>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】「メン・イン・ブラック:インターナショナル」にレクサス登場!RC Fがエージェントの相棒として過激な加速を披露

「ブラック・パンサー」とのタイアップで味をしめたようだ 映画「メン・イン・ブラック」新シリーズ、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」が6月14日に封切られますが、そのオフィシャルトレーラー(予告編)第二弾が公開に。これを見るとレクサスRCとレクサスLXが劇中車として登場し、MIBエージェントとともに活躍する様子が描かれています。 なお主演はクリス・ヘムズワース(エージェントH)とテッサ・トンプソン(エージェントM)。※テッサ・トンプソンは「マイティ・ソー バトルロイヤル」のヴァルキリー役がイケてた ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スウェーデンの自動車メーカー >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニの限定車関連

【動画】やはりロンドンはスーパーカー天国!限定「数台」レベルの希少車も大量に走っているその様子を見てみよう

フェラーリ、ランボルギーニだと「そんなに珍しくない」ように思えてくる とにかくロンドンはスーパーカーが多いことで知られますが、今回はロンドンで見かけたスーパーカーたちを集めたコンピレーション動画が公開に。なお、この動画は2019年1月〜4月の間に路上で目撃されたクルマを集めたものだそう。ちなみにロンドンにスーパーカーが多いのは「中東のオーナーがクルマを持ち込む」ほか、やはり中東の人々がロンドンに居を構え、ロンドンでスーパーカーを登録することが多いからだと言われていますね。 こちらもオススメ、関連投稿意外と ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWアブダビが「世界初」X7のカスタムを公開!内外装はホワイト、王族気分が味わえる仕様に

こうやって見ると、巨大なキドニーグリルも悪くない(たぶん) BMWアブダビが「世界初」BMW X7のカスタムを披露。現在のところX7が出回っているのは広報車程度だと聞きますが、この時点でX7をカスタムして展示できるというのは「BMWアブダビならでは」。内外装のカラーについては公表されていないものの、ボディカラー、インテリアカラーともにホワイト(オプションでレーザーヘッドライトが装着されている)。まさに中東の王族のクルマ、といったイメージですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機 ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について

4月26日は映画「エイリアンの日」!劇中に登場したリーボックのスニーカーが「エイリアン ファイター ビショップ」として限定発売

リーボックは以前にも「エイリアン」とのコラボモデルを発表している リーボックが限定スニーカー「エイリアン ファイター ビショップ [ALIEN FIGHTER BISHOPS]」を発売。これは文字通り映画「エイリアン2」劇中にてアンドロイドのビショップが履いていたもので、すでに限定発売されたエイリアンスタンパーに続く「エイリアンシリーズ」と言えそうですね。 なお、発売は「エイリアンの宇宙船を発見した惑星”LV-426”」にちなんで4月26日、価格は17,286円(もう売り切れてるけど)。 リーボックがエイ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >ジャガー(Jaguar)

アストンマーティンが「8.8億円の限定モデル」DB4 GTザガートの生産を開始した、と発表。ボディパネルは職人が「叩いて形を出す」ために数百時間が必要

8.8億は高いように思えるが、当事のDB4 GTザガートは13億円ほどの価値がある アストンマーティンはザガートとの協業60周年を記念して「DBS GT Zagato(DBS GTザガート)」と「DB4 GT Zagato Continuation(DB4 GTザガート・コンティニュエーション)」とをセットにした”DBZセンテナリー・コレクション”を19台セットにて発売しますが、そのDB4 GT Zagatoの製造を開始した、と発表。 その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションの ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

【動画】作ったのは世界に14人しかいない”公式”レゴ職人!灯火類が点灯可能な「実物大ホンダ・シビック・タイプR」が公開に

一番苦労したのはワイパーとリアウイング 多くの自動車メーカーがレゴとのタイアップにて「実物大」のクルマを(レゴにて)製作していますが、今回はホンダがシビック・タイプRを公開。これまで「実物大」レゴだと、ポルシェ911、マクラーレン720S、フォード・マスタング、ブガッティ・ヴェイロン等があり、最近の傾向からするに「灯火類が点灯する」。マクラーレンは「レゴ史上、もっとも精巧な」クルマとしてマクラーレン720Sを公開していますが、こちらもやはり実際に各部が点灯するものでしたね。 マクラーレンがレゴにて「実物大 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity)

過去最高レベルに魔改造な日産R35 GT-R登場!ヒルクライム競技に参加のためダウンフォースを追求したらこうなった!

