>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

燃費はリッターあたり750”メートル”!それでも普通にランボルギーニLM002を乗っている人がこんなにいた

投稿日:

| 意外とランボルギーニLM002を普通に乗っているツワモノが多かった |

オーストリアはウィーンにてランボルギーニLM002が目撃。
雰囲気からするにイベント等に参加しているわけではなく、日常的にこれを乗っているように思えます。

ランボルギーニLM002の歴史は1977年の「チーター」まで遡ることができますが、これはアメリカの政府関連機関、MTI(Mobility Technology International)から軍用車としての開発依頼を受けたのがはじまり。
ただし他競合に破れて正式採用とはならず(HAMVEEにその座を奪われたと言われる)、ランボルギーニはこのチーター(LM001)開発にかけた費用の「モト」をとるべく市販モデルへと転用し、そこで1986年に発売されたのが「LM002」。※LM=Lamborghini Militalyの意味で、名称からもルーツが伺える

LM002のエンジンは「カウンタック」と同じ

開発プロトタイプの「LM001」だとエンジンはV8エンジンを横置きミドシップ(エンジン型式は違えど1966-1973年に生産されたミウラと同じレイアウト)で、しかしこれは「操縦性に難があった」とのことでエンジンがフロントへと移動されLM002が完成したということになりますが、エンジン自体はカウンタック・クワトロバルボーレに積まれていた5.2リッターV12で、文字通りの「スーパーオフローダー」。

これは世界初の「ラグジュアリーSUV」だと言ってよく、ウルスはこの直系の子孫ということになります(よってランボルギーニがSUVを発売する、というのはある意味で”回帰”でもある)。

lamborghini-urus (6)

なお、この個体はフロントにアディショナルランプを装着し、ボンネットのパワーバルジにファイティングブルと「Lamborghini」エンブレムを装着。

ちなみにタイヤは驚愕の「325」幅で、入手困難なうえ、非常に高価であると言われますね。

lamborghini-urus (5)

リアにもファイティングブルとランボルギーニ・エンブレム。

lamborghini-urus (4)

後ろにいるのはイカツいロールスロイス・ドーンですが「全然負けてない」威圧感がありますね。

lamborghini-urus (3)

ちなみに燃費は「リッター750メートルくらい」とされ、すぐにガス欠になるため、230リッターという大きなガソリンタンク(市販車最大)がオプションで用意されていた、とのこと。

他にもいる、ランボルギーニLM002を日常のアシとして乗る人達

こちらはロンドンで目撃されたLM002。
リアとフロントフェンダーにはランボルギーニ・クレスト(エンブレム)とLamborghini文字(レッド)。
インテリアもレッドですね。

lamborghini-urus (1)

こちらは南アフリカ。
犯罪防止?のためかリアウインドウにはメッシュが被せられています。

lamborghini-urus (8)

こちらはオランダにて目撃されたレッドのLM002。
こんなにLM002を乗っている人がいる、というのは驚き以外のなにものでもありません。

lamborghini-urus (7)

VIA:Autogespot

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.