ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラのオープンモデル「ヴォランテ」のプロトタイプが目撃に。クーペ以上のワイド感

2018/11/02

| アストンマーティンはニューモデル攻勢の手を緩めない |

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテと見られるプロトタイプが目撃に。
アストンマーティンはそのオープンモデルについて「ヴォランテ」という呼称を用いていますが、つまりこれはDBSスーパーレッジェーラのオープンモデル、ということですね。

そして画像を見る限りでは「偽装なし」。
フロントのウイングエンブレム、リアの「AstonMartin」エンブレムは隠されているものの、その他は完全にプロダクションモデルと同様だと思われます。

その姿はまさに筋肉質

スパイフォトを見ると巨大なホイールそして大きく張り出したフェンダーを確認でき、とくにリアフェンダーはそのプレスラインがさらに盛り上がりを強調することに。

aston-martin-dbs-superleggera-volante-spy-shots

実際のところフェンダーはクーペ版の「DBSスーパーレッジェーラ」と同じ形状を持つはずですが、オープン化に伴い車体上部がコンパクトになることで「相対的にフェンダーが大きく見える」ようですね。

aston-martin-dbs-superleggera-volante-spy-shots (2)

なおDBSスーパーレッジェーラは”超軽量”という名が示す通り、ベースとなるDB11に比較して70キロ軽量に。
出力はDB11の600馬力から一気に715馬力にまで向上しており、戦闘力も同時に大きく高まっていると思われます。

実際のところ0-100キロ加速はDB11の3.9秒から3.4秒に短縮され、相当な俊足を誇るクルマだと言えそう。

アストンマーティン史上最強モデル、DBSスーパーレッジェーラ見参。カーボン多用で-70kg

なおアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの価格は3500万円。
ベースとなるDB11の価格が2380万円であることを考えるとパフォーマンス同様にかなりな飛躍だと言えそう。

そしてこれのオープンモデルとなると3800万円くらいのプライスタグをつけることになると思われ、「かなりな価格」ということになりそうです。

aston-martin-dbs-superleggera-volante-spy-shots (1)

なおアストンマーティンはサブブランドとして「AMR=アストンマーティンレーシング」を立ち上げており、現在はDB11、ラピードにこれを設定済み(いずれも限定)。
レーシングという呼称のとおり、モータースポーツのイメージそしてパフォーマンスを反映させたシリーズですが、アストンマーティンはDBSスーパーレッジェーラにもこれを設定する、と言われます。

DBSスーパーレッジェーラはかなり高額なクルマではありますが、アストンマーティンは矢継ぎ早にそのバリエーションを拡大する意向を持っていると思われ、先代モデルとなる「ヴァンキッシュ」のようにザガートとのコラボモデルも登場するかもしれませんね。

VIA:Motor1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , ,