ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

【動画】発表されたばかりのVW T-ROC。さっそくそのオープンモデルがテスト中

2018/11/05

| オープンSUVはどうしても形状が似てしまう? |

発表されたばかりの「フォルクスワーゲンでもっともコンパクトなSUV」、T-ROCにはオープンモデルが登場予定。
今回そのプロトタイプが目撃されており、この完成度を見るに発表はそう遠くない(2019年のいずれか)ものと思われます。

なお、現在オープンSUVとして市場に存在するのはレンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルのみ。
つまり競争相手がいない市場ではあるものの、そもそも「オープンSUV」を購入する人自体が少なく、どのメーカーも参入をためらうカテゴリでもありますね。

VWのエントリーSUV、T-ROC発表。価格は本国で258万円から、日本への早期導入希望

コンパクトクラスであればダメージも最小限?

オープンSUVは開発費に比較して見込める販売が少なく、つまり「採算が取りにくい」ということになりますが、その開発費を抑えるにはベースモデルの開発費自体を回収しておく必要があり、そこでフォルクスワーゲンは「数が出るであろう」T-ROCをブランド初となるSUVのベースに選んだのかも。

かつ、数が出れば新型車といえどもT-ROCの知名度も向上し、そのオープンモデルを売りやすくなるのもまた事実なのでしょうね。

t-roc2

なお、そのスタイルを見るとレンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルにかなり似ていますが、これはオープンSUVという性質上、どうしても同じようなボディ形状となってしまうのかもしれません。

ちなみに先日発表されたT-ROCはこちら。
アウディQ2程度のサイズで、エンジンは1リッターから、というコンパクトSUVです。
もちろんドアは「5枚」ですが、今回のスパイフォトを見るとドアは「2枚」に変更されているようで、そこも印象が異なる理由のひとつなのでしょうね。

そしてレンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルはこちら。
Cピラーをカットするという性質上、オープン時のシルエットもどうしても近くなり、かつ広大なソフトトップをたたむということを考えると、やはりトップの形状も似てくるのだと思われますが、価格帯もクラスも全く異なるクルマ同氏なので、そのあたりは問題なさそう。

レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルは「予想外に」売れていて、その購入者の多くは女性だとされますが、フォルクスワーゲンT-ROCもそれは同様の可能性があり、T-ROCコンバーチブルの価格次第では「意外な人気車」となるのかもしれません。

それでは動画を見てみよう

こちらがけっこう鮮明にT-ROCカンバーチブルの姿を捉えた動画、「VW T-Roc Convertible spy video」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , , ,