>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型メルセデス・ベンツSLの試作車?Eクラスを短縮してオーバーフェンダーを装着した奇妙なクルマが目撃に

後部座席には大きく太いロールバー なんとも奇妙なメルセデス・ベンツが目撃に。画像を見て分かる通り「ホイールベースが極端に短い4ドア」となっていますが、これはおそらく次期SLのプロトタイプではないか、と見られています。なお撮影場所はメルセデス・ベンツ本社もしくは関連施設のようで、柵には「AMG」と記されたプレートがあり、この出入り口はAMG専用なのかもしれませんね(次期SLはAMGによる開発だと言われている)。

ReadMore

>ポルシェ911関連

またコイツらか。ポルシェ911をフロントエンジン化し、「もしも」系レンダリングを実現させる驚愕のプロジェクトが始動

ダッジのV8エンジンをフロントに収め、「現実にありえない」911を現実に これまで何度かその魔改造っぷりを紹介してきたフランスのDanton Arts Kustomsですが、今回は997世代のポルシェ911に対し、ダッジのV8エンジンを「フロントに」搭載するプロジェクトを進行中。その様子は彼らのインスタグラムにて公開されていて、とにかくその常識はずれっぷりには驚かされるばかり。 こちらもオススメ、関連投稿モナコから凄いポルシェ911のカスタム。フロントにV8エンジンを搭載したホットロッド風またすごいの来た ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

【動画】これまででもっとも偽装の少ないポルシェ・タイカン目撃に!リアにはなんとメルセデス・ベンツのエンブレムを貼り付け”ベンツ風”に見せかける

ヘッドライトの形状は「ミッションE」にかなり近い。それにしてもポルシェが他メーカーのクルマ風に見せかけるとは これまででもっともカモフラージュの薄いポルシェ・タイカンが目撃に。わずか数秒の動画ではあるものの、ヘッドライト周辺、そしてテールランプ周辺にしか偽装がなく、そしてもっとも驚かされるのは「メルセデス・ベンツのエンブレムを装着していること」。なお、ポルシェとメルセデス・ベンツは本社が近いという問うことで昔からつながりが強く、かつては「メルセデス・ベンツ500E(E500)」の開発や製造をポルシェが請け ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期メルセデス・ベンツSLはAMG GT後継モデルと共同開発にて確定。AMG「今年にはそのプロトタイプを目にすることになるだろう」

現行SLよりもスポーティーに、しかし快適さを失わずに2+2レイアウトもキープ 新型メルセデス・ベンツSLについては様々なウワサがありますが、直近でメルセデスAMGのボス、トビアス・メアース氏が英国Autocarに語ったところだと、「次期メルセデス・ベンツはAMGが責任を持って開発を行っている。次期AMG GTと多くを共有することになるだろう」とのこと。なお、メルセデス・ベンツとAMGとの境界は徐々に曖昧になっていて、新型メルセデス・ベンツGクラスのフロントサスペンションはAMGによる設計であり、新型メルセ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■ニュース

新型アウディTT/TTS国内発表!装備が大幅充実しながらも価格は8~23万円アップ

上位モデルの装備が下位グレードに落とし込まれ、どのグレードもお買い得に アウディジャパンが「新型TT」を発表。今回の「新型」とはフェイスリフト(マイナーチェンジ)を指しますが、「え?この前フルモデルチェンジしたのにもうマイチェン?」という印象もありますよね。これには現行となる8S世代のTTが日本へと導入されるのが(本国に比べて)遅く、そのために「つい最近発売されたばかり」だと感じてしまうためでもありますが、フェイスリフトモデルについては思いのほか早く導入されたな、とも思います。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】普段雨の降らないクウェートにて、フェラーリ・モンツァSP1の試乗中にまさかの土砂降り。ウインドウ、ルーフの無いSP1では為す術のない状態に

さすがにクウェートでの雨は誰にも予想できない フェラーリは新シリーズ「ICONA」を立ち上げ、コレクター向けに”過去のヘリテージとテクノロジーとを融合させた”少量生産モデルの販売を開始しており、その第一弾がモンツァSP1とSP2。これらはフェラーリ812スーパーファストをベースとし、基本的には同じ構造を持つものの、異なるのは「SP1は一人乗り」、「SP2は二人乗り」。 【動画】フェラーリが超限定モデル「モンツァSP1/SP2」のプロモ動画を公開。選べるならばSP1を希望 こちらもオススメ、関連投稿この内容 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■駄文(日々考えること)

なぜプリウスは暴走傾向が強くネットで叩かれる?その理由を考えてみよう

プリウスはいいクルマだが、そのドライバーの評判はよろしくない トヨタ・プリウスによる暴走事故が発生し、犠牲者が出てしまったことが世間を賑わせていますが、ネット上で問題となっているのが「そのクルマがプリウス」ということ。プリウスはかねてより「プリウスミサイル」と呼ばれるほど暴走かつ危険な行為が多いことでも知られます。一部ではプリウスそのものが事故の遠因ではないかと見られているようですが、トヨタの株価は事故前日の終値である6,982円から、事故当日の終値6,977円という「小幅下落」となっており、投資家心理と ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

謎のホンダ・シビック・タイプR試作車が複数でニュルを周回中。マイナーチェンジモデル、そしてカーボンルーフ装着のハードコア版か?

