>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサスが「LX600」の商標登録。時代に反して6リッターV8?それとも600馬力級のハイブリッド?

| できれば高出力な6リッターV8を開発し、LC500に積んで欲しい | レクサスがアメリカの特許庁にあたる機関に「LX600」を登録。これによって「レクサスが新エンジンを投入するのでは」という話が持ち上がっています。なお、現在レクサスLXのラインアップは5.7リッターV8(383HP)エンジンを搭載するLX570のみ。そしてLX600が登場するとなるとLX570よりも高いパフォーマンスを誇るのは間違いなさそう。ちなみにレクサスの車名については、基本的に排気量を表していて、「200」であれば2リッター、「 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがC-HRをマイナーチェンジ!”GR SPORT”が追加され、回転合わせもしてくれる6速iMT搭載も。ボディカラーは新色8色を追加

| GR SPORTはなかなかにカッコイイ | トヨタが北米、欧州に続き日本でもC-HRのマイナーチェンジを実施。今回のマイナーチェンジでは、車体をさらにワイドに見せるデザインを採用したほか、「GR SPORT」が設定されたことが大きなトピック。そのほか、ディスプレイオーディオが標準装備となり、1.2リッターターボ(FF)には6速マニュアル・トランスミッション(iMT)が追加されていますが、最近のトヨタは「カローラ」といい、MTを用意してくれているのが嬉しいですね。新型C-HRの発売は10/18、店頭発表 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】驚愕!フェラーリ488ピスタがニュルにて7:00を記録し、ポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVに肉薄する

| もちろんマクラーレン720S、メルセデスAMG GT R Proはアッサリと抜くことに | フェラーリ488ピスタが、ニュルブルクリンクにて7:00.3という驚異的なラップタイムを記録。これはフェラーリが公式にチャレンジしたものではなく、Sport Autoが車両をニュルブルクリンクに持ち込んで走行させたものですが、現在のところニュルブルクリンクにおける市販車総合ランキングにて「9位」。この7:00.3というのは、2013年にポルシェ918スパイダーがはじめて「7分の壁」を突破するまでは到底不可能と言 ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

オメガが最新「007コラボ腕時計」、シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション発表。これまでのボンド限定モデル集大成

| オメガと007映画とのコラボレーションは”ゴールデンアイ”から | 現在007映画とのパートナーシップ契約を結んでいるオメガより、007映画(女王陛下の007から数えて)50周年を記念し、シーマスターの限定モデルを発売。これは「シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション」と命名され、ステンレスケースモデルが7,007本、プラチナケース/ブレスレットモデルが7本のみ、という希少性の高いモデルとなっています。ちなみに「女王陛下の007」はジェームズ・ボンド映画としては6 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

米高級百貨店が007仕様のアストンマーティンDBSを1台のみ発売!デザインはダニエル・クレイグ、オメガの限定腕時計、007新作映画のプレミアチケット、車両の製造見学ツアー付き

| 今年のニーマン・マーカス”ファンタージーギフト”は過去最高のものとなりそうだ | 米高級百貨店、ニーマン・マーカスが今年の「ギフトパッケージ」として、特別仕様のアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを販売する、と発表。この特別仕様車は「007DBSスーパーレッジェーラ」と命名され、その名称が表すとおり「007仕様」。そしてどこが007仕様なのかというと、このクルマのカラーリング等をデザインしたのが、ジェームズ・ボンド役を務める俳優、ダニエル・クレイグである、というところ。ただしボンドカーならでは ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100最新版。フェラーリ488ピスタが驚異のタイムで9位に入り、マクラーレン600LTも上位に。もはや4WD優勢の時代は終焉を迎える

| フェラーリとマクラーレンが公式にニュルを走れば、勢力図が一気に塗り替えられそうだ | さて、ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムのランキング「2019年最新版」。ニュルブルクリンクはドイツに位置し、”グリーンヘル”とも呼ばれるサーキットですが、その高低差などクルマに過酷な負担を強いることで知られ、スポーツカーを作るメーカーであればそのテストや性能をはかる指標として”外せない”コースでもありますね。とくに日本ではその知名度や人気が高く、「ニュルブルクリンクで鍛えた」を売り物とするクルマも多数存 ...

