>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】現時点で新型スープラの最高出力!米DMEチューニングがスープラを527馬力にまでパワーアップさせることに成功

| 短期間でここまでパワーアップさせるとは。チューナーの技術もさることながらスープラのポテンシャルにも脱帽 | 新型スープラのチューンは現在注目度が非常に高く、どのショップにとっても「名を売るチャンス」。そのため、北米で新型スープラの納車が始まると同時に各チューナーがカスタムを始めているのが現状ですが、今回は「DMEチューニング」がシャシーダイナモ上で527.67馬力にまでスープラをパワーアップさせることに成功しています。なお、DMEチューニングのFacebookページを見る限り、マクラーレンやフェラーリ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本について

ワイルドスピード次回作(9作目)にブライアンを連想させるオレンジのトヨタ・スープラが登場!複数台用意され重要な役割を果たす?

| やはりワイルドスピードにスープラは欠かせない | ワイルドスピード9作目(タイトル未定、アメリカでは2020年5月22日に公開予定)のロケの風景(ジョージアの首都、トビリシにて)がインスタグラマー、 _pw40_によって公開。これを見ると、驚くべきことに「オレンジの」スープラが登場しています。オレンジのスープラといえば、ワイルドスピードの初回作にてポール・ウォーカー扮するブライアン・オコナーがドライブしたことで一気にスープラ人気がブレイク。とくにフェラーリとの対決において、フェラーリのドライバーにブラ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが「世界初のピュアエレクトリック・プレミアム・ミニバン」、EQV発表。”EVとミニバン”は意外といい組み合わせかも

| ベースはメルセデス・ベンツVクラス、しかし紛れもない”EQ顔” | メルセデス・ベンツが突如「世界初のラグジュアリー・エレクトリック・ミニバン」、EQVを発表。これは今年のジュネーブ・モーターショーにて「EQVコンセプト」として公開されていたものではありますが、先に発表されたEQCのようにティーザーキャンペーンが行われないままに登場した、ということに。メルセデス・ベンツいわく「ゼロ・エミッションとドライバビリティとの両立」を達成したとしており、実車のお披露目はフランクフルト・モーターショー会期中(9月 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】世界に一台、日本人オーナーの「ミウラ・イオタSVR」が米イベントに登場!ランボルギーニのデザイナーもそのサウンドに心奪われる

| 動画をインスタグラムに投稿したのはランボルギーニのチーフデザイナー | 世界に一台のみが存在する、ランボルギーニ・ミウラ”イオタ”SVR。今回そのミウラ・イオタSVRがペブルビーチ・コンクール・デレガンスに登場してそのサウンドを披露しています。なお、このミウラは、ランボルギーニが「5台の特別なミウラを展示する」としていたうちの一台で、日本人が所有している個体。もともとは1968年に通常の「ミウラS」として、そしてグリーンにペイントされていた個体ではあるものの、1974年にドイツ人のハインツ・シュトラー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリ「11月に新型GTカーを発表する」。9月にも2モデルを投入し、フェラーリのラインナップが一気に拡大する可能性(というか確実に拡大)

| ここ最近のフェラーリは「追いつけない」ほど展開が早い | フェラーリ会長、ジョン・エルカーン氏によると、フェラーリは「GTカー」のラインナップを拡大する、とのこと。ちなみにフェラーリの「GT」ラインナップとはポルトフィーノ、GTC4 Lussoを指し、このほかには「スポーツ」としてF8トリブート、812スーパーファスト、そして「スペシャルモデル」として488ピスタ、「ICONA」としてモンツァSP1/SP2という構成となります。その上フェラーリはSF90ストラダーレを発表し、さらに今年中には「数台」の ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが”タイカン”のティーザー画像と動画を公開。アップルミュージック対応のインテリア、ナルド・サーキットでは24時間連続走行

| ポルシェ・タイカンの発表はいよいよ9月4日に迫る | ポルシェが9月4日のタイカン発表に向け、ティーザー画像そしてティーザー動画を公開。ティーザー画像の方はそのダッシュボードを捉えたもので、「いかにもポルシェらしい」GT仕様のステアリングホイール(アルカンターラ巻きでけっこうレーシー)、そしてダッシュボード上のスポーツクロノを確認できます。なお、ポルシェは「いずれのモデルでもパーツやデザインを共通化」する傾向にあり、今回の画像を見るに、タイカンにおいても”エレクトリックモデルといえど”911他モデルと ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など

