ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

でっかいウイングにカーボンボンネット!レスサスRCのスパルタンモデル「RC F GT」がテスト中

| レクサスがRC Fのスパルタンモデルを準備中 |

レクサスが「RC F GT」と見られるプロトタイプをテスト中。
レクサスRC F GTはパイクスピークに挑戦することを目的に2015年に公開されたものですが、エンジンは市販モデルと同じ5リッターV8自然吸気、しかしカーボンファイバーの大量投入によって360キロの軽量化を果たし、車体重量1420キロを達成したスパルタンモデル。

そこからはほとんどウワサがなかったものの、レクサスは何を思ったか突如今年の夏頃からこのRC F GTのプロトタイプを引っ張り出してテストを行なっている様子が報じられています。

レクサスが何を思ったか「RC F GT」市販?大きなリアウイングを装着しテスト中

公道走行できる?できない?

プロトタイプを見るにヘッドライトやテールランプが新形状となっていて、つまり「フェイスリフト(マイナーチェンジ)後」のRCをベースとしているようで、しかし前後フェンダーに前後バンパー、サイドステップの形状が改められているように見えますね。

lexus-rc-f-gt-spy-photo

加えてスピンドルグリルの底辺および左右の形状が「これまでにない」デザインを持っており、スピンドルグリル内部に仕込まれたエアインテークがその左右にあるグリルへと繋がる形状を持つようですね(さらにフロントバンパー先端にはリップのようなものがある)。

lexus-rc-f-gt-spy-photo (4)

この角度から見るとフロントバンパー下部がかなり尖っていることがわかりますが、完成度の高さから見て「すでに市販準備は整っている」と考えても良さそう。

lexus-rc-f-gt-spy-photo (3)

なお、トヨタは現豊田章男社長体制になってから急激にスポーツ色を強めており、86の発売、そしてスープラの復活、さらにはセリカやMR2をリバイバルする、という計画もある模様。

そしてスープラには「サーキット専用モデル」投入も検討されていると言われますが、このRC F GTもその延長線上にあるのかもしれません。

lexus-rc-f-gt-spy-photo (2)

ただ、今回のスパイフォトを見るにウインドウモールは「メッキ(金属調)」となっており、これはサーキット専用モデルとはミスマッチ。
そしてRC Fのサーキット専用モデルを購入する層がさほどいるとも思えず、そう考えるとリスクヘッジを考えて「公道走行専用」にアレンジしてくるのではないかとも考えています。

その場合はコンセプトモデルのように360キロもの軽量化は難しいと思われ(せいぜい数十キロくらい?)、性格もややマイルドになるのかもしれませんね。

lexus-rc-f-gt-spy-photo (1)

このレクサスRC F GTについては、早ければ11月のロサンゼルス・モーターショー、もしくは来年1月のデトロイト・モーターショーにて公開されるのではないか、と言われています。

VIA:Motor1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , ,