>ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・マカン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連

【動画】ポルシェはこうやって作られる。マカン、パナメーラが作られるライプツィヒ工場の製造工程を見てみよう

投稿日:2019/02/10 更新日:

ポルシェの工場はほとんどが自動化されていた

ビジネスインサーダーが、ポルシェのライプツィヒ工場にてマカン、そしてパナメーラを製造する様子を公開。

このライプツィヒ工場は2002年から稼働していますが、初代カイエンの生産にはじまり、現在ではマカン、パナメーラを生産しています。

一方でポルシェ本社横のツェッフェンハウゼン工場では911や718ケイマン/ボクスターといったスポーツモデルを生産しており、これからは「タイカン」を生産することに。

なお、ポルシェはこれまでボクスターの生産をヴァルメットに委託したり、フォルクスワーゲングループのプラントにて生産していたことがあるものの、ツェッフェンハウゼン工場の稼働開始に伴い「全て自社生産」に切り替えたと言われていて、さらには「ドイツでの生産」にこだわり、海外に生産拠点は設けない意向だとされていますね。

現在ライプツィヒ工場では年間16万台のポルシェを製造

ライプツィヒ工場ではボディパネルの溶接から塗装、内外装のアッセンブリーなど、つまりは「そのすべて」を担当。

こちらはマカンのボンネットを製造する工程ですが、ロボットがうねうねと動いており、一種異様な光景。
ちなみにボンネットのパネルそのものはスロバキアにあるフォルクスワーゲンの工場でプレスされ、その後ここポルシェのライプツィヒ工場に運ばれ、溶接されることになるようです。

写真の説明はありません。

そして防錆処理の前段階として溶剤にドボン。
これも完全に流れ作業ですね。

この後の電泳塗装工程では、溶液槽とボディとに380Vの電圧が印加されてコーティングを行うことになりますが、この作業はなんと「9回」も行われる、とのこと。

写真の説明はありません。

さらに塗装。
塗装ももちろんロボットによるもので、下塗り、上塗り、クリアの3層にてペイントされます。

塗料の85%がボディに付着し、残りの塗料もリサイクルされることで「無駄になる塗料はない」とされ、この後ボディは2000度の高温にて焼き付けられることに。

車両が完成した後に修理したり板金したりする際の「再塗装」だとこれまでの温度は出せず、ここが「再塗装は弱い」と言われる所以なのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

そしてダッシュボードの組み付け。
ここは人の手が介在することになりますが、重量のあるパーツは必ずロボットによって支えられ、人に負担がかからないように配慮されています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車、屋外

ドアの内張も人力。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、座ってる、屋外

エンジンとトランスミッションのアッセンブリーも人の手で。
やはりこういったデリケートな部分は人間でないと「難しい」部分なのかもですね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

ヘッドライトの取り付けも人によるもの。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

「PORSCHE」エンブレムはこんな感じでズレないように治具を使うようです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

最後は綺麗に磨いて最終検査ラインへ。
このトンネルの照明は全てLEDで、「エルゴ・ルクス・トンネル」と呼ばれるそう。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

ライプツィヒ工場はこんな構成になっている

ポルシェのサイトによると、ライプツィヒ工場はこんな構成になっていて、サッカーコートにすると約34.5面分の広さがある、とのこと。

写真の説明はありません。

マップには番号が振ってありますが、その番号が意味するのは下記の通り。

1 搬出ステーション
2 供給センター
3 セパレートモジュール
4 アセンブリーライン
5 最終組み立て
6 試験・解析センター
7 カフェテリア
8 統合センター
9 カスタマーセンター

写真の説明はありません。

10 ボディ製造ライン
11 塗装ライン
12 拡張された供給センター
13 エンジンのプリアセンブル
14 フィニッシュライン
15 統合センター(西)
16 渡り通路
17 ボディ搬送ライン

それでは動画を見てみよう

こちらが”ポルシェができるまで”を記録した動画、「How Porsches Are Made」。

VIA:PORSCHE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ポルシェ・カイエン関連, >ポルシェ・マカン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.