ReadMore

>その他アメリカ車 >ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

これは反則じゃろ・・・。思うようにタイムの出ないテスラが過激エアロのモデルSをニュルに投入。なおカーメディアのテストではタイカンの驚異的な性能が明らかに

| テスト結果を見る限り、テスラ・モデルSがタイカンに勝てるとは思えない | ニュルブルクリンクに挑戦し、ポルシェ・タイカンはもちろん、現在の「ニュル王者」であるランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの記録を破って「市販車最速」の座を獲得してやる、と宣言したテスラ。9月中旬あたりから何度かニュルブルクリンクを走る姿が目撃されるも一向に記録更新の報はなく、むしろ故障して走行不能になった姿が捉えられることも。そして今回またテスラが新たな「ニュルブルクリンク・チャレンジャー」としてスペシャルバージョンのモデルS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU)

スバルはBRZ/インプレッサ/XVに、トヨタは86他車種、そしてレクサスはCTにリコール/改善対策届け出。スバルは約14万台が影響

| トヨタにしては珍しい「パーツの品質不良」 | トヨタ、スバルがリコールと改善対策を届け出。スバルは過電流によって「イグニッションコイルが発熱」するというもので、トヨタの場合は「バックドアのダンパーに問題があってドアを保持できない」、そして86とBRZは「オプションのバックフォグの操作ができない」。いずれもそうそう多くはない内容ですが、とくに86とBRZの「オプション」はかなり稀。ただし平成24年から今までの間に308個しか出荷されていないそうで、これの装着率がかなり低かった、ということも判明しています ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニ「第四のラインアップはピュアEV、そして4ドアセダン」。ポルシェ/アウディ開発のPPEプラットフォームにリマックのバッテリー搭載か

| VWグループのプレミアムブランドは今後すべてPPEへと移行? | estoque なにかと話題の「第四のランボルギーニ」。つまりはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスに次ぐ「4番目の」ラインアップということですが、これについては様々なウワサが飛び交っています。これまでには「4座のスーパースポーツ」「4ドアセダン」という話が出ていますが、今回Autocarより報じられたのは”第四のランボルギーニはピュアエレクトリックセダンになる”。 ランボルギーニがウルスに次ぐニューモデルに言及。V12の4座?エストーケ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 ■ニュース

縮小続く自動車市場でレクサス好調、なぜレクサスは強いのか?「あのとき、リスクを取ってスピンドルグリルを拡大したからだ」

| 批判はあれども、そのメリットも大きかった | LEXUS LC500 ITメディアにて、レクサスが好調ということ、そしてその理由について考察した記事が公開。これによると、欧州市場では2019年上半期において2年連続で前年実績を上回り、日本市場でも台数を順調に伸ばし、2018年のプレミアムカーセグメントにおいてはBMWの51,000台を抜いて54,000台を販売し、メルセデス・ベンツの68,000台に迫る勢いだとされています。この成功の理由はいくつかあると思われますが、まず記事では「レクサスがスポーツや ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスター発表!独自の内外装アクセントが与えられ800台限定、国内価格は6171万円

投稿日:2019/03/05 更新日:

外装にはホワイトのラインが追加されてエレガントに

ランボルギーニがアヴェンタドールのハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」にオープンモデルをを追加。

ランボルギーニは伝統的に、V12モデルのオープンモデルには「ロードスター」の名称を与え、V10モデルには「スパイダー」と命名していますが、今回もその法則に従い、その名は「アヴェンタドールSVJロードスター」。

なお、ロードスターは「オープン状態が基本であり、簡素なトップを持つ」と一般に定義されている通り、「ウラカン・スパイダー」の持つ電動格納式トップではなく、アヴェンタドールSVJロードスターには「着脱式の」ハードトップが与えられています(アヴェンタドールSロードスターと同じ)。

アヴェンタドールSVJロードスターのドライブトレーンはクーペ版と同一

アヴェンタドールSVJロードスターに採用されるエンジンはクーペ版と同じく6.5リッターV12、出力は770馬力。
トランスミッションは「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」で、これはシングルクラッチの発展版となりますが、ウラカンやウルスとも異なる「アヴェンタドールのみ」に与えられるもの。

画像に含まれている可能性があるもの:車

0-100キロ加速は2.9秒(クーペ版+0.1秒)、0-200キロだと8.8秒、最高速度は350km/h(クーペと同じ)、100km/hから停止に要する距離はわずか30メートル。

画像に含まれている可能性があるもの:車

オープン化によって増加した重量は50キロのみ。とアナウンスされ、このルーフはカーボンファイバーにてできており、「2分割(片側6キロ)」構造をっています。

写真の説明はありません。

クイックリリースレバーにて取り外しができ、外した後はフロントフード内に収納できるとされますが、(アヴェンタドールSロードスターの)オーナーさんによると「けっこう取り外しと収納は面倒」。
しかしながら、先代でもあるムルシエラゴ・ロードスターに比べると遥かに(ルーフの着脱は)簡単になっているのでは考えています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ランボルギーニによると、アヴェンタドールSVJの概要は下記の通り。

