■このサイトについて >シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

止まらぬカマロの販売減少にGMが喝!なんと「マスタングから買い換えるなら27万円値引きする」というプロモーションを大々的に展開

| そこまで苦しいのかシボレー・カマロ | とにかく下げ止まらないシボレー・カマロの販売低下ですが、シボレーは値下げしたり、フェイスリフトを行ったり、という手段を講じています。それでもフォード・マスタングやダッジ・チャレンジャーといったライバルに差をつけられることになり、今回シボレーが打ち出したのが「マスタングからの乗り換えなら、2500ドル(約27万円)を値引きする」という政策。これは全米規模で展開され、その期間は2019年9月3日まで。期間としては短いようにも思えるものの、おそらくですが、まずは「お試 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

内装専門ショップがランボルギーニ・アヴェンタドールをカスタム!そのスペシャルインテリア(400万円)を見てみよう

| たしかにカスタム費用は高いが、それだけ、いやそれ以上の満足感は得られる | オーストリア拠点のインテリア専門カスタムショップ、Neidfaktor(ニードファクター)がランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムを披露。これまでもアウディ各モデル、そしてランボルギーニ・ウラカンの内装カスタムを公開していますが、ニードファクターがアヴェンタドールを手掛けるのはおそらく「初」。ランボルギーニは標準オプションでも相当数の内装カスタムが可能で、さらには自社のパーソナリゼーション部門「アドペルソナム」にて、さらに ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >シトロエン/DS(CITROEN/DS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >中国/香港/台湾の自動車メーカー >プジョー(PEUGEOT) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国自動車市場に異変!大手のシェアが下がり続け、プジョー・シトロエンは大量解雇、工場2つを閉鎖。影には中国の「政策変更」?

| 中国市場の規模は魅力的だが、競争があまりに厳しすぎる | 中国の自動車市場に異変が生じている、とのレポート。Autonews Europeによると、現在「大手」と言われる現地自動車メーカーのシェアが急降下しているとのことで、たとえばロータスとボルボの親会社、吉利汽車(Geely)の市場シェアはここ4ヶ月で20%も下落した、と報じています。この原因としては、中国政府の「EV補助終了」があるとされ、地域によって異なるものの、たとえば北京ではこれまでEVとPHEVに対して出していた助成金を50%カット(日本 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >日産/インフィニティ(Infinity)

もしも日産GT-Rがミドシップになったら?というレンダリング。なぜミドシップが「いい」のか、そして日産はミドシップカーを作らないだろうと考える理由

| 日産はスポーツカー推しでも、モータースポーツに積極的でもない | JB Carsが「もしも日産R35 GT-Rがミドシップになったら」というレンダリングを作成。フロントエンジンからミドシップへと実際にチェンジされたクルマとしてはシボレー・コルベットがありますが、これは報道を見る限りでは「大きな成功」を収めたと考えて良さそう。そして数年先にはアストンマーティン・ヴァンキッシュがミドシップへとレイアウトが変更されることになり、こちらも一体どうなるのか楽しみではありますね。 新型コルベットは大人気。「初年度 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサスが東京MSに「LF-SAコンセプト」市販モデルを展示とのウワサ。コンパクトな街乗りEV、ただしスピンドルグリルは巨大に、かつ未来的に

| もともとレクサスLF-SAは2020年に発売すると言われていた | レクサスが今年の東京モーターショーにおいて、エレクトリックハッチバックをコンセプトカーとして公開する、というウワサ。これは2015年に発表されたLF-SAコンセプト(上の画像)の「市販モデル」を示唆するものだとされ、そのLF-SAコンセプトよろしく「現行のいかなるレクサスラインアップよりも未来的」なルックスを持つ、と報じられています。なお、LF-SAとは「レクサス・フューチャー・スモール・アドベンシャー」の略。レクサスLF-SAのボデ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】スーパーカーブロンディ、ロータス・エヴァイヤに乗る。さらには女性ならではの視点でエヴァイヤの細部を斬る

| スーパーカーブロンディは「ロータス・エヴァイヤを運転した、最初のロータス社外の人」に | ドバイ在住のユーチューバー、スーパーカーブロンディさんが「ロータス・エヴァイヤ」のレビューを動画にて公開。スーパーカー系としては珍しい女性ユーチューバーですが、これまでにもスーパーカーブロンディさんは「5000馬力のデヴェル・シックスティーン」や「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」、そして世界で最も高価なペイントを持つ、日本のブガッティ・シロン等、一般人では見ることができないようなクルマを紹介しています。 【動 ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ヘッドライト内側が曇るのは正常?異常?

