>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが新しく570Sの限定モデルを発表。輝かしいモータースポーツの歴史を反映し、6台のみが製造

投稿日:

マクラーレン創業者の誕生からレース黎明期、1995年のル・マン制覇まで

マクラーレンが570Sと570Sスパイダーをカスタムした新限定モデル「レーシング・スルー・ジ・エイジス(Racing Through the Ages)を発表。
これはマクラーレン・ビバリーヒルズがマクラーレンのカスタム部門「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)にオーダーして特別仕様へと仕立てあげたもの。

ボディカラーは3色で、「ムリワイ」「パパイヤスパーク」「サルトグレー」の三色で、いずれもマクラーレンのレーシングヒストリーに基づいたものだとされています。

レーシング・スルー・ジ・エイジスは限定6台、それぞれのカラーには意味がある

なお、限定台数は6台のみ。
上記3色がそれぞれ「570S」「570Sスパイダー」に採用され、都合6台という計算ですが、これまでの限定モデルに劣らぬ魅力を放っているように思います。

外観上の特徴は「リアウイング」「GT4レーシングストライプ」。
さらにMSOによるブラックパック(外装パーツのあちこちがピアノブラックになる)、同じくブラックの10スポーク・スーパーライト鍛造ホイール、チタン製スーパースポーツ・エキゾーストシステム(通常オプションのスポーツエキゾーストシステムより軽く、音が大きい)が与えられること。

mclaren-570 (2)

ムリワイ・ホワイトはブルース・マクラーレン出身地をイメージ

こちらは「ムリワイ・ホワイト」。
マクラーレン創始者、ブルース・マクラーレン生誕の地である、ニュージランドはムリワイ・ビーチをイメージしたカラーです。
彼はこの地にて、わずか15歳からレースを始めた、と伝えられています。

過去にはこのカラーをイメージしたワンオフのマクラーレン570Sも製造されていますね(ブルース・マクラーレンの娘がカラー選定に関わっている)。

マクラーレンがMSOでカスタムした570Sを公開。創業者の生家をイメージしたボディカラー

mclaren-570 (5)

そしてリアウイング翼端には「スピーディー・キーウィ」。
キーウィはブルース・マクラーレン出身国であるニュージーランドの国鳥でもあり、好んで彼が用いていたモチーフ。

かつてアイルトン・セナが(マクラーレン時代の)自身のF1マシンにキーウィのマークを入れていたこともありますし、現代でも生粋のマクラーレンファンはこのマークを車体に入れることがあるようです。

mclaren-570 (6)

「オレンジ」はマクラーレンの60-70年代を象徴するカラー

こちらは「パパイヤ・スパーク」。
つまりは「オレンジ」ですが、このオレンジはマクラーレンのカンパニーカラーでもあり、最近はこのオレンジを積極的に活用する様子も見られます。

マクラーレンの企業カラーは実はオレンジ。もうオレンジがレースで復活することはない?

mclaren-570 (8)

なお、マクラーレンの「オレンジ」については、パパイヤオレンジ、タロッコオレンジ、ボルケーノ・オレンジといった具合に複数が存在。
実際にカーコンフィギュレーターを見ても、フェラーリにとっての「レッド」がそうであるように、マクラーレンにおけるオレンジは「最大勢力」のようですね。

mclaren-570 (1)

「サルト・グレー」はル・マンの覇者をイメージ

そしてこちらは1995年のル・マン24時間レースにて、マクラーレンF1 GTRがレースを制覇したときのカラーをイメージした「サルト・グレー(サルトとはル・マンが開催される地名)」。

mclaren-570 (4)

そしてウイング翼端には、ル・マン覇者をあらわす「24HEURES DU MANS WINNER 1995」の文字。

mclaren-570 (3)

マクラーレン570S「レーシング・スルー・ジ・エイジス」のインテリアはこうなっている

570Sレーシング・スルー・ジ・エイジスインテリアでは、外装に用いられるストライプがシートに再現され、ヘッドレストには「MSO」ステッチ。

mclaren-570 (10)

ステアリングホイールそのものはアルカンターラ巻きですが、センター部分にはスムースレザーによるオレンジのセンターマークが設けられ、マクラーレンの歴史に対する敬意が払われている模様。

mclaren-570 (7)

こういった限定シリーズは、マクラーレンの本社が企画し発売することもあれば、世界各国のディーラー(これまでだとロンドン、アメリカ西海岸、カナダ)がマクラーレンに直接発注するケースがあるようで、個人によるカスタムの参考になっているものと思われます。

mclaren-570 (9)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.