■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】今まで間違えてた!正しい(オイル交換時における)オイルの注ぎ方を見てみよう

投稿日:

オイルをエンジンルームにこぼすと最悪「炎上」することに

FCR Euroが「オイル交換時における、正しいオイルの注ぎ方」を動画で解説。
これによると、(上の画像のように)オイルのボトルの出っ張った方を上にして注ぐのが正しい方法で、この出っ張りを下にするのは間違っている、とのこと。

なお、ぼくはこれまで多くのクルマのオイル交換を自分で行ってきましたが、その際には動画の「間違った方法」をずっとやってしまっていて、これからは「正しい方法で」オイルを注入しようと思います。

正しいオイルの注ぎ方はこうだ

なお、今回動画で推奨している正しいオイルの注ぎ方はこう。
つまり、ボトルの口が「上」に来るようにするということで、しかし今までぼくはずっと「下」にしていたわけですね(そのほうがオイルが出やすいと思って・・・)。

maxresdefault_edited-1

その理由としては、ボトルの口を「下」にするとボトル上部に多くのエアが入ることになり、これがオイルを注ぐ時に「ドップンドップン」と波打つように出てくる(英語では”Glug”と言うらしい!知らなかった)原因となり、これによって思わずオイルをぶちまけたりすることに繋がる、ということですね(しかしボトルの口を上にすると、ボトル内のエアが入るスペースを最小限にすることができる)。

オイルだけは絶対エンジンにかけてはならない

なお、オイルをエンジンルーム内にぶちまけたりすると大変なことになり、とくにエキゾーストパイプにかかったりすると「炎上」の理由となるのでさあ大変。

最近の車はエンジンルーム内が「ぎっしり」詰まっていて、オイル注入口からちょっとオイルが漏れた際に拭き取りたくても「奥まで手が入らず」、そうこうしているうちにオイルはどんどん垂れていってしまう(そうなるともう拭き取ることはできない)、ということになりかねません。

よって、そういった感じでオイルをこぼしてしまうのが心配な場合は「じょうご」を使ったり「ピッチャー」を使ったり、オイル注入口の周りにウエスを巻いたりすると良いかと思います(ぼくはピッチャーを使うようにしている)。

なお、こういった「缶」の場合でも注ぎ口を「上」にしてオイルを注入する必要がある、ということですね(普通の人は4リッター缶だとピッチャーを使うとは思いますが)。

41Oj+Be587L

そしてこういった形状のボトルだと注入口を上にするのは難しいと思うものの、おそらくこのケッタイな形状は「ドップンドップンなりにくい」ように配慮されたものだと思われます。

41Mzd5Nt42L._SY355_

VIA:FCR Euro

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.