>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラに早速限定モデル。1959年のル・マン優勝車「DBR1」へのオマージュ

投稿日:2018/11/03 更新日:

| アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラにさっそく限定モデルが登場 |

アストンマーティンが発表したばかりの「DBSスーパーレッジェーラ」に早くも限定モデル、「DBS59」を追加。
これはアストンマーティンのディーラー”アストンマーティン・ケンブリッジ”が企画したもので、1959年のル・マン24時間において優勝を飾ったDBR1へのオマージュとなります。

製作を担当したのはアストンマーティンのカスタム部門「Q」となり、ボディカラーにはレーシンググリーンを採用し、そこへグロス仕上げとなるカーボン製のトリムを追加という仕様。

アストンマーティンDBS59のアクセントは「ブロンズ」

この「アストンマーティンDBS59」に採用されるアクセントカラーはブロンズ。
ブロンズは最近になり多くのメーカーが(ゴールドとともに)採用しているカラーで、一つの流行とも言える色味ですね。
今回のDBSだとグリル、スポイラー、ホイール、ボディに入るレター、ブレーキキャリパーにも用いられています。

bf1857db-aston-martin-dbs-59-7

運動性能は標準モデルと変化はなく、エンジンは5.2リッターV12ターボ(725馬力)、そして組み合わせられるのは8速AT。
0-100キロ加速は3.4秒、最高速は時速339キロというスペックです。

2492ba4b-aston-martin-dbs-59-2

リアスポイラーに入るのは「DBR1」のシルエット。

fa102130-aston-martin-dbs-59-3

なお、今回画像は公開されていないものの、アストンマーティンDBS59には「専用デザイン」のヘルメットが付属。
これはサドルレザーで覆われるなど「クラシカルな」演出がなされるようで、この他にもDBR1をイメージした多くの意匠やアクセサリー(ヴィンテージスタイルのグローブ、専用デザインのラゲッジセット、レーシンググリーン地にナンバー入りのカーカバーなど)が用意される、とのこと。

9cd0abe3-aston-martin-dbs-59-4

フェラーリも最近発表した「ICONA」シリーズの”SP1/2”において、そのモチーフには1950-1960年代のレーシングカーだとしており、購入者限定にてヴインテージスタイルのレーシングスーツやヘルメットほかアパレルも用意しています。

フェラーリはアストンマーティンとともに古くからモータースポーツに力を入れ、多くの成果を残してきたブランドではありますが、こういった感じで「ヘリテージを活用」する方向に一斉に動いているのは興味深い事実で、これは数多く出てきたスーパースポーツセグメントにおけるライバル(とくに新興メーカーは過去の遺産を持たない)への対抗なのでしょうね。

アストンマーティンDBS 59のインテリアはまさに「特別仕上げ」

DBS59の内装はかなり特別感があるもので、ベースはオブシディアンブラックとなり、そこへチェスナット・タンレザー(もちろんDBR1の内装にインスパイアされている。ドアインナーパネルにはDBR1風のファブリックも)を組み合わせ、ドアインナーパネルやセンターコンソールの一部はレーシンググリーンへとペイント。
ステッチやパドルは「ブロンズ」で、非常に高級感のある仕上がりですね。

なおシートには「59」、そして優勝をイメージしていると思われる「月桂冠っぽい」刺繍入り。

そしてルーフ内張りにはDBR1の勇姿が再現されているようです。

72e39c17-aston-martin-dbs-59-5

なお、DBR1はこういったクルマで、アストンマーティンではもちろん、英国車でもっとも高価なクラシックカーとしても知られます。

クラシック・アストンマーティンの落札記録塗替えか。1956年製DBRが競売に登場予定

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.