しかも意外とカッコイイ フランコ・スクリバンテ・レーシング(Franco Scribante Racing)が日産R35 GT-Rのヒルクライム・レーシングカーを公開。ヒルクライムというと「パイクスピーク」が有名ですが、今回このGT-Rが参戦するのは南アフリカで開催される”ジャガー・シモーラ・ヒルクライム(Jaguar Simola Hillclimb)”。画像を見ると、GT-Rのフロントには上下二段に巨大なウイングが取り付けられ、一見してどちらが前なのか後ろなのかわからない状態ですね。 こちらもオススメ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

【競売】フェラーリ360モデナ「MT」が出品予定。外装シルバー、内装ネイビー、走行4.5万キロで予想落札価格は1000万円

この「1000万円」はおそらく安すぎる。もっと価格が上がってもいいはずだ 現在マニュアル・トランスミッションを搭載するスーパーカーは絶滅の危機にあり、すでにフェラーリとランボルギーニはマニュアル・トランスミッションの生産を終了させ、マクラーレンは最初からマニュアル・トランスミッションを考慮に入れない設計を持っています。アストンマーティンはMTの継続について意欲を示しているものの、実際のところは「需要がなく」、結局ヴァンテージについてはMTが用意されないまま。 ミドシップ化される新型コルベットにおいても「M ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI)

あの過激限定モデル、ミニJCW GPのインテリアが激写!メーターは専用のレーシングタイプに?

外装ほど変更は大きくないものの、これまでのGPに比べると特別感がありそうだ ミニは近いうちに3ドアハッチバックのハードコアモデル「ミニクーパーJCW(ジョンクーパーワークス)GP)」を発表すると見られますが、今回はそのJCW GPのインテリアがスパイフォトとして流出。これまで何度かその外装についてスパイフォトが登場しているものの、内装については今回が「初」だと思われます。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ブガッティ(BUGATTI) >日産/インフィニティ(Infinity) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】日産R35 GT-Rのオープンモデルがエキゾチックカーディーラーにて販売中?いったいどういうこと?

一瞬レプリカ?とも思ったが インスタグラムユーザー、2cns氏が日産GT-Rの「オープン」を動画にて投稿。もちろん日産はワンオフであってもGT-Rのオープンモデルを作ったことはなく、このクルマはいったい??と思っていたわけですが、どうやらこれはCGのようですね。ただし投稿を見ると完全に「実車」に見え、CGというよりもなにか本物のクルマをGT-Rのオープン風に改造したレプリカなんじゃないかと思えるほどです。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もしも」系レ ...

ReadMore



>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールは2011年の登場以降、これだけの限定モデル/バリエーションをリリースした!どういったものがあるのかを見てみよう

投稿日:2019/01/03 更新日:

一年に1台以上のペースで限定モデルやバリエーションが増加していた

さて、「ランボルギーニ・アヴェンタドール登場の2011年から2019年まで」という動画公開に。

動画では限定モデル含むアヴェンタドールそれぞれの解説が行われており、当時のプロモーションビデオ、発表の様子なども収録されていますが、ここでぼくもアヴェンタドールについてその「歴史」をまとめてみたいと思います。

「アヴェンタドール」は2011年登場

ランボルギーニ・アヴェンタドールは「ムルシエラゴ」の後継モデルとして2011年に登場。

”アヴェンタドール”という単語はスペイン語で「ふいご(火を起こす時に使うポンプみたいやなやつ)」の意味ですが、ランボルギーニ・アヴェンタドールの場合は「ふいご」ではなく、ランボルギーニの伝統に則って闘牛の名から取られており、これは1993年年に活躍した勇猛果敢な牛の名から。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(2011)

