>日産/インフィニティ(Infinity)

日産起死回生の一発なるか?F1直系のHVシステムを持つ「インフィニティQ60プロジェクトブラックS」発売決定がもうじき下されるとのウワサ

| ただしインフィニティの向かう方向にはマッチしていない | 日産が過去数回に渡り公開しているコンセプトカー、「インフィニティQ60プロジェクト・ブラックS」。これはインフィニティとルノーF1チームとのコラボレーションによって開発されたハイパフォーマンスカーで、ハイブリッドシステムを採用することにより「パフォーマンスと効率性」とをバランスさせたクルマ。初出は2017年のジュネーブ・モーターショーですが、その後もインフィニティはアップデート版を公開しています。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

ノヴィテックがフェラーリ488ピスタをカスタム&チューン!純正重視のフェラーリオーナーを尊重した地味めカスタムなるも、出力は80馬力アップの800馬力へ

| ターボエンジン搭載はフェラーリのチューニングポテンシャルを大きく向上させた | このところ立て続けに「新作」を披露しているノヴィテック。今回はフェラーリ488ピスタを対象にしたチューニングパッケージ「スポーツパッケージ」を公開しています。なお、488ピスタはF8トリブートとともに「フェラーリV8史上、最高出力」を誇るクルマ。今回ノヴィテックはその488ピスタをさらにチューンしたということになりますが、ECU変更とハイパフォーマンスエキゾーストシステムの装着にてその出力は720馬力から800馬力へとパワ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

一部で大人気、ポルシェ911のラリーカーカスタムが販売中。「サファリRS」など2台が一気に登場

| ポルシェが実際に「911サファリ」を発売するという話もあるが | VICCI Online Car Auctionsにて、ポルシェ911をオフローダーにカスタムした車両が2台出品予定。参考までに、ポルシェ911は、1967年と1969にモンテカルロ・ラリー、1980年代にパリ~ダカールラリーを走っていたことも。とくにモンテカルロ・ラリーでは優勝を飾ったということから「911とラリー」をは意外と縁が深く、そのため911をラリー仕様へとコンバートする人やショップも少なくはないようです。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期GT-R(R36)は2027年まで登場しないだろうという報道。日産「現行GT-Rのプラットフォームは20年改良なしでも通用する」

| 様々な情報を総合的に考えると、どうやら本当にそうなりそうだ | 日産R35GT-Rは2007年に登場しており、すでに齢12年を数えますが、ここ最近、チョコチョコとモデルチェンジのウワサが聞こえてくることに。ただしいずれも具体性を帯びたものではなく、「結局のところ何も決まってないのでは」と思わせるものばかりとなっています。そして今回、 Motoring が伝えたのはなんと「次期GT-Rが登場するのは、早くても2027年」。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

北米専用、マフラーが「アヴェンタドール風な」ホンダ・シビック”Si”の2020年モデル発表。ついにフェイクエンジンサウンドも装備

| もはやフェイクサウンド装備は”スタンダード”になりそうだ | 北米にて、ホンダが「シビックSiクーペ」「シビックSiセダン」の2020年モデルを発表。これらは聞き慣れないモデルですが、北米特有のモデルそしてグレードで、通常の「シビッククーペ」「シビックセダン」のスポーティーモデルとしてそれぞれラインアップされています(グレードの一つではなく、独立した車種扱い)。なお、欧州におけるシビックのラインアップは「シビック4ドア」「シビック5ドア」「シビック・タイプR」、日本は「シビック・ハッチバック」「シビッ ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

内外装が光りまくる!「富裕層向け」に新しい価値観を盛り込んだ「ベントレーEXP100」の実車が公開される

| ベントレーは光ることでその光明を見出したようだ | ベントレーは少し前に100周年記念コンセプトカー「EXP100」を発表し画像を公開していますが、今回はその実車を、はじめてベントレー本社にて、メディアに対してお披露目した、とのこと。このベントレーEXP100は、100周年記念という意味合いだけではなく、「未来のベントレー、具体的には2035年モデルをイメージしたピュアエレクトリック・ラグジュアリーグランツーリスモ」でもあります。フルエレクトリック、そして高いレベルの自動運転機能を備え、スペックとして ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■近況について ■ニュース

レンジローバー・イヴォークを購入するならポルシェ718ケイマン売却が必要。ケイマン、イヴォークそれぞれの勝るポイントを挙げて買い替えの是非を問う

| 正直、買い替えてもOK、買い換えなくてもOK | さて、現在レンジローバー・イヴォークを購入するかどうか悩み中。そしてもしレンジローバー・イヴォークを購入するとなると、ポルシェ718ケイマンを放出する可能性が大(一応、トヨタ・スープラも予約しているので、これがやってくると家のクルマがスポーツカーばかりになるため、718ケイマンを放出することになりそう)。 新型GRスープラを予約してきた!支払総額は「RZ」で760万円。車両価格はSZが490万円、RZが690万円、ボディカラーは8色 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェ911GT3「ツーリング」と思われる試作車最新版。これまでとは異なり、フロント/サイド/リアに変更アリ。レーシングカー”911RSR”そっくりのルックスになるかも

