVになる」と語ったとされ、となるとウワサされてきた「マカンがEV化される」というわけではなそう。

なお、ポルシェは2025年までに販売の50%をエレクトリック化された車両にすると公表していますが、これは「かなり高い」数字。
というのも、これまでエレクトリック化を率先して進めてきたBMWがここへきて「2030年時点でも、エレクトリック化されている車両は15%くらいかも」と弱気に転じているため。

ポルシェは一年に一台「EV」発売?

なお、カイエンは今年にモデルチェンジを行ったところですが、となると4年後の2022年にモデルチェンジを行いピュアEV化するとも考えにくく、かといってフェイスリフトでピュアEVモデルを追加する、というもの無理がありそう(使用されるプラットフォーム、MLB EvoはピュアEVに対応していない)。

となるとポルシェはアウディが投入した「e-tron quattro」をアレンジしたエレクトリックSUVを投入するのではないかということになり、となると「カイエン」ではなくブランニューモデルとして投入する可能性も。

そこでもう一つ気になるのが「ミッションEクロスツーリスモ」の存在ですが、こちらの発売はどうなるのか、あれは単なるコンセプトカーであったのかどうか?ということ。
以前に「2021年に生産開始」という噂がありましたが、これが本当だとすると、2019年にはタイカン、2020-2021年にはミッションEクロスツーリスモクロスツーリスモ、2021-2022年にはエレクトリックSUV、といった感じでポルシェは一気にピュアEVを拡充することになりそうですね。

ポルシェのサプライヤーがリーク。「ミッションE(タイカン)クロスツーリスモは2021年に生産開始」

なお、現在各社ともエレクトリックSUVには力を入れていて、メルセデス・ベンツはEQC、アウディはe-tron quattro、BMWはiX3を発表しており、世は「ピュアエレクトリックSUV戦国時代」。

ただしこれらはいずれも1000万円クラスであり、この価格のEVを買う人は世界にそう多くいるとは思えず、各社とも限られたシェアを奪い合うことになり、となるとどこかで「負け組」が出ることになるのかもしれません。

BMW iX3が中国で生産され、世界中へ輸出との噂。「1000万円の中国製電気自動車」は危険な予感しかない件

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ミッションE/タイカン関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,