>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >シボレー(CHEVROLET) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

2018年12月の輸入車販売。マクラーレンが伸びてランボルギーニと並び、アストンマーティンは前年比3倍、ブガッティは「1台」が登録

投稿日:2019/01/11 更新日:

フェラーリは前年比100%と変わらず。アストンマーティンとマクラーレンがフェラーリ、ランボルギーニの顧客を獲得?

日本自動車輸入組合が2018年12月の輸入車登録ランキングを発表。

何かと「明暗」が別れた状況となっていますが、まず気になるのは「アウディが沈んでいる」ということ。

ジャーマンスリーとしては、メルセデス・ベンツが前年比119%、BMWが120%、ほか上位ブランドだとフォルクスワーゲンが129.3%、ミニが105.7%という中、アウディだけが79.4%と大きく前年に比べて落ちている、という状況です。

これについてはいくつか理由があると思うものの、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲンは「ノルマが異常に厳しい」ということと、「それらは(ディ-ラーによる)登録を行っている」ということが関係しているんじゃないか、と考えているわけですね。

自社登録ってなに?

なお「自社登録」については、たとえばそのメーカーの認定中古車のサイトを見ると分かり、メルセデス・ベンツだと「走行数十キロ程度の、登録のみの未使用車」がゴロゴロとひっかかる」ことから推測可能。

つまり、ノルマ達成のために自社で登録し、それをすぐに中古車市場に出しているということになりますが、これをやってしまうと、販売台数を稼げるものの「新車が売れなくなり(未使用のクルマが安く買えるのであれば新車購入の意味は薄れる)」、ひいては自分の首を締めることに。

アウディはブランド価値を高めるにあたって、まずは中古市場のテコ入れから初め、中古市場の相場を押し上げることで「値引きせずに」新車を販売できる状況を作っていったといいますが、そういった過去があるだけに「自社登録」は今のところ行わない、という方針なのだと思われます。

やはり新車は重要だ

その他を見てゆくと、ジャガーは「E-PACE」の効果がまだ続いており、先月170%、今月も180%と大幅伸長。

逆に新型車のなかったシボレーは(昨対同月比で)先月は60%、今月は50%。
スマートも同様に半減といった状態で、逆にここしばらく苦しかったDSは「新車効果」で息を吹き替えした状態。

アバルト、アルファロメオも新車によって継続して販売を伸ばしていますが、「いかに定期的に新型車を投入することが重要であるか」が数字から読み取れます。※ロールスロイスも「ファントム」「カリナン」の効果なのか、販売が伸びている

2018年11月の輸入車販売はこうなっている

そして以下が2018年12月の輸入車登録ランキング。
マクラーレンが伸びてランボルギーニに並び、アストンマーティンが異常に伸びている(ヴァンテージの納車が始まった?)ことがわかります。

ランボルギーニについては今年からウルスのデリバリーが徐々に本格化し、大きく躍進することになりそうですね(来年くらいにはフェラーリを抜けるかも)。

  1. メルセデス・ベンツ 8,527台 前年比119%

  2. BMW 6,584台 前年比120.1%
  3. フォルクスワーゲン 4,871台 前年比129.3%
  4. ミニ 2,916台 前年比105.7%
  5. アウディ 2,425台 前年比79.4%
  6. ボルボ 2,004台 前年比112.9%
  7. ジープ 1,127台 前年比101.3%
  8. ポルシェ 875台 前年比105.2%
  9. プジョー 823台 前年比96.3%
  10. ルノー 605台 前年比134.4%
  11. フィアット 572台 前年比87.2%
  12. ランドローバー 456台 前年比87.0%
  13. ジャガー 441台 前年比186.1%
  14. シトロエン 322台 前年比93.6%
  15. アルファロメオ 272台 前年比92.9%
  16. スマート 271台 前年比49.5%
  17. マセラティ 218台 前年比80.4%
  18. アバルト 181台 前年比150.8%
  19. DS 94台 前年比200%
  20. アストンマーティン 81台 前年比337.5%
  21. キャデラック 77台 前年比116.7%
  22. シボレー 63台 前年比52.1%
  23. ベントレー 61台 前年比107.0%
  24. フェラーリ 61台 前年比100%
  25. ダッジ 36台 前年比105.9%
  26. ロールスロイス 36台 前年比133.3%
  27. ランボルギーニ 21台 前年比72.4%
  28. マクラーレン 21台 前年比140%
  29. ロータス 15台 前年比88.2%
  30. アルピナ  13台 前年比76.5%
  31. ブガッティ 1台 前年比100%
  32. ヒュンダイ -台 前年比

輸入車販売合計 34,748台 前年比110.7%

VIA:日本自動車輸入組合

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アウディ(Audi), >アストンマーティン(Astonmartin), >シボレー(CHEVROLET), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >シトロエン/DS(CITROEN/DS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ジャガー(Jaguar), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >ベントレー(Bentley), >ブガッティ(BUGATTI), >スマート(SMART), >マクラーレン(McLaren), >マセラティ(Maserati), >プジョー(PEUGEOT), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ミニ(MINI), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロータス(Lotus), >その他ポルシェ関連/ニュース, >ロールスロイス(Rolls-Royce), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.