| こちらのほうが市販モデルに近い? | 991世代のポルシェ911GT3には「ツーリング」グレードが存在。これは何かというと、911GT3から巨大なリアウイングを取り払った、「見かけがシックな911GT3」。ポルシェとしてはもともとこの「911GT3 ツーリング」を投入しようと考えていたわけではなく、予定外にてこの911GT3ツーリングをラインナップに加えたのだと思われます。その理由としては、やはり991世代において、ポルシェが投入した「911R」が異常な人気モデルとなってしまい、尋常ではないプレミアが ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」

| フォルクスワーゲン自慢のDSGに不具合発生 | フォルクスワーゲンが176,068台にもおよぶ大規模リコールを発表。なお、フォルクスワーゲンの2018年における販売台数は通年全モデルで49,036台なので、この176,068台は「3.6年分」の販売台数に相当する、ということですね。なお、リコールの内容としては「DSG(デュアルクラッチ変速機)」のパーツ強度が不足しており、最悪の場合は走行不能になる、というもの。対象となるモデルはシロッコ、ポロ、クロスポロ、ジェッタ、ゴルフ、ゴルフカブリオレ、ゴルフヴァ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・パナメーラ関連

これが限定モデルのポルシェ「パナメーラ820」? 820馬力を発生しニュル最速セダンの座を狙う限定モデルか

| 前後には見たことのないエアロパーツを装着 | ここ最近、フェイスリフトバージョンのプロトタイプが目撃されているポルシェ・パナメーラ。今回はニュルブルクリンクを走行する姿がスパイフォトとして捉えられていますが、これまでの個体とはちょっと違う仕様を持っています。この個体を見ると、フロントには「地面スレスレの」フロントリップスポイラーが装着され、リトラクタブル式のリアウイングにはガーニーフラップのようなものも。

ReadMore



>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールは2011年の登場以降、これだけの限定モデル/バリエーションをリリースした!どういったものがあるのかを見てみよう

投稿日:2019/01/03 更新日:

一年に1台以上のペースで限定モデルやバリエーションが増加していた

さて、「ランボルギーニ・アヴェンタドール登場の2011年から2019年まで」という動画公開に。

動画では限定モデル含むアヴェンタドールそれぞれの解説が行われており、当時のプロモーションビデオ、発表の様子なども収録されていますが、ここでぼくもアヴェンタドールについてその「歴史」をまとめてみたいと思います。

「アヴェンタドール」は2011年登場

ランボルギーニ・アヴェンタドールは「ムルシエラゴ」の後継モデルとして2011年に登場。

”アヴェンタドール”という単語はスペイン語で「ふいご(火を起こす時に使うポンプみたいやなやつ)」の意味ですが、ランボルギーニ・アヴェンタドールの場合は「ふいご」ではなく、ランボルギーニの伝統に則って闘牛の名から取られており、これは1993年年に活躍した勇猛果敢な牛の名から。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(2011)

まずはクーペからの発売で、エンジンは6.5リッターV12、700馬力(0-100キロ加速は2.9秒、最高速度は350km/h以上)。

登場時期を考えると「直噴化」されていないのがちょっと不思議なエンジンですが、これはガヤルド/ウラカンのようにアウディとの共通性を持たない「ランボルギーニ独自の」エンジン。

加えてトランスミッションもランボルギーニ独自のシングルクラッチシステム「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」を採用し、これも他モデルとは共通性のない「アヴェンタドールのためだけの」設計となります。

lamborghini

ボディ構造は「カーボンモノコック」を採用し他車種とは一切共有されることがないもので、「ガルウイング(シザース)ドア」とともに、フラッグシップたるアヴェンタドールだけに与えられたもの。

このあたり、ランボルギーニが「V12」と「V10」モデルを明確に区別していることがわかりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4ロードスター(2012)

そしてその後に登場したのがアヴェンタドールLP700-4ロードスター。
エンジンやドライブトレーンはクーペ版のアヴェンタドールと同一で、「デタッチャブルトップ」を備えることが特徴です。

「ガヤルド」「ウラカン」といったV10モデルのオープン版は電動ソフトトップを持ちますが、V12モデルについてはソフトにせよハードにせよ「取り外し式」トップを採用している、ということになりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールJ(2012)

そしてアヴェンタドール最初のワンオフモデルが「アヴェンタドールJ(イオタ)」。
これはスペインの顧客がオーダーしたものだとされ、正真正銘のワンオフモデル。

ジュネーブ・モーターショーにて発表され、プロモーション動画も公開されています。
なお、発表前のティーザー動画では「UNICO」と表現されており、これが名称になるのではという噂もあったものの、「UNICO」は「唯一の」という意味で使用されており、ランボルギーニはワンオフモデルであることを指すために使用したようですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4 50°アニヴェルサリオ(2013)

ランボルギーニ50周年記念モデルとして2013年の上海モーターショーで発表されたアヴェンタドール50°アニヴェルサリオは「クーペ」「ロードスター」それぞれが200台づつ限定生産されています。

