>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >スズキ(SUZUKI)

【動画】欧州だと直接のライバルとなるスズキ・スイフトスポーツとVW Up! GTI。ドラッグレースで速いのはどちら?

投稿日:2019/02/05 更新日:

スズキ・スイフトスポーツはウワサ通り速かった

トップギアがスズキ・スイフトスポーと、フォルクスワーゲンUp! GTとのドラッグレースを敢行。

Up! GTIは残念ながら日本では600台のみの限定販売ではありますが、強化されたサスペンション、クイックなステアリングレシオ、116馬力の強力なエンジン、6速MTが魅力のクルマ。

日本だとスズキ・スイフトスポーツのコスパの高さが際立つが

両者を簡単に比較してみると、スズキ・スイフトスポーツ、VW Up! GTIのスペックは下記の通り。
日本だとスイフトスポーツは国産車、Up! GTIは輸入車なのでUp! GTIのほうがどうしても「割高」となり、出力等鑑みると「そもそも比較対象となるクルマではない」と思いますが、欧州だと価格が逆転し、「性能差に見合った、微妙な価格差」を持つようで、十分に比較対象となりうるようですね。

スイフトスポーツUp! GTI
価格1,836,000円2,199,000円
エンジン1.4L4気筒ターボ1L3気筒ターボ
出力140馬力115馬力
重量970kg1070kg
駆動方式FFFF
トランスミッション6MT/6AT6AT
0-100km/h加速8.1秒8.8秒
最高速度-197km/h
ボディサイズ 全長3,890mm
全幅1,735mm
全高1,500mm
全長3,545mm
全幅1,650mm
全高1,495mm
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト、屋外

そこで早速両者の加速競争ですが、パワーや重量が示す通り、スズキ・スイフトスポーツの圧勝。

ただし両方とも「6MT」ということを考えると、スタートやシフトチェンジにおいて「腕の差」が大きく出ると考えられ、ドライバーによってはこの勝敗はいとも簡単にひっくり返るのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

こういったコンパクトなホットハッチは欧州だと比較的人気だといい、「小排気量エンジンを、マニュアル・トランスミッションを駆使して」高回転まで引っ張って運転することが好まれるとされますが、村上春樹氏も同様の好みを持っている、とコラムで書いていたことがありますね。

一方アメリカでは大排気量でトルクのあるエンジンを低回転で流すような運転が好まれるようですが、国によってそこまで差があるというのは面白い現象だと思います。

ちなみにこちらはスズキ・スイフトスポーツのエルクテストの様子を記録した動画。
これは「ムース・テスト」とも呼ばれ、鹿が道路に飛び出してきたとき、安全に急回避できるかどうかというテストを行うもので、時速80キロまでだとスズキ・スイフトスポーツは優秀な運動性能を見せています(そこから先の速度域ではコントロールが難しい)。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >スズキ(SUZUKI)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.