>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス こちら ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3のカスタム第一号登場。カーボンパーツ装着とローダウンにてイメージ一新。テスラはちょっとカスタムするとやたら格好良くなるようだ

相当な台数の販売が予想されるだけに今後カスタム市場も盛り上がりそう ランボルギーニやメルセデス・ベンツのカスタムを公開してきたRevozportですが、今回はテスラ・モデル3のカスタムを披露。これは「R-Zentric ワイドボディ・モデル3」と命名されており、見るからにアグレッシブ。ただ、今回公開されたのは「シュトラッセ(ストリート)」バージョンとなり、残念ながらワイドではなく「通常」ボディのようですね。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイテ ...

ReadMore



>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールは2011年の登場以降、これだけの限定モデル/バリエーションをリリースした!どういったものがあるのかを見てみよう

投稿日:2019/01/03 更新日:

一年に1台以上のペースで限定モデルやバリエーションが増加していた

さて、「ランボルギーニ・アヴェンタドール登場の2011年から2019年まで」という動画公開に。

動画では限定モデル含むアヴェンタドールそれぞれの解説が行われており、当時のプロモーションビデオ、発表の様子なども収録されていますが、ここでぼくもアヴェンタドールについてその「歴史」をまとめてみたいと思います。

「アヴェンタドール」は2011年登場

ランボルギーニ・アヴェンタドールは「ムルシエラゴ」の後継モデルとして2011年に登場。

”アヴェンタドール”という単語はスペイン語で「ふいご(火を起こす時に使うポンプみたいやなやつ)」の意味ですが、ランボルギーニ・アヴェンタドールの場合は「ふいご」ではなく、ランボルギーニの伝統に則って闘牛の名から取られており、これは1993年年に活躍した勇猛果敢な牛の名から。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(2011)

まずはクーペからの発売で、エンジンは6.5リッターV12、700馬力(0-100キロ加速は2.9秒、最高速度は350km/h以上)。

登場時期を考えると「直噴化」されていないのがちょっと不思議なエンジンですが、これはガヤルド/ウラカンのようにアウディとの共通性を持たない「ランボルギーニ独自の」エンジン。

加えてトランスミッションもランボルギーニ独自のシングルクラッチシステム「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」を採用し、これも他モデルとは共通性のない「アヴェンタドールのためだけの」設計となります。

lamborghini

ボディ構造は「カーボンモノコック」を採用し他車種とは一切共有されることがないもので、「ガルウイング(シザース)ドア」とともに、フラッグシップたるアヴェンタドールだけに与えられたもの。

このあたり、ランボルギーニが「V12」と「V10」モデルを明確に区別していることがわかりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター(2012)

そしてその後に登場したのがアヴェンタドールLP700-4ロードスター。
エンジンやドライブトレーンはクーペ版のアヴェンタドールと同一で、「デタッチャブルトップ」を備えることが特徴です。

「ガヤルド」「ウラカン」といったV10モデルのオープン版は電動ソフトトップを持ちますが、V12モデルについてはソフトにせよハードにせよ「取り外し式」トップを採用している、ということになりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールJ(2012)

そしてアヴェンタドール最初のワンオフモデルが「アヴェンタドールJ(イオタ)」。
これはスペインの顧客がオーダーしたものだとされ、正真正銘のワンオフモデル。

ジュネーブ・モーターショーにて発表され、プロモーション動画も公開されています。
なお、発表前のティーザー動画では「UNICO」と表現されており、これが名称になるのではという噂もあったものの、「UNICO」は「唯一の」という意味で使用されており、ランボルギーニはワンオフモデルであることを指すために使用したようですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 50°アニヴェルサリオ(2013)

ランボルギーニ50周年記念モデルとして2013年の上海モーターショーで発表されたアヴェンタドール50°アニヴェルサリオは「クーペ」「ロードスター」それぞれが200台づつ限定生産されています。

エンジンはその名の通り「720馬力」へとパワーアップされ、その前の「アヴェンタドールJ」、この後の「アヴェンタドールSV」との共通性を持つエアロパーツを装備しますが、このモデル独自のデザインも多く、ぼくの考える「もっとも格好良い」アヴェンタドール。

ちなみに所有者がなかなか手放さない車両でもあり、めったに中古市場に出ないことでも知られます。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4 ピレリ・エディション(2014)