| ヘッドライト内部が曇るのは問題ない | さて、久々にポルシェ718ケイマン洗車。「久々に」というのは最近自分で718ケイマンを洗う機会が少なく、というのも最近は12ヶ月点検や、バンパーの補修などで「洗ってもらう」機会が多かったため。よって自分の手で洗うのは久しぶりとなり、そこでいくつか気づいたことも。まずひとつは「ヘッドライトの曇り」。これはヘッドライト内部と外部との温度差が大きくなったときに発生する現象で、たとえば湿度の高い日に、乗車直後や、しばらく日光に当たっていてヘッドライト内部の熱が高くなって ...

ReadMore

>その他イギリス車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

1200馬力、最高速332km/hのハイパーEV”GTE”が新興メーカー「ドラコ」より登場。開発には20年をかけ、価格は1億2000万円、限定台数は25台

| 新興メーカーでかつEV、この価格となるとかなり売りにくそうだ | 新興自動車メーカー「ドラコ・モータース(Drako Motors)が開発に20年近くをかけたという新型車「GTE」を発表。なお、このベースはフィスカー・カルマだそうですが、外観はその多くを新しいものへと置き換えています。ちなみにフィスカー・カルマとは、もともとヘンリク・フィスカー氏が設立した会社「フィスカー」から発売されたPHEV(2011〜2012年に発売)。レオナルド・ディカプリオはじめハリウッドセレブがこぞって購入したことで話題と ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが新型車”タイカン”のインテリア詳細を公開!「ヘイ、ポルシェ」でアシスト起動、エコ素材を内装に使用した「かつてないほどエコ」なポルシェ

| ついにポルシェまで「レザーフリー」に対応した | 先日のティーザー画像公開に加え、ポルシェが9月4日の正式発表に向け、タイカンのインテリア画像を追加にて3枚公開。この3枚にて、タイカンのインテリアは「ほぼ」全容がわかる状態となっていますが、さすがにポルシェ初のピュアエレクトリックカーだけあって、多くの新しいデザイン、新機軸が盛り込まれているようですね。なお、ここで要注目なのは「助手席ディスプレイ」。これについて、ポルシェは「ドライバーを煩わすこと無く、助手席側で設定などができる」ということを掲げており ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニが新型ハイパーカー「LB48H(仮)」のティーザー開始。ハイブリッド、1000馬力級、価格は2億7000万円とのウワサ

| ただしすでに完売、オーナーは現在仕様についてランボルギーニと打ち合わせ中と報じられる | さて、かねてよりウワサのランボルギーニの新型ハイパーカー、「LB48H(正式名称未定)」。今回、ランボルギーニが公式ツイッターにてそのティーザー画像を初めて公開しています。この「LB48H」はアヴェンタドールをベースにしながらも、ランボルギーニが「次の1000年」というタームで未来を捉えたコンセプトカー、「テルツォ・ミッレニオ」のテイストを加えた一台。なお、このテルツォ・ミッレニオはフルエレクトリックとなり、バッ ...

ReadMore



>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのレビューが登場し始めたぞ。日本にもそろそろ上陸?

投稿日:

思ったよりもカーボンだらけだった

さて、昨年8月に衝撃の発表となったランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。
SVJ」とは「スーパー・ヴェローチェ・イオタ」を表し、「スーパーヴェローチェ」はイタリア語で「超速い」。
「イオタ」はもともとFIA競技規定附則「J項」を指すものですが、この文字が冠された「ランボルギーニ・イオタ」の名称が転じて「J(イオタ)=ランボルギーニにおける超ハイパフォーマンスカーの象徴」ということに。

その名称のとおり、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJはニュルブルクリンクにおける市販車最高ラップタイムを記録していますが(その後にタイムを更新したポルシェ911 GT2 RS MRは市販車には入らないと考えている)、そろそろデモカーが世界各地に配備されているようで、いくつかレビューが登場しています。

内外装詳細のレビューはカナダから

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの内外装を紹介するレビュー動画はまずカナダから。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる

おなじみランボルギーニ正規販売店のセールスパーソン、ヘザー・ボーレンタインさんがアヴェンタドールSVJを動画にて公開しており、そのボディカラーは「
Viola Pasifae 」。