ロレックス神話崩壊?デイトナすら値下がりが続く状況の中、バイヤーは「パテックとオーデマピゲは比較的安全」

| もはやロレックスのプレミア価格は「買うに値しない」ほどだとバイヤーは考えている | 夏以降、ガツンと相場が下がっているロレックス。買う方としては大歓迎な事態ですが、バイヤーによっては「かなり危険」だと見ていて、ロレックスのストックは持ちたくない、と考える人もいる模様。そしてウォッチバイヤー、CRM Jewelers氏もその一人のようですね。たとえば、近年の値上がり代表格、通称”バットマン”ことGMTマスターII/126710BLNR(ジュビリーブレス)につき、価格.comによると、ピーク時の268万円 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

【競売】ボンドカー史上最高落札額!「007ゴールドフィンガー」用に製作されたアストンマーティンDB5が6.7億。機関銃以外のギミックは全て動作可能

| ゴールドフィンガー用に製作されたボンドカー”DB5”は合計4台 | 1964年の007映画「ゴールドフィンガー」の撮影に使用されたアストンマーティンDB5が、RMサザビースの開催したオークションにて、6,385,000ドル、邦貨換算で約6億7000万円で落札。予想落札価格は400万ドルから600万ドルの間と見られていたものの、これを大きく超えた額で落札されたことになり、「通常の」DB5の420万ドルという落札記録を上回ったのみならず、ボンドカーとしても史上最高額での落札になったと報じられています。 こ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ポルシェ・ケイマン関連 >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】やっぱり新型スープラは速かった!BMW M2、ポルシェ718ケイマン、アルピーヌA110、アウディTTRSとのゼロヨン対決を見てみよう

| 価格を考えると、スープラは相当に「お買い得」だと言っていい | さて、北米では新型トヨタ・スープラの納車がかなり進んでおり、相当数のユーチューバーがそのレビューを、そしてやはり多くのショップがそのカスタムを紹介しています。そしてまたメディアにもデモカーが貸し出されており、いくつかでは「加速テスト」を行っている様子が公開に。なお、日本ではまだディーラーに新型スープラが到着指定ない状態ですが、イギリスについてもまだ納車が進んでおらず、つまりは「右ハンドル国の生産が遅い(左ハンドル国を優先している)」のかも ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

またまた愛知でBMWが恐怖のあおり運転。なお、英国、米国でも「もっともマナーが悪い、迷惑なのはBMW」という統計も。逆にレクサスは優良運転

| なぜBMWのドライバーが世界で評価を下げているのかはナゾ | さて、世間を騒がせている「あおり殴打」事件ですが、お盆期間中、別のBMW,がまたあおり運転を愛知で行っていた模様。 今回、FNNにて今度は愛知で「あおり運転」…ドラレコが捉えた「割り込み」「待ち伏せ」「車降り」の一部始終という報道がなされ、これは白いBMWのオーナーが執拗に対象車を狙い、最終的にはBMWから降りてきて対象車のほうへとやってくる、というもの。幸いにも、絡まれた方のクルマに乗っていたドライバーの機転にて警察に通報し、その様子を見 ...

ReadMore



>ベントレー(Bentley)

ベントレーが「世界最速SUV」の座をランボルギーニより奪還。最高速305km/h、635馬力の「ベンテイガ・スピード」を発表

投稿日:

ランボルギーニ・ウルスより0.8km/hだけ速い

ベントレーが「ベンテイガ最速」となるトップレンジ、”ベンテイガ・スピード”を発表。

ベントレーいわく、最高速度は305km/hを誇り、これによって「世界最速SUVになった」とのこと。
なお、これまで世界最速SUVを掲げていたのはランボルギーニ・ウルスで、こちらの最高速もやはり「305km/h」。

この数字だけを見ると「1位タイ」に思えますが、マイルにするとベントレー・ベンテイガ・スピードは190mph、ウルスは189.5mphなので、ベンテイガ・スピードのほうが「時速0.5マイル速い」ということに。※ウルスはマイル→キロ換算だと304.97km/h、ベンテイガ・スピードは305.77km/hになる

ベントレーはなぜ「SUV最速」にこだわる?

