>フォード(FORD) ■ニュース

1967年製、ワンオフの「シェルビーGT500スーパースネーク」が2.5億で落札。マスタングの最高価格を更新

投稿日:2019/01/22 更新日:

フォードはこのマスタングを10台限定で生産する計画を発表済み

1967年にキャロル・シェルビーがワンオフにて製作した「フォード・シェルビーGT500スーパースネーク」がオークションにかけられ、2億5000万円という驚愕の価格で落札。

GT500というと、つい先日「生産第一号」が1億5000万円で落札されたと報道されたばかりですが、その価格を大きく超え、今回の価格は「マスタング史上最高額」となるそうです。

「マスタング」はもはやアメリカのみではなく、世界で愛されるスポーツカー

フォード・シェルビーGT500スーパースネークは、当時キャロル・シェルビーがグッドイヤーとのタイアップのもと、高性能タイヤ(サンダーボルトシリーズ)のテストとプロモーションのために製作したクルマ。

エンジンにはなんとGT40の427 V8を搭載して520馬力を発生し、最高速度は274km/h、長距離走行テスト(805km)では平均速度229km/hをマークした、と記録されています。

現代のクルマだと、時速274キロを出すクルマに装着されるタイヤは幅295以上、超扁平(30や35あたり)というところだと思いますが、画像を見ると「よくこの細いタイヤでそんなスピード出してたな」という感じですね。

当時評判となったこのクルマは、当然市販化の話が持ち上がったものの、その販売価格について、試算だと通常のGT500の倍、そして427コブラ以上の価格になるとされ、「さすがにその価格では売れないだろう」ということでお蔵入りに。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

グッドイヤーとのテストの後、この フォード・シェルビーGT500スーパースネーク は第三者に販売され、その後何人かのオーナーの手を経てドラッグレースに使用されたことも。

その後2000年代半ばに、マスタングコレクターのもと軽微なレストアを受けて現在に至りますが、その走行距離は4万1843キロを数えるそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、シェルビーは昨年、このGT500スーパースネークを「限定生産する」と発表。
しかもジャガーやアストンマーティンが行ったように「当時のスペックのまま、当時の製法で、当時と同じままに」生産するとしており、ただしエンジンは「7リッターV8、550馬力オーバー」へとアップデート。

画像に含まれている可能性があるもの:車、空、屋外

限定台数は10台のみ、価格は2800万円程度とされますが、ジャガーやアストンマーティンの「復刻」モデルは軽く”億”を超えているので、この2800万円と言うのはバーゲンプライスだと考えて良さそうです。

VIA:MECUM Auctions

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フォード(FORD), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.