エンジンはその名の通り「720馬力」へとパワーアップされ、その前の「アヴェンタドールJ」、この後の「アヴェンタドールSV」との共通性を持つエアロパーツを装備しますが、このモデル独自のデザインも多く、ぼくの考える「もっとも格好良い」アヴェンタドール。

ちなみに所有者がなかなか手放さない車両でもあり、めったに中古市場に出ないことでも知られます。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4 ピレリ・エディション(2014)

ランボルギーニにしては珍しい、「外観」に特化した限定モデル。
パートナーシップにあるタイヤメーカー「ピレリ」とのコラボレーションモデルで、タイヤに「レター」を載せたことがトピック。

ボディの上半分と下半分のカラーが異なり(いくつかカラーバリエーションがある)、レッドがアクセントに使用されることも特徴で、同様のカラーリングを取り入れたカスタムカーも登場しています。

このタイヤレターはのちに大変な流行となり、ピレリは同様のデザインを持つタイヤ「カラー・エディション」を発売していますね(ここまで鮮やかに色は出ていない)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 SV(2015)

ニュルブルクリンクで「7分切り」を達成したアヴェンタドールSV(スーパーヴェローチェ)。
出力は750馬力、0-100キロ加速は2.8秒、最高速は350km/h以上。
クーペ600台、ロードスターが500台限定で販売されており、アグレッシブなエアロパーツ、リアウイングが外観上の特徴です。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4 ミウラ・オマージュ(2016)

ミウラの誕生50周年を記念し、50台限定で発売されたレアものアヴェンタドール。
ミウラ同様のボディカラーそして塗り分けを持ち、ボディ下部がゴールドやシルバーにペイントされることが特徴です。

エンスージアスト対象の限定モデルでもあり、発表の場は「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。

当初はグリーンとオレンジのみという話でしたが、のちにブラックやネイビーも存在していたことが判明しています。

ランボルギーニ LP740-4 アヴェンタドールS(2016)

アヴェンタドールのフェイスリフト版という位置付けの定番モデル、「アヴェンタドールS」。

出力は740馬力へ向上し、リアのホイールアーチが「カウンタック」風に、そしてダウンフォースも30%増しとなり、後輪操舵も与えられて運動性能も一気に向上しています。
0-100キロ加速は2.9秒、最高速度は350km/h以上。

デビュー当初は「LP740-4」という、それまでのランボルギーニの命名法則による「エンジン搭載方式+馬力、駆動方式」というサブネームを持っていたものの、のちにランボルギーニCEOがステファン・ヴィンケルマン氏からステファノ・ドメニカリ氏へと交代するにあたり「LP+駆動方式」という表記が消滅し、その名称が「アヴェンタドールS」に。※同時にウラカンからも「LP610-4」という記載が消えている

ランボルギーニ・アヴェンタドールS ロードスター(2017)

その後に登場したのがオープンモデルの「アヴェンタドールSロードスター」。
ルーフはデタッチャブル式ハードトップを継続採用しています。

ボディカラーには「ラメ」っぽい輝きを持つ「グリッター」が登場し、内装カラーもエレガントな仕様が「アドペルソナム」で選択できるようになるなど、ランボルギーニがその選択肢を増やしてきた時期でもありますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thジャパン・アニバーサリー・エディション

日本でのランボルギーニ展開50周年を記念して5台のみが製作されたスペシャル版のアヴェンタドール。
「水」「地」「風」「空」「火」という5つの異なるテーマをモチーフとし、ことなる色味を用いたグラデーションで仕上げられるという特別なアヴェンタドールSロードスターとなります。

Lamborghini Aventador S 50th Japan Anniversary

ディーラーが仕様地向けに特別仕様車をオーダーすることはあるものの、ランボルギーニ本体がこういったスペシャルモデルを市場向けに投入することは稀で、それだけ日本が特別な市場であるということがわかりますね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(2018)

そして(ウラカン・ペルフォルマテの樹立した)ニュルブルクリンク最速の記録をポルシェ911GT2RSに破られ、そのリベンジとなる「ニュル最速(6:44.97)」を再び打ち出したアヴェンタドールSVJ。

0-100キロ加速は2.8秒、最高時速は350km/h以上というスペックを誇り、エクステリアデザインは新しく就任したデザイナーによるもので、ここからランボルギーニのデザインが徐々に変わってゆくことになりそうですね(すでに、アヴェンタドールSVJには、これまでに見られないようなデザインも盛り込まれている)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSC18(2018)

そしてこちらもアヴェンタドールJ同様、個人オーナーのオーダーによるワンオフモデル「アヴェンタドールSC18」。
SCはランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラ・コルセ」を指し、当然ながらスクアドラ・コルセによってパフォーマンスが高められたモデルということになります。

こうやってみると、けっこうアヴェンタドールはマメにバリエーションを展開して限定モデルを発売してたんだなあという印象ですが、このペースをみると2019年以降もなんらかの限定モデルや特別バージョンが追加されることになりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.