なお、ベンテイガそものが元来「世界最速」という看板を引っさげての登場であり(2016年)、それを後に発表されたウルスに持ってゆかれたのではかなわないということで今回のリベンジとなったのかもしれませんが、現在ランボルギーニとベントレーとは同じグループに属するブランドで、ウルスとベンテイガもプラットフォームを共有する兄弟。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

つまり両者は「身内」ということになり、その身内内で仁義なき戦いを繰り広げなくてもいいんじゃないかと思うものの、ベントレーは現在販売に苦戦していて、しかしベンテイガが「頼みの綱」でもあるため、ここはなんとしても「看板」をもういちど掲げたいのかもしれません。

写真の説明はありません。

こういった「看板」は非常に需要であり、話は逸れるものの音楽業界だと「ステージでギターを燃やす」というのも一つの看板。
そしてこれで有名なのはジミ・ヘンドリックスですが、ジミ・ヘンドリックスは「テクニックがある上に、ギターを燃やすというパフォーマンス(ビジュアル)面での特徴」を持つことになったわけですが、これにビビったのがテクに劣る他のギタリスト。

実は「ギターを燃やす」のはジミ・ヘンドリックスが「初」ではなく、それまでに他のギタリストでもそのパフォーマンスで有名な人がいて(名前を忘れた)、しかし彼はジミ・ヘンドリックスがギターを燃やすことで有名になってしまうと「自分の唯一の看板が失われてしまった」と考え、ジミ・ヘンドリックスに対して「お前はギターのテクだけでも有名になれるんだから、ギターを燃やすのはやめてくれ。オレにはギターを燃やす以外に有名になる方法がないんだ」と頼んだという話も。

画像に含まれている可能性があるもの:車

とにかくそんな感じで名を売るには「看板」は必要なわけで、それがベントレーにとっての「SUV最速」なのだと思われます(そして高級車メーカーのベントレーがSUVを販売するためのエクスキューズでもある)。※ポルシェとランボルギーニも今や同グループに属しますが、やはり”ニュル最速”を抜きつ抜かれつの状態

とりあえず話をこのベントレー・ベンテイガ。スピードに移すと、そのエンジンは6リッターW12、出力は635馬力(通常のベンテイガは608馬力)。
これによって最高速が時速301キロから305キロへ、0-100キロ加速は4.1秒から3.9秒へと向上しています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

外観だとダーク仕上げのヘッドライトやグリル、専用22インチホイール、ボディカラー同色のサイドスカート、大型フロントスポイラーにリアスポイラーが通常モデルとの識別点。

画像に含まれている可能性があるもの:車

最高速を上げるというのは想像するほど簡単ではなく、というのも単にパワーを上げるのでは不十分。
最高速が上がるということはそれだけリスクが増えるということで、安定性を増すためにダウンフォースが必要になるものの、ダウンフォースを強化するとそれだけ「空気抵抗が増える」ので「スピードを稼げる以上の」パワーが必要に。

写真の説明はありません。

そしてパワーが増えると冷却性能を向上させる必要もあり、そうなるとまた空気抵抗が増え(R32GT-R NISMOのブタ鼻で最高速が落ちるというのと同じ)、こういった相反する要素をなんとか組み合わせる必要があるわけですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてもちろん「より高い速度でも」曲がったり止まったりできるようにブレークやサスペンションを強化しなくてはならず(いかに速くても事故ばかり起こしていたのではマイナスイメージに)、とにかく最高速を引き上げるというのは「簡単にはできない」ということがわかるかと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ベントレー・ベンテイガ・スピードのインテリアはこうなっている

そういった理由で、最高速を「ちょっと引き上げるだけ」でもとんでもないコストがかかることになりますが、それはつまり車両価格に反映されることに。

そしてメーカーとしてはハイパフォーマンスモデルにその価格納得性を与えるために各種装備を(それが走りに関係なくとも)追加することになり、ベンテイガ・スピードでももちろん同様の手法が採用されます。

写真の説明はありません。

インテリアはレザーとアルカンタラとが組み合わされ、カーボンファイバーが使用されるなど雰囲気は「スパルタン」に(アルカンターラが採用されるのは、このモデルが”ベントレー初”)。

その他はダイヤモンドステッチ、金属製の「Speed」バッジやSpeedロゴ入りのヘッドレスト/スカッフプレートなどが特別装備。

写真の説明はありません。

そして実際に「最高速」にチャレンジできる人は(環境的に)限られていると思われ、通常の環境でもその性能を感じられるようドライブモードの設定を変更しており、「Sport」モードではスロットルレスポンス、シフトプログラム、サスペンションの変化度合いが”よりスポーティーに”なるとしています。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、車

こういった感じでベントレー・ベンテイガはその数字(最高速)以上に内容の濃いモデルとなっていますが、ベントレーが復活のためにその威信をかけたモデルである、とも言えそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ベントレー(Bentley)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.