>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

ブガッティ・シロン後継はこうなる?ブガッティの歴史を盛り込んだ「T100」

時代が変われどもブガッティはブガッティ レンダリングアーティスト、Hao Hu氏の考えた未来のブガッティ、「タイプ100」。スペックについての記載はなく詳細は不明ですが、そのアグレッシブなルックスからすると「高級」路線ではなく「ディーヴォ」のようなスポーツ路線に振った車だと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】公道世界最速記録はなんと402km/h!アウトバーンで合法に記録達成した男1350馬力、1247kg、最高速483km/h。世界最速「SSCトゥアタラ」発表へ。パワーウエイトレシオは1以下 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

アストンマーティンが自社で直6エンジン開発中とのウワサ。「メルセデスAMGのエンジンを使用するのは一時しのぎだ」

今後のアストンマーティンは直6とV12でゆく? 英国Autocar報じるところによると、アストンマーティンは現在直6ターボエンジンを開発中、とのこと。現在アストンマーティンが使用するエンジンは自社製のV12ツインターボとメルセデスAMGから供給を受けるV8ツインターボの2種。 そして今回報じられる直6エンジンは、このうちのV8ツインターボに代わるものだとされ、「ハイブリッド+直6」という組み合わせでの使用を想定している、と報じられています。 こちらもオススメ、関連投稿アストンマーティン「ブランドにマッチせ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

もしもメルセデス・ベンツSLRマクラーレンが現代に蘇ったら。「メルセデスSLRヴィジョン」

今回のパートナーはマクラーレンではないだろうけれど メルセデス・ベンツが2004~2009年の間に販売していた「SLRマクラーレン」。SLRマクラーレンは「マクラーレンとメルセデス」とのコレボレーションによって企画・設計・製造された車で、1955年の「300SR」を強く意識したデザインを採用し、AMG製の5.4リッターV8エンジン(スーパーチャージド)を搭載し626馬力を発生。製造はマクラーレンによるもので、構造としては「カーボンモノコック」、つまり現代のマクラーレンが発売しているロードカーと同様の素材を ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連

ポルシェが718ケイマンT、718ボクスターTを発表。軽量スパルタン、0-100km/h加速は4.5秒、パフォーマンスは911の領域へ

エンジン出力は変更なし、外観変更も最小限、ただしパフォーマンスは大幅向上 ポルシェが突如として「718T」シリーズ、すなわち「718ボクスターT」「718ケイマンT」を発表。エンジンは2リッター4気筒ターボ、出力は300馬力となっており、これはベースモデルの「718ケイマン」「718ボクスター」と同一の数字です。 つまり、事前に報じられていた「350馬力以上を発生し、718ケイマンS/ボクスターSの上、718ケイマンGTS/ボクスターGTSの下」に位置するモデルではなく、「911カレラT」のポジション同様 ...

ReadMore

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ●ポルシェ718ケイマン(982) ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系 ■ニュース

スポーツカー/スーパーカーにも楽々積める折り畳み自転車「ストライダ」とは!?

ディーラーにクルマを預けた時の帰りの「足」はこうやって確保している さて、今日はぼくが時おり乗っている自転車「ストライダ(STRIDA)」を紹介したいと思います。これは子供用の「ストライダー」とは全く別のブランドで、もとはイギリスのエンジニア、マーク・サンダース氏が開発した製品。特に同氏は「自転車専門」というわけではなく、この「ストライダ」を単独の自転車ラインアップとしてリリースしています(ダイソン博士が掃除機を発売したような感じ)。 最初に日本に入ってきたのは1989年頃だと記憶していますが、けっこう高 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

仕上げはサテンマット!トヨタがクリスマスに向け、新型A90スープラに採用されたカモフラージュ柄の包装紙を発売

トヨタが「あの」新型スープラの「戦艦モチーフ」カモフラージュシートをクラウドファンディングにて公開 トヨタUKが現在クラウドファンディングにて、「A90スープラのカモフラージュ(偽装)柄の包装紙」の実現に向けて活動開始。見ての通り、「第一次大戦時の戦艦をモチーフにした」あのカモフラージュ柄をそのまま再現し、「A90」の文字も健在です。 このカモフラージュシートについては、「一般公開すること」を前提にしていて、そのため「ちょっとでも格好良いものを」とトヨタが考えてデザインしたものだそうで、実際にグッドウッド ...

ReadMore

>スズキ(SUZUKI)

スズキ・ジムニーのカスタム続々。今回はH&Rが「ローダウン&アーバンカモ」仕様のジムニーシエラを公開

ウインカーもブラックアウトし「モノトーン調」へ さて、世界的な盛り上がりを見せるスズキ・ジムニー。日本では2年待ちとも言われ、欧州においても(日本以外ではジムニー”シエラ”のみの展開)やはり納車までに2年は待たねばならないと言われるほど。 そういった状況を鑑みてか、これまでジムニーのカスタムに手をつけなかったような会社もここへ参入しており、先日はアストンマーティンなど高級車のカスタム/チューンで知られるカーン・デザインもジムニーのカスタムパーツを発表したのは記憶に新しいところです。 スズキ・ジムニーのカス ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やはりBMW 8シリーズは大人気!またまた納車がはじまっていないのにチューナーが「621馬力チューン」を公開