SVJ Roadsterを表現する言葉、それは「唯一無二」。
わずか800ユニットのみで構成されており、Aventador ファミリーをまさに象徴するモデルです。空を切り裂くような流線形のボディラインと美しいデザインは、洗練されたイタリアンテイストとクラフトシップの賜物です。

未来志向のアエロディナミカ·Lamborghini:ALA 2.0 とエアロベクタリングが、直線走行での空気抵抗を最小限に抑え、コーナリング時に最適な空力荷重を実現します。これまで以上にパワフルになった自然吸気V12エンジンは、最高出力770馬力を誇ります。時速350 kmに8,500 rpmで到達することができ、100-0 km/hの制動距離はわずか31mです。
インテリアはユーザーのテイストを反映できるようにトータルカスタマイズが可能になっています。そして、あらゆる記録を凌駕するパフォーマンスから生まれる、真のエモーションを体感するために設計されたテクノロジーがそこにあります。

VIA:Lamborghini
写真の説明はありません。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスターのエクステリアは「独自のフィニッシュ」

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスターエクステリアデザインについてはこのように記載がなされており、基本的にはクーペ版と同じ。
ただし、随所に入る「ホワイトアクセント」が独特の雰囲気を醸し出しているようですね。

洗練、アグレッシブさ、軽さ、そして航空学からフィードバックされたエアロダイナミクス。SVJ Roadsterの持つ美しさやパワー、性能は、カーボンファイバーをはじめとする超軽量素材によって実現されています。これらの素材は、ボディやリムーバブルハードトップに採用されています。ボディには、これまでのどのモデルよりも大きいエアインテークが設けられています。さらに幅の広いサイドスカート、空力性能を際立たせるプロフィール、軽量化が図られたエキゾーストシステムを装備します。

一方、ハードトップの製造には、製品の高品質で優れた仕上がりを可能にする画期的なRTM高圧プレス技術が用いられています。
ボンネット、フロントフェンダー、ドアにも超軽量素材が採用されており、車重の軽量化に大きく貢献しています。ここでは、一つひとつのディテールがそれだけで完結することは決してありません。それはエモーションを形づくるものであり、アグレッシブなパフォーマンスを表現するものなのです。

写真の説明はありません。

なお、エクステリアにおいてぼくが注目したいのは、今回クーペ版のアヴェンタドールSVJとは異なり、ホワイトのラインが設けられていること。
これはフロントバンパー、ボディサイド、リアバンパーのほか、リアセクションやエアインテークにも見られますが、このリアウイング支柱(センター部分)のラインはけっこうインパクトがありますね。

写真の説明はありません。

リアだとバンパーのエッジに沿ってラインが入り、「オメガ・デザイン」がよくわかるように。

画像に含まれている可能性があるもの:車

フロントだとバンパー下部にライン。
やはり「オメガ」が強調されているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

サイドではアンダー部分、Cピラーに相当するインテーク部分にホワイトのライン。

画像に含まれている可能性があるもの:車

パフォーマンスにおける特徴では、アクティブエアロシステム”ALA2.0(アエロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)”、4ホイースステアリング、4アクティブ・サスペンションが装備され、これもクーペ版のアヴェンタドールSVJに同じ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

こうやって見るとインテリアに見られる「ホワイトのライン」とエクステリアのホワイトのラインとがシンクロしており、クーペにはない選択肢や楽しみ方が広がりそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車

アヴェンタドールSVJのインテリアもクーペとは異なる印象に

インテリアにおいては下記のように解説がなされていますが、やはりランボルギーニはアヴェンタドールSVJロードスターに対して独自のデザインを与え、「単なるオープンモデルではなく、積極的に選ぶ理由」を付与しているようにも思います。

車室を形づくるモノコックに使用され、ドアやシート、センタートンネル、コンソールにも再現されるカーボンファイバーの技術的特徴が、航空機に着想を得たデザインと共存しています。中でもレザーと Alcantara® のカバーが、高級感あふれるインテリアに独特のアグレッシブさを与えます。
さらに、クロスステッチによる美しいディテールと重要さが引き立つ「SVJ ロードスター」インテリアプレートが、洗練された美学に裏打ちされたこの新型モデルにユニークに仕上げています。

写真の説明はありません。

シートのカラー配置も新しくなったようで、「Yシェイプ」部分のカラーがこれまでとは反転しているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおアヴェンタドールSVJロードスターは800台限定(クーペは900台限定)。
価格については下記の通り公開されています。

ヨーロッパ387,007ユーロ(税抜き)
イギリス323,323ポンド(税抜き)
アメリカ573,966ドル(税抜き)
中国8,296,758元(税込み)
日本57,143,135円(税抜き)

VIA:Lamborghini

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.