>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。フロントバンパーの飛び石キズを自家調合タッチアップで補修してみた

| なるべく飛び石を受けないように走っていたつもりだったが | さて、先日コーティングをメンテナンスしていただいた際に発見した飛び石キズ。その場所はフロントバンパー中央で、傷はさほど深くなく、その幅1.5ミリくらい。放っておいてもいいかというほどの微細なものですが、今回はあえてその傷を補修してみようと思います。補修に使用するのはタッチアップペイントで、上の画像は周囲にペイントがつかないよう、傷のまわりにマスキングテープを貼ったところ。 こちらもオススメ、関連投稿アウディTT純正タッチペン「ベガスイエロー」 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】ユーチューバー、フェラーリ本社のあるマラネロへ。街中はフェラーリだらけ、謎のF8トリブートも走行中

| F8トリブートは最後の排ガステスト中?もしかするとハードコアモデルも | 我らがユーチューバー、Shmee150氏が自身のフェラーリGTC4ルッソにてイタリアはマラネロへ。Shmee150氏は以前にもフェラーリFFに乗っていたことがあると記憶していますが、フェラーリに対してはスポーツ性よりも日常性を求めているように思われます(そのかわり、スポーツ性はマクラーレンに求めているようだ)。そしてマラネロといえばフェラーリ本社のある地ですが、そこで見かけた数々のフェラーリを紹介、というのが今回の内容となってい ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

テキサスにて、放置された11台の希少なフェラーリが発見される。オーナーが売却を試みるも売れないままに死去→その野ざらしに

| それにしても自宅敷地内にフェラーリを11台も放置できるとは | 貴重なフェラーリ11台が「野ざらし」の状態で発見され、「いったいなぜこんなことが」と話題に。2015年までのフェラーリが一箇所に集められて放置されており、その内容としては348、456、テスタロッサ、400i(オープンにコンバートされている)、308QV、308GTS、モンディアル、モンディアル・スパイダー等。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場この内容 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >日産/インフィニティ(Infinity) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】アウディR8、ポルシェ911カレラ4S、BMW M850i、日産GT-R。4WDレイアウトのハイパワースポーツの加速競争、ブレーキング競争を見てみよう

| 10年選手のGT-Rが最新鋭スポーツと渡り合えるのはまさに驚愕 | Carwowがちょっと面白い「4WDスポーツカー」のみのドラッグレース企画を実施。メンバーはアウディR8 パフォーマンス、日産GT-R NISMO、BMW M850ixDrive、新型ポルシェ911カレラ4S。いずれも4WDシステムを持ちますが、エンジン搭載位置についてアウディR8はミッド、GT-RとM850iはフロント、そして911はリア。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もし ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) >マセラティ(Maserati) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

その価格2900万円!ベントレー100周年記念本が発売に。購入者は自分の写真をページ内に入れて「ベントレーの歴史」となることが可能

| 実際に購入するのはどんな人なのか興味のあるところ | ベントレーは今年で創業100周年を迎え、重量30kg、800ページという強烈なボリュームを持つ記念本”The Bentley Centenary Opus”を発売。この本は「三種類の」バージョンにて発売され、もっとも安価なもの(価格は未公開)は「センテナリー・エディション(Centenary Edition)」で500冊の限定。表紙には実車に採用されるのと同じエンブレムが使用され、加えてベントレーの実車と同じレザーによって装丁されることに(ケースも ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メキシコ政府がナイス判断。「奪われた人々へ」返還することを目的にランボルギーニなど高級車を競売にかけ、収益金にて貧困層の救済を開始

| 壊すのではなく「与える」ことが重要だと思う | メキシコ政府が、「犯罪者から押収した」クルマ82台を競売にかける、と発表。これら82台の中にはランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター、シボレー・カマロ、フォードF-150、そのほかコルベットやメルセデス・ベンツ、BMW、マスタング、ポルシェ、さらにはMINIやフィアット500、フォルクスワーゲン・ビートルなど多種多様なクルマが含まれています(動画に出てくる)。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク ...

ReadMore

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのコーティングメンテナンス完了!外装は透明感のある輝きに、内装は真っ白に

| これでまた一年キレイなクルマに乗れることに | さて、先日コーティングのメンテナンスに出していたランボルギーニ・ウラカン。無事にメンテナンスが終了し、早速引き取って来たところ。お願いしていたのは兵庫県は尼崎にある「煌(きらめき)」さんですが、メンテナンスを依頼するのは今回で二回目です。 今日のランボルギーニ・ウラカン。年に一度のコーティングメンテナンスに出してきた! こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴェネタ、エルメス製品を合体ガレージに「LAM ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが「レストアしない」と決めた、重量わずか450kgのヒルクライムマシン、910/8。その理由とは

| 「レストアしない」のはレストアによってそのオリジナリティが失われるから | ポルシェミュージアムには640台もの「未レストア」車両があるそうですが、その中でレーシングカーは3台のみ。そしてその3台のうちの一台がこの「910/8ベルクスパイダー(シャシーナンバー031)」。この910/8ベルクスパイダーについては、これまでポルシェミュージアムに展示されたことはなかったそうですが、今回ついに「はじめて」一般向けに公開されることに。 910/8ベルクスパイダーはスチール製スペースフレームに樹脂製のボディを持 ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・アクセラ改め「マツダ3」国内発表!上質かつ快適さを目指して内外装、パワートレーン、制御技術すべてが進化。欧州プレミアムコンパクトに真っ向から挑む