おそらく「ヴィオラ・パシファエ」という読みになるかと思いますが、この「パシファエ」とはギリシア神話に登場する女性で、ミノタウロスの母。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ランボルギーニのボディカラーやホイールについては多くが星座やギリシア神話に由来するもので、ぼくのウラカンのボディカラーは「ビアンコ・イカルス(やはりギリシャ神話に登場し、蝋で固めた羽を持って空に羽ばたき、太陽に近づきすぎたために熱で蝋が溶けて羽が分解して墜落死した少年の名)」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして動画を見ると、「黒く見える部分」はほとんどがカーボンファイバー製であることがわかります。

インテークやディフューザーなどはすべてカーボン製のようですね(純正なのかオプションなのかはわからない)。

写真の説明はありません。

そしてリアウイングやエンジンフード上のパーツもカーボン。

そして驚くべきはエンジンフードが開閉式ではなく「エアロキャッチ(クイックリリース式)採用」であること。
レーシングカーにおいては「着脱(交換)が容易」「軽量」といった観点からこの機構が採用されるものの、市販車においては「レースのときの着脱が容易であっても、一人では取り外しできない(左右から二人以上でパネルを持たないといけない)」ので逆に利便性を損なうことになり、よってこれを採用するのは「極めて稀(ぼくの知る限り、メジャーメーカーでこれを採用した市販車はない)」。

写真の説明はありません。

エンジンルーム内は軽量化のため「カバー」が省かれているのでその構造がよくわかり、V12エンジンは「極端に車体中央に寄っている(これはSVJだからというわけではありませんが)」ことを見ることができます。

これを見ても、アヴェンタドールは「シンプルに、一つの目的のためがけに」作られたクルマである、ということが判別できますね(サスペンションはインボード式)。

写真の説明はありません。

この「ゴールドのエンジンヘッドカバー」はディアブロSE30をイメージしたもの。
ディアブロSE30はランボルギーニの創業30年を記念して限定発売されたスペシャルモデルですが、これはエンジン出力を485馬力から523馬力にまでパワーアップさせたもので、「ハイパフォーマンスモデルの象徴」とも言え、よってランボルギーニは「ウラカン・ペルフォルマンテ」、そしてこの「アヴェンタドールSVJ」にてそのパワーを誇示するためにこのゴールドを採用したものだと思われます。※アヴェンタドールSVJのボディカラーにも、このディアブロSE30と同じカラーがラインアップされている

写真の説明はありません。

フロントリップ、サイドウイング、ドアミラーはカーボンではなくセミグロスブラック仕上げとなっているようですね。

写真の説明はありません。

ホイールのスポーク側面は軽量化のために肉抜き処理。

写真の説明はありません。

もちろんセンターロック採用、そしてセンターキャップはカーボン製。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアフェンダー横のブラック部分はアヴェンタドールSVJで初めて採用された処理。
アヴェンタドールSVJよりデザイナーが変更となっていると思われ、今後は新デザイナーによってこの意匠が他モデルに反映されるのかもしれません。

写真の説明はありません。

リアセクションもやはりカーボンづくし。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのインテリアも特別製

そしてアヴェンタドールSVJの内装ももちろん特別仕上げ。
インテリアにはスペシャルモデルであることを表すプレートが装着されます(これは過去のモデル、たとえばムルシエラゴにも採用される「ランボルギーニの伝統」だとも言えそう。

写真の説明はありません。

ドアインナーパネルはカーボン製、そしてドアオープナーは軽量化のためにノブではなく「プルタブ」。

写真の説明はありません。

メーター内の表示も「アヴェンタドールSVJ専用」。
ウルス以降に発売されたモデルについては、メーター下部にハニカム状のグラフィックが追加されているようですね。

写真の説明はありません。

こちらがパープルのアヴェンタドールSVJを紹介する動画、「THIS Is The 2019 Lamborghini Aventador SVJ - In Viola Pasifae!!!」。

オートカーは「オートカーらしく」試乗インプレッションのみで攻める

そしてこちらはオートカーによるアヴェンタドールSVJの試乗レビュー。
内外装がどうこうではなくサーキットを走ってひたすらその印象を述べるという、硬派なものとなっています。

なお、室内からの映像を見ていると、「とんでもなく足回りが硬い」こと、「変速ショックがガッツンガッツン来る」まさにハードコアなクルマであることがわかりますね。

VIA:Heather Ballentine  / Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.