基本的な形状は変更されていないように見えるが ホンダが二台のシビック・タイプRをニュルブルクリンクに持ち込んでテスト中。その「二台」とはイエローの個体とホワイトの個体で、見たところ各部の形状自体は両者とも同じに見えるものの、偽装している部分に相違があるようです。ここでその内容を見てみましょう。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ”ヴォランテ”登場。「究極のオープンGTカー体験を約束する」

現時点で手に入る、もっとも優美なオープンスポーツ アストンマーティンがそのフラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」にオープンモデル、すなわち「DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ」を追加し発表。※アストンマーティンはオープンモデルのことを”ヴォランテ”と呼ぶアストンマーティンは美しいクルマをつくることで知られますが、このDBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテは現在入手しうるオープンカーの中でもっとも優美なもののひとつだと思います。 アストンマーティン史上最強モデル、DBSスーパーレッジェーラ見参。カ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ランドローバー・ディフェンダーは「発表まで6ヶ月」。ここまで厳重に秘密が守られるニューモデルも珍しい

レトロなのかフューチャーなのか、それともレトロフューチャーなのか チョコチョコとティーザー画像が小出しにされる新型ランドローバー・ディフェンダー。今回CarAdviceがジャガー・ランドローバーのコミュニケーション部門(最近はこういった名称の部署が多い)のボス、ティム・クリーガー氏とのインタビューから得た情報だと、新型ディフェンダーは「6ヶ月以内に」発表される、とのこと。

ReadMore



■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継は2020年発表?もちろんPHEV化、EVモードでは最大50km走行可能か

投稿日:2018/12/28 更新日:

自然吸気V12継続、フロントをモーターで駆動する4WD

英国Autocarによると、2020年にはアヴェンタドールの後継モデルが登場する、とのこと。
ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデル(ランボルギーニは1つの世代に1つの名称を個別に与えるので、アヴェンタドール後継はまた別の名前になる)についてV12自然吸気エンジンを維持すること、そしてハイブリッド化するということを発表済み。

アヴェンタドール後継モデルは「現行より重量は重くなる」

加えてAutocarはランボルギーニの研究開発部門のボス、マウリッツォ・レッジャーニ氏のインタビューも紹介しており、これによると「エレクトリックモーターのみのでの走行距離は20キロかもしれないし、30キロかもしれないし、中国では50キロが要求される」とのこと。

つまり現時点では仕様が明確に決まっているわけではないということになりますが、構造としてV12エンジンはアヴェントダール同様にミドシップマウントされるものの、これは後輪のみを駆動し、ハイブリッドシステムは前輪を駆動することになるだろう、とも述べています。

lamborghini aventador

現在のアヴェンタドールも4WDですが、これはミドシップマウントされたエンジンに直結されたトランスミッションからプロペラシャフト経由で前輪へと駆動力を供給しており、しかし「後輪はガソリンエンジン、前輪はモーター」で駆動するとなるとプロペラシャフト含む4WD用ドライブトレーンが不要になるので、構造としては現行アヴェンタドールより簡単に(制御は複雑になりますが)。

ただしこのエレクトリックシステムの重量は200キロ程度になると見られ、よって「いかにプロペラシャフトなどがなくなろうとも、重量はアヴェンタドールようりも重くなるだろう」とも。

未だアヴェンタドール後継モデルのスペックは不明

なおランボルギーニはすでにハイブリッドカーとして「LB48H」を63台限定、約2億8000万円にて発売していますが(もちろん完売)、これに採用されるハイブリッドシステムがアヴェンタドール後継と同じかどうかは不明(LB48Hのシステムそのものも不明なので判断ができない)。

ただ、ぼくが思うのは「アヴェンタドール後継モデルを2020年に、ハイブリッド搭載で発売するのは無理なんじゃないか」ということ。
技術的には918スパイダーのシステムを採用すれば可能ではありますが、そうなると価格が「高価になりすぎ」るのは想像に難くなく、となるともっと簡素化したハイブリッドシステムを使用することが必要に。

ポルシェの技術を使用するにしても2020年だと「まだ未熟」

となると同じグループに属するポルシェが「992世代の後期モデルで投入してくるであろうハイブリッドシステムを使用する」ことが有力な選択肢ではあるものの、これの登場はおそらく2024年あたり。
ポルシェ自身、その頃にならないとバッテリー技術が要求するレベルに追いつかないとしているほどで、その「不十分な」バッテリーを使用してランボルギーニがフラッグシップたるV12モデルを発売するとはちょっと考えにくい、と思うわけですね。

そう考えると、もしランボルギーニがアヴェンタドール後継を2020年に発売するのであれば、それはまずハイブリッドではないかもしれませんし(その場合はフェイスリフトでハイブリッド追加か)、最初からハイブリッドを投入するのであれば「まずは既存のバッテリー」を使用し、フェイスリフトでより密度の高いバッテリーを装備してくるのかも。

ただし後者の場合だと「のちに性能が大きく向上することは目に見えている」ため、アヴェンタドール後継モデルの「前期型」はあまり人気が出ないかもしれず、このあたりはランボルギーニ自身も、どういったタイムテーブルでニューモデルを発売してゆくのか、また新技術を取り入れてゆくのかについて頭を悩ませているのかもしれません。

VIA: Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.