まずはクーペからの発売で、エンジンは6.5リッターV12、700馬力(0-100キロ加速は2.9秒、最高速度は350km/h以上)。

登場時期を考えると「直噴化」されていないのがちょっと不思議なエンジンですが、これはガヤルド/ウラカンのようにアウディとの共通性を持たない「ランボルギーニ独自の」エンジン。

加えてトランスミッションもランボルギーニ独自のシングルクラッチシステム「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」を採用し、これも他モデルとは共通性のない「アヴェンタドールのためだけの」設計となります。

lamborghini

ボディ構造は「カーボンモノコック」を採用し他車種とは一切共有されることがないもので、「ガルウイング(シザース)ドア」とともに、フラッグシップたるアヴェンタドールだけに与えられたもの。

このあたり、ランボルギーニが「V12」と「V10」モデルを明確に区別していることがわかりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター(2012)

そしてその後に登場したのがアヴェンタドールLP700-4ロードスター。
エンジンやドライブトレーンはクーペ版のアヴェンタドールと同一で、「デタッチャブルトップ」を備えることが特徴です。

「ガヤルド」「ウラカン」といったV10モデルのオープン版は電動ソフトトップを持ちますが、V12モデルについてはソフトにせよハードにせよ「取り外し式」トップを採用している、ということになりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールJ(2012)

そしてアヴェンタドール最初のワンオフモデルが「アヴェンタドールJ(イオタ)」。
これはスペインの顧客がオーダーしたものだとされ、正真正銘のワンオフモデル。

ジュネーブ・モーターショーにて発表され、プロモーション動画も公開されています。
なお、発表前のティーザー動画では「UNICO」と表現されており、これが名称になるのではという噂もあったものの、「UNICO」は「唯一の」という意味で使用されており、ランボルギーニはワンオフモデルであることを指すために使用したようですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 50°アニヴェルサリオ(2013)

ランボルギーニ50周年記念モデルとして2013年の上海モーターショーで発表されたアヴェンタドール50°アニヴェルサリオは「クーペ」「ロードスター」それぞれが200台づつ限定生産されています。

エンジンはその名の通り「720馬力」へとパワーアップされ、その前の「アヴェンタドールJ」、この後の「アヴェンタドールSV」との共通性を持つエアロパーツを装備しますが、このモデル独自のデザインも多く、ぼくの考える「もっとも格好良い」アヴェンタドール。

ちなみに所有者がなかなか手放さない車両でもあり、めったに中古市場に出ないことでも知られます。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4 ピレリ・エディション(2014)

ランボルギーニにしては珍しい、「外観」に特化した限定モデル。
パートナーシップにあるタイヤメーカー「ピレリ」とのコラボレーションモデルで、タイヤに「レター」を載せたことがトピック。

ボディの上半分と下半分のカラーが異なり(いくつかカラーバリエーションがある)、レッドがアクセントに使用されることも特徴で、同様のカラーリングを取り入れたカスタムカーも登場しています。

このタイヤレターはのちに大変な流行となり、ピレリは同様のデザインを持つタイヤ「カラー・エディション」を発売していますね(ここまで鮮やかに色は出ていない)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 SV(2015)

ニュルブルクリンクで「7分切り」を達成したアヴェンタドールSV(スーパーヴェローチェ)。
出力は750馬力、0-100キロ加速は2.8秒、最高速は350km/h以上。
クーペ600台、ロードスターが500台限定で販売されており、アグレッシブなエアロパーツ、リアウイングが外観上の特徴です。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4 ミウラ・オマージュ(2016)

ミウラの誕生50周年を記念し、50台限定で発売されたレアものアヴェンタドール。
ミウラ同様のボディカラーそして塗り分けを持ち、ボディ下部がゴールドやシルバーにペイントされることが特徴です。

エンスージアスト対象の限定モデルでもあり、発表の場は「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。

当初はグリーンとオレンジのみという話でしたが、のちにブラックやネイビーも存在していたことが判明しています。

ランボルギーニ LP740-4 アヴェンタドールS(2016)