マンハートは「マンハートらしい」ブラックとゴールドで攻めてきた まだ納車が開始されていないにも関わらずチューナー各社がチューニングメニューを発表しているという異例のニューモデル、「BMW 8シリーズ」。エンジンやトランスミッション含むドライブトレーンが既存モデルと共通ということからチューン/カスタムの予測を行いやすいためだとも思われますが、やはりその人気の高さがこれらチューナーを動かしている、と言えそう。 BMW 8シリーズはBMWにとって久々のラグジュアリークーペであり「ビッグネームの復活」。メルセデス ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」が6輪化!外装フルカーボン、ブレーキはカーボンセラミック

内装チューナーがトラック専門ブランドを立ち上げ。メルセデス・ベンツXクラスをハードにカスタム 内装スペシャリスト、「カーレックス」が新たにトラックにフォーカスしたチューニングブランド「ピックアップデザイン」を立ち上げ。そして今回その第一弾としてメルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」のカスタムを公開しています。 ただしその内容は「ただのXクラスのカスタム」ではなく、なんとメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6ばりに「6輪化」。たしかに以前カーレックスはXクラスのカスタムカーを公開していたも ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】1000万円チョイで格安のマクラーレン12Cを購入した男。トラブルを乗り越えて幸せになれるか?

| トラブルを承知で格安マクラーレンを購入したユーチューバー。果たしてどうなる? | ユーチューバー、Tyler Hoover氏が格安のマクラーレンMP4-12Cを購入。 MP4-12Cはマクラーレンの市販車部門、マクラーレン・オートモーティブ初の量産ロードカーで2011年に発表されています。 発表時は「MP4-12C」という名称で、その後スパイダー版が2012年に登場した際に「12C」へと改名。 そして650S登場にあわせて生産の一時休止が発表され、そしてそのまま「二度と戻らぬ人」となっています。 なお ...

ReadMore



■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ロレックスの弟分、「チュードル」が「チューダー」と名称を改めて日本で正規販売開始!

更新日:

| ロレックスのディフュージョンブランド、「TUDOR/チューダー」が正規販売開始 |

ついに日本でもロレックスのサブブランド、「TODOR」が上陸。※公式ウエブサイトはこちら
1970年代までは正規輸入があったそうですが1980年代になって日本ロレックスの設立とともに正規輸入が途絶え、その後は現在に至るまで並行輸入が日本に入ってくるのみ。

そして今回の「再」上陸にあたって呼び方を「チュードル」から「チューダー」へと統一する、としています。








チューダーはもはや「ロレックスの廉価版」ではない

なお、チューダーはロレックスのディフュージョンブランド的扱いで、多くのパーツをロレックスと共有していたことが特徴。

しかしながら各部をコストダウンして「求めやすい」価格となっていて、1990年代だと「ロレックス・デイトナ」に対して「チュードル・クロノタイム」が1/3くらいの価格で販売されていたり、「サブマリーナ」のチュードル版があったり、といった感じ。

↓現在のアンバサダーの一人はデビッド・ベッカム。「DAVID BECKHAMコレクション」もある

tudor2

当時はデザイン的にもロレックスと良く似ており、完全にロレックス廉価版というイメージであったものの、その後独自デザインを採用するに至り、ロレックスにはない「布ベルト」や「ブラックケース」を展開したり、それまではロレックスから頂戴した「王冠マーク」のリューズだったものが最近では「チュードル専用(チューダーローズ)」、時針もロレックスの「ベンツ針」だったものが現在では独自デザインに。

さらにレーシングカー風のストライプが文字盤とストラップとに入ったモデルも過去にリリースされていて、ロレックスに比較するとかなり「カジュアル」かつ「スポーティー」だと言えますね。

↓レディ・ガガもアンバサダーのひとり

tudor3

なお「TUDOR」は英国にて15~16正規の絶対王政を確立した「チューダー朝」の名にちなんでおり、今回日本での展開にあたっても「チューダー」という呼称を正式採用した、とのこと。

チューダーでは「ブラックベイ」がオススメだ

現在のチューダーのラインアップはこんな感じ。
やはりロレックスとの共通性を色濃く感じさせますが、メインとなるのは「ブラックベイ(BLACK BAY)」シリーズです。

ロレックスGMTマスターⅡっぽいモデル(ブラックベイGMT)や、エクスプローラーⅡっぽいモデル(ブラックベイ・スティール)もありますね。

tudor6

そしてサブマリーナっぽいモデル(PELAGOS LHD)やエアキングっぽいモデル(ブラックベイ41)も。

tudor5

なお、クロノグラフの「チューダーBLACK BAY CHRONO」だと502,200円から。

tudor

ロレックスには存在しない、ブラックのPVD加工ケースを持つ「チューダーBLACK BAY DARK」は437,400円から。

tudor9

もっともシンプルな「チューダーBLACK BAY 41」は280,800円から。
ロレックス・エアキングの価格が高騰した今、かなりスマートな選択だと言えそうです。

tudor10

そしてこれもロレックスにはない、ステンレス素材のゴールド仕上げケースにブロンズベゼルという組み合わせの「チューダーBLACK BAY BRONZE」は421,200円。

tudor11



ちなみにブラック・ベイ・シリーズは「オーダーメイド」も可能で、ケースやムーブメント、ダイアル、ベゼル、針、ベルトなどを選択し、「自分だけの一本」を作ることができます。

tudor13

現在販売店は以下の5店舗となり、順次拡大の予定だそうです。
現在腕時計としてのチューダーの知名度や人気はいまひとつですが(バブル期はそれなりに知られていて、ぼくも3本購入した)、今回の正規販売開始にあわせて人気が再燃するかもしれませんね。

・伊勢丹新宿店
・大丸東京店
・タカシマヤ ウォッチメゾン
・松坂屋名古屋店POP-UP SHOP
・阪急うめだ本店

VIA:Tudor

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.