ランボルギーニにしては珍しい、「外観」に特化した限定モデル。
パートナーシップにあるタイヤメーカー「ピレリ」とのコラボレーションモデルで、タイヤに「レター」を載せたことがトピック。

ボディの上半分と下半分のカラーが異なり(いくつかカラーバリエーションがある)、レッドがアクセントに使用されることも特徴で、同様のカラーリングを取り入れたカスタムカーも登場しています。

このタイヤレターはのちに大変な流行となり、ピレリは同様のデザインを持つタイヤ「カラー・エディション」を発売していますね(ここまで鮮やかに色は出ていない)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 SV(2015)

ニュルブルクリンクで「7分切り」を達成したアヴェンタドールSV(スーパーヴェローチェ)。
出力は750馬力、0-100キロ加速は2.8秒、最高速は350km/h以上。
クーペ600台、ロードスターが500台限定で販売されており、アグレッシブなエアロパーツ、リアウイングが外観上の特徴です。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4 ミウラ・オマージュ(2016)

ミウラの誕生50周年を記念し、50台限定で発売されたレアものアヴェンタドール。
ミウラ同様のボディカラーそして塗り分けを持ち、ボディ下部がゴールドやシルバーにペイントされることが特徴です。

エンスージアスト対象の限定モデルでもあり、発表の場は「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。

当初はグリーンとオレンジのみという話でしたが、のちにブラックやネイビーも存在していたことが判明しています。

ランボルギーニ LP740-4 アヴェンタドールS(2016)

アヴェンタドールのフェイスリフト版という位置付けの定番モデル、「アヴェンタドールS」。

出力は740馬力へ向上し、リアのホイールアーチが「カウンタック」風に、そしてダウンフォースも30%増しとなり、後輪操舵も与えられて運動性能も一気に向上しています。
0-100キロ加速は2.9秒、最高速度は350km/h以上。

デビュー当初は「LP740-4」という、それまでのランボルギーニの命名法則による「エンジン搭載方式+馬力、駆動方式」というサブネームを持っていたものの、のちにランボルギーニCEOがステファン・ヴィンケルマン氏からステファノ・ドメニカリ氏へと交代するにあたり「LP+駆動方式」という表記が消滅し、その名称が「アヴェンタドールS」に。※同時にウラカンからも「LP610-4」という記載が消えている

ランボルギーニ・アヴェンタドールS ロードスター(2017)

その後に登場したのがオープンモデルの「アヴェンタドールSロードスター」。
ルーフはデタッチャブル式ハードトップを継続採用しています。

ボディカラーには「ラメ」っぽい輝きを持つ「グリッター」が登場し、内装カラーもエレガントな仕様が「アドペルソナム」で選択できるようになるなど、ランボルギーニがその選択肢を増やしてきた時期でもありますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thジャパン・アニバーサリー・エディション

日本でのランボルギーニ展開50周年を記念して5台のみが製作されたスペシャル版のアヴェンタドール。
「水」「地」「風」「空」「火」という5つの異なるテーマをモチーフとし、ことなる色味を用いたグラデーションで仕上げられるという特別なアヴェンタドールSロードスターとなります。

Lamborghini Aventador S 50th Japan Anniversary

ディーラーが仕様地向けに特別仕様車をオーダーすることはあるものの、ランボルギーニ本体がこういったスペシャルモデルを市場向けに投入することは稀で、それだけ日本が特別な市場であるということがわかりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(2018)

そして(ウラカン・ペルフォルマテの樹立した)ニュルブルクリンク最速の記録をポルシェ911GT2RSに破られ、そのリベンジとなる「ニュル最速(6:44.97)」を再び打ち出したアヴェンタドールSVJ。

0-100キロ加速は2.8秒、最高時速は350km/h以上というスペックを誇り、エクステリアデザインは新しく就任したデザイナーによるもので、ここからランボルギーニのデザインが徐々に変わってゆくことになりそうですね(すでに、アヴェンタドールSVJには、これまでに見られないようなデザインも盛り込まれている)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSC18(2018)

そしてこちらもアヴェンタドールJ同様、個人オーナーのオーダーによるワンオフモデル「アヴェンタドールSC18」。
SCはランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」を指し、当然ながらスクアドラ・コルセによってパフォーマンスが高められたモデルということになります。

こうやってみると、けっこうアヴェンタドールはマメにバリエーションを展開して限定モデルを発売してたんだなあという印象ですが、このペースをみると2019年以降もなんらかの限定モデルや特別バージョンが追加されることになりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.