| ファストバックの価格は2,181,000円~3,621,400円、6MTも | マツダが日本国内にて「マツダ3」を発表。これまで「マツダ3」は日本以外の国において使用されていた名称であり、日本では「アクセラ」の名を使用。ただし今回のモデルチェンジに際し、(トヨタ「ヤリス」同様に)マツダ3という、世界標準の呼称を日本でも使用することに決定した、とアナウンスされています。なお、マツダによると新型「マツダ3」は新世代商品の第一弾だとされ、”日常が鮮やかに輝くパーソナルカー”というコンセプトを掲げています。※ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかEVが一般化する日は来ない?米ではあとをたたないEVスペースに駐車するガソリン車に罰金、VWは「一台売って38万の赤字」

| なぜエレクトリック化は「予想した通りに」進まないのか | 現在、世界中の自動車メーカーが進める「エレクトリック化」。特に熱心なのはフォルクスワーゲングループですが、BMWやメルセデス・ベンツもそれに続く形です。一方、消費者ではEVに関心があるという割合は高くなく、メーカー側がEVを発売しても思ったほど売れずに「笛ふけど踊らず」な状態。 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開。専用エアロ、そしてクーリングやブレーキも強化され専用ボディカラーも「最強GTI」、VW ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリが公式にてF8トリブートの機能紹介動画を公開。車両制御ソフトは488ピスタよりも新しく、「ドリフト許容」の設定に

投稿日:

フェラーリというと、ストイックにグリップ走行しタイムを出すという印象だったが

フェラーリがそのニューモデル「F8トリブート(Tributo)」の機能を解説する動画を公開。

先に公開されたスペシャルコンテンツ”FerrariF8Tributo.com”においてもフェラーリは「エンジン」を最優先にて公開していて、今回の動画においてもやはりトップは「エンジン」。

フェラーリF8トリブートに搭載されるのは3.9リッターV8ツインターボエンジンですが、これは3年連続でエンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得し、その高い性能はもちろん、サウンドも含め「芸術品のようだ」と評されていますね。

画像に含まれている可能性があるもの:バイク

フェラーリ製V8が3年連続でエンジン・オブ・ザ・イヤー受賞。「ライバルを寄せ付けず、完璧に近い

フェラーリF8トリブートは「488GTBと488ピスタとの中間」

そしてフェラーリはこのF8とリブートについて「488GTBと488ピスタとの中間」だと語っており、実際に488ピスタにて採用されたSダクトやインテークもF8トリブートに採用されています。

488GTBから90キロ軽量化された488ピスタには及ばないものの、F8トリブートでは488GTB比で40キロも軽量化され、まずはエンジン自体(おそらくは補機類含め)が軽量化。※コンロッドはチタン製

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

F40をイメージしたリアウインドウはレキサン樹脂使用にて軽量化を達成。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

リアスポイラーはカーボン製。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

フェラーリF8トリブートはドライバビリティも大きく向上

フェラーリF8トリブートは「各部を徹底的にリファインしてきた」という印象が強く、ステアリングホイールも「直径を小さく」といった細かい調整を実施。
直接手に触れる部分であり、大きく印象を左右する部分であるとも考えていて、ステアリングホイールは非常に重要な要素だと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

フェラーリF8トリブートはビークルダイナミクスも向上

車両制御システム、「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー」はバージョン6.1へと進化。
これはブレーキ圧の変更や・・・

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

トラクションコントロールシステム「F1-TRAC」、電子制御ディファレンシャル「E-DIFF」、磁性流体封入ダンパー「SCM」の設定も変更に。
ちなみにフェラーリ488ピスタのSSCバージョンは「6」なので、F8 トリブートのほうが一つ新しい、ということになりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

そしてF8トリブートは、これらによって488GTB比6%コーナリングスピードが向上。

写真の説明はありません。

驚くべきは「オーバーステア」特性が与えられたことで、つまりこれは「ドリフト許容」。
サーキットを速く走るにはドリフトはご法度であり、フェラーリもこれまでは「滑らない」設定を重視してきたと認識していますが、F8トリブートではその方向性を転換した、ということに。

現在はメルセデス・ベンツやBMWが「ドリフトモード」を搭載し、マクラーレン720ではドリフトアングルまで指定できるドリフトモードを備えるに至っています。

なおランボルギーニ・ウラカンも「EVO」へと進化するにあたりそのマネージメントがドリフト許容へと変更されているようで、これは「ピュアスポーツにおける、最近のひとつの変化」だと言えそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車、テキスト

そして488GTBに対する、F8トリブートの変更点はこうなっています。

  • エンジンは488GTBプラス50馬力、488ピスタと同じ720馬力
  • 0−100キロ加速は488GTBから0.1秒速くなって2.9秒(488ピスタは2.85秒)
  • 0-200キロ加速は0.5秒速くなって7.8秒
  • 車体重量は488GTBマイナス40キロの1330キロ(488ピスタは1280キロ)
  • 最高速は488GTBプラス10km/hの340km/h(488ピスタと同じ)
  • サーキットのラップタイムは0.5秒速くなって82.5秒
写真の説明はありません。

それでは動画を見てみよう

こちらがフェラーリが公式にて公開した、F8トリブートの機能を紹介する動画、「Ferrari F8 Tributo - Performance」。

そのほか各ユーチューバーもフェラーリF8トリブートの動画を公開しており、こちらはMr JWW氏による「NEW Ferrari F8 Tributo First Look!」

Shmee150氏もフェラーリF8トリブートのレビュー動画、「Check Out the NEW Ferrari F8 Tributo! | FIRST LOOK」をアップ済み。

VIA:Ferrari

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.