>その他イギリス車

【動画】ホンダ・シビック・タイプRのエンジン搭載!走りに関係ないものはなにもない、アリエル・アトム4試乗レポート

投稿日:2018/11/10 更新日:

| 一度は運転してみたいなこのクルマ |

アリエルは「アトム」の最新モデルとなる第四世代を発表していますが、今回はカーフェクションが早速試乗レビューを公開。

見た目は初代からずっと続いてきた伝統的なスタイルですが、第3世代に比較して大きく進化を遂げており、アトムいわく「燃料キャップやペダルも刷新した」とのこと。

エンジンは以前に崩壊されたとおり、ホンダ・シビック・タイプRの2リッター4気筒ターボ。
ただしアリエルはこれを315馬力にチューンしています(現行シビック・タイプRのエンジンではなく、シビック・タイプRユーロ=FN2の245馬力エンジンをターボで加給)。

トランスミッションは6速で、LSDを介して後輪を駆動し、0-100キロ加速は2.8秒、最高速度は261km/h。

アリエル・アトム4の品質は格段に向上

シフトレバーやパーキングブレーキはアルミ製のビレット仕上げ。
簡素なインテリアですが、高いクオリティを持つようですね。

atom4

シートはこんな感じ(クッションなし)。
シートとシートとの間にはシュノーケルがありますが、動画では吸気音がすごいことになっているのことがわかります。

atom5

走行してみると、受ける風は強烈。
しかし楽しさはこのうえない、という感じ。

atom3

ペダルはこんな構造。
当然ですが、このテスターは相当なスキルを持っているようですね。

atom2

運転席から見えるフロントホイール(フロントは16インチ、リアは17インチ)はこんな感じ。
これが上下したり、右に左に曲がる様はなかなかに楽しそうです。
なおサスペンションは標準でビルシュタイン、オプションでオーリンズを用意している、とのこと。
さらにはカーボンホイールもオプションで選択可能だそう。

atom

なお、アトム4ではこれにスーパーチャージャーを組み合わせた315馬力仕様も存在し、さらには3リッターV8エンジン搭載モデル、「アトムV8」(500馬力)も。
こちらのパフォーマンスは0-100キロ加速2.3秒、最高速度322キロ、と「スーパーカー以上の」数値となっています。

それでは動画を見てみよう

こちらが公道ではあるものの、アリエル・アトムを試乗する動画、「NEW 2019 Ariel Atom 4: Road Review」。
けっこうな速度で走っているようで、そしてその身のこなしは機敏そのもの。
動画を見ているだけでこっちもニヤけてくる、「究極のサーキットウエポン」だと言えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他イギリス車
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.