>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後が続かずに」反動で落ち込むブランドも

投稿日:

| 2018年11月の輸入車販売は平常通り |

さて、2018年11月の国内に置ける輸入車登録(販売)状況。
これまでと比べて大きな変化はなく、フォルクスワーゲンがいつもどおり2位に返り咲いています。
なお、このところずっと伸ばしているボルボは1,639台を登録し、その上のアウディは1,728台という数字で、ボルボは上昇トレンド、アウディは下降トレンドということを考えると、じき「逆転」が起こりそう。

そうなると、長らく輸入車業界の成長に貢献してきたアウディがまさかの「トップ5から脱落」ということになり、これはこれで一大事ですね。

2018年10月の輸入車登録。上位が大きく変動し、なんとBMWがVWを抜いて2位に、ミニがアウディを抜いて4位に浮上

やはり新車投入は重要

なお、しばらく成長してきたアルファロメオは10月では前年比53%の大幅減。
おそらくは「ジュリア効果」の反動だと思われ、継続してヒット商品を出すことの重要性も分かります。

そしてずっと低調だった「DS」が119.3%と成長に転じているものの、これはDS3クロスバック、DS7クロスバイクのおかげだと思われるものの、これの需要が一巡するとまた「低空飛行」となる可能性もありそう。
これを防ぐには定期的にニューモデルを投入する、限定モデルや特別仕様車を発売して話題を継続させるしか無いのだと考えていますが、ボルボの成功は「定期的にニューモデルを投入」というところにに秘訣がありそう。

逆にミニやアウディはいまひとつ新型車の発売が少なく、ちょっと話題性に乏しいのかもしれません(アウディの場合、新型車の投入はあれども量販向けの価格帯ではない)。

とにかく競争の厳しい世の中なので、自動車業界においては、他社製品と明確に区別できる差別化戦略を前提とした上で、話題を継続させることができる長期的展開を考えてゆくことが必要なのかもしれませんね。

  1. メルセデス・ベンツ 5,450台 前年比100.7%
  2. フォルクスワーゲン 4,380台 前年比103.4%
  3. BMW 4,353台 前年比94.0%
  4. ミニ 2,173台 前年比94.1%
  5. アウディ 1,728台 前年比72.3%
  6. ボルボ 1,639台 前年比134.5%
  7. ジープ 985台 前年比124.2%
  8. プジョー 784台 前年比103.4%
  9. ルノー 580台 前年比110.4%
  10. ポルシェ 549台 前年比84.5%
  11. フィアット 490台 前年比94.4%
  12. ランドローバー 366台 前年比126.2%
  13. スマート 255台 前年比98.1%
  14. ジャガー 252台 前年比173.8%
  15. シトロエン 240台 前年比71.6%
  16. アルファロメオ 179台 前年比53.8%
  17. アバルト 145台 前年比102.1%
  18. マセラティ 119台 前年比60.7%
  19. シボレー 72台 前年比45%
  20. ベントレー 68台 前年比178.9%
  21. DS 68台 前年比119.3%
  22. フェラーリ 61台 前年比113%
  23. キャデラック 52台 前年比98.1%
  24. ランボルギーニ 38台 前年比115.2%
  25. ダッジ 34台 前年比121.4%
  26. ロールスロイス 25台 前年比147.1%
  27. アルピナ  23台 前年比143.8%
  28. マクラーレン 15台 前年比125%
  29. アストンマーティン 14台 前年比56%
  30. ロータス 7台 前年比58.3%
  31. ブガッティ -台 前年比%
  32. ヒュンダイ -台 前年比%

輸入車販売合計 25,135台 前年比97.9%

参照:JAIA日本自動車輸入組合

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アウディ(Audi), >アストンマーティン(Astonmartin), >シボレー(CHEVROLET), >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >シトロエン/DS(CITROEN/DS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ジャガー(Jaguar), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >フェラーリ(Ferrari), >ベントレー(Bentley), >スマート(SMART), >マクラーレン(McLaren), >マセラティ(Maserati), >プジョー(PEUGEOT), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ミニ(MINI), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロータス(Lotus), >その他ポルシェ関連/ニュース, >ロールスロイス(Rolls-Royce), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.