>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

ACシュニッツァーがさらに過激な「BMW 3シリーズ専用エアロ」発表!ここまでくればもうMモデルはいらないかも

| ACシュニッツァーはデザインテイストが比較的よく変わる | ACシュニッツァーが「さらに」過激なBMW 3シリーズ(G20世代)向けのエアロキットを発表。ACシュニッツァーはこれまでにも3シリーズ向けのエアロキットを発売しているものの、今回のエアロパーツはこれまでの製品とは大きく異なるデザインを持つようです。なおACシュニッツァーはパワーアップについても近々対応する予定だそうで、320i、330i、M340i、330dについてパワーキットを開発中とのこと。 ACシュニッツァーが新型BMW 3シリーズ向 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

その価格1000万!軍用メルセデス・ベンツGクラスをカスタムした車両がイケてる件

| ときどき、こういった車両がたまらなく欲しくなる | 軍用メルセデス・ベンツGクラスのカスタムカーが公開に。これはエクスペディション・モーター・カンパニーが公開したもので、1992年製のGクラス(250GD)をベースにレストモッド(レストア+カスタム)しています。なお、メルセデス・ベンツGクラスのルーツはもともとが「軍用」。NATO軍に採用されていた「ゲレンデヴァーゲン」をメルセデス・ベンツ・ゲレンデヴァーゲンとして1979年に民生用として発売したのが源流となります。ちなみに製造しているのはオーストリア ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

少年の頃、父親が乗っていた「アルファロメオ・モントリオール」を、レンダリングにて現代風に蘇らせた男の物語

| ある日、父親がピカピカのモントリオールに乗って帰ってきた | レンダリングアーティスト、ルカ・セラフィニ氏の考えた、アルファロメオ・モントリオール・ヴィジョンGT。アルファロメオはかつて(1970-1977)「モントリオール」というクルマを作っていたことがあり、今回のレンダリングは、その名称からもわかるとおりに「モントリオールを現代に蘇えらせた」もの。オリジナルの「アルファロメオ・モントリオール」は、モントリオール万博に、このクルマの前身となるコンセプトカーが出展されたことから”モントリオール”と命名 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

この発想はなかった!ブガッティ・シロンを「6輪化」したレンダリング。そもそも6輪化のメリットって何?

| 最近、なにかと話題の「6輪化」だが | レンダリングアーティスト、Nikita Aksyonov氏がブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+を6輪化した作品を公開。これはリアを延長して「6輪」というパッケージングを実現したもの。なお、こういった6輪化の(近代における)元祖はメルセデスAMG G63 6x6だと思われ、この登場以後、アメリカのヘネシーはフォードF-150を6輪化した「ヴェロキラプトル」を発表し、カーン・デザインもディフェンダーを6輪化。そのほかにもジープ・ラングラーやスズキ・ジムニー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】80年代スーパーカーの代名詞、フェラーリ・テスタロッサ。実際はどれだけ馬力が出ているのかシャシダイで計測してみた

| 年式や、当時の常識を考えると、かなり馬力が出ていると言っていい | 先日、フェラーリ・テスタロッサに付属する専用バッグの収納方法を動画にて公開したユーチューバー、「ノーマルガイ・スーパーカー」。テスタロッサはランボルギーニ・カウンタックと並ぶ「典型的なスーパーカー」ですが、カウンタックが累計生産2000程度であるのに対し、テスタロッサは(8年の生産期間で)7,177台が販売されており、とにかく「売れた」スーパーカーでもありますね(一説では1万台近く生産されたという話も)。これからこのテスタロッサはレス ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

またまた「世界最速・最強」のレンタカーが登場。「ハーツ」でレーシングチームがカスタムした750馬力のカマロがレンタル可能

| もともとは「アメリカンマッスルを高くて買えない」若者向けの”レンタレーサー”がルーツ | レンタカー会社の「ハーツ」がレンタカー専用となるシボレー・カマロを公開。これはアメリカでは「レンタレーサー」と呼ばれるもので、そのルーツは1966年まで遡ることができます。この1966年にハーツ・レンタカーが「ハーツ専用カラー」のシェルビーGT350Hを1000台導入し、「ハイパフォーマンスカーが欲しいけど買えない若者に」貸し出したのが始まりだとされています。 こちらもオススメ、関連投稿10選発売11年経過のダッ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

アウディ「空飛ぶクルマの実現は難しいことが分かった」。むしろなぜ実現できると考えたのか、そのほうが不思議な件

| 技術以外にも、空を飛んで人を運ぶには障壁が多すぎる | アウディは2018年のジュネーブ・モーターショーにて「空飛ぶ車」として「ポップアップ・ネクスト(Pop.Up Next)」コンセプトを発表し、イタルデザイン、仏エアバス社とともに航空産業へと参入することを表明しましたが、そこから1年ちょっとで「実現が非常に困難なことがわかった。計画を延期する」と発表し、事実上の計画凍結をアナウンス。アウディはこの事業に大きな期待を寄せていただけに、社内でも失望とダメージが大きいとは思うものの、この計画は最初から困 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードGTがまたしても1億7000万円で落