アヴェンタドールのフェイスリフト版という位置付けの定番モデル、「アヴェンタドールS」。

出力は740馬力へ向上し、リアのホイールアーチが「カウンタック」風に、そしてダウンフォースも30%増しとなり、後輪操舵も与えられて運動性能も一気に向上しています。
0-100キロ加速は2.9秒、最高速度は350km/h以上。

デビュー当初は「LP740-4」という、それまでのランボルギーニの命名法則による「エンジン搭載方式+馬力、駆動方式」というサブネームを持っていたものの、のちにランボルギーニCEOがステファン・ヴィンケルマン氏からステファノ・ドメニカリ氏へと交代するにあたり「LP+駆動方式」という表記が消滅し、その名称が「アヴェンタドールS」に。※同時にウラカンからも「LP610-4」という記載が消えている

ランボルギーニ・アヴェンタドールS ロードスター(2017)

その後に登場したのがオープンモデルの「アヴェンタドールSロードスター」。
ルーフはデタッチャブル式ハードトップを継続採用しています。

ボディカラーには「ラメ」っぽい輝きを持つ「グリッター」が登場し、内装カラーもエレガントな仕様が「アドペルソナム」で選択できるようになるなど、ランボルギーニがその選択肢を増やしてきた時期でもありますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thジャパン・アニバーサリー・エディション

日本でのランボルギーニ展開50周年を記念して5台のみが製作されたスペシャル版のアヴェンタドール。
「水」「地」「風」「空」「火」という5つの異なるテーマをモチーフとし、ことなる色味を用いたグラデーションで仕上げられるという特別なアヴェンタドールSロードスターとなります。

Lamborghini Aventador S 50th Japan Anniversary

ディーラーが仕様地向けに特別仕様車をオーダーすることはあるものの、ランボルギーニ本体がこういったスペシャルモデルを市場向けに投入することは稀で、それだけ日本が特別な市場であるということがわかりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(2018)

そして(ウラカン・ペルフォルマテの樹立した)ニュルブルクリンク最速の記録をポルシェ911GT2RSに破られ、そのリベンジとなる「ニュル最速(6:44.97)」を再び打ち出したアヴェンタドールSVJ。

0-100キロ加速は2.8秒、最高時速は350km/h以上というスペックを誇り、エクステリアデザインは新しく就任したデザイナーによるもので、ここからランボルギーニのデザインが徐々に変わってゆくことになりそうですね(すでに、アヴェンタドールSVJには、これまでに見られないようなデザインも盛り込まれている)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSC18(2018)

そしてこちらもアヴェンタドールJ同様、個人オーナーのオーダーによるワンオフモデル「アヴェンタドールSC18」。
SCはランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」を指し、当然ながらスクアドラ・コルセによってパフォーマンスが高められたモデルということになります。

こうやってみると、けっこうアヴェンタドールはマメにバリエーションを展開して限定モデルを発売してたんだなあという印象ですが、このペースをみると2019年以降もなんらかの限定モデルや特別バージョンが追加されることになりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

それは貸す側のサービスが料金に見合った「プレミアム」ではないから blog 調査会社、JDパワーが「カーシェアリング」「レンタカー」についての顧客満足度調査結果を発表。これによると、カーシェアリングに ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

よく「予算これくらいで、オススメの車はありますか?」と聞かれます。 都度都度お答えするようにはしていますが、すぐに思いだせない車もあり、自分自身の備忘録としてもここに価格帯別にまとめてみます(完全に自 ...

6

たしかにF1でもV10エンジンのサウンドを「歴代最高」とする人は多い DRIVETRIBEが「なぜV10エンジンのサウンドは優れるのか」を解説した動画を公開。V10エンジン搭載の車には現行だと「ランボ ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

特定地域にはスーパーカーが集まる傾向にある さて、香港を走っているクルマで気になった個体をここで紹介。香港は昔からクルマのカスタムが大好きなようで、かなり多くのカスタムカーが走っているため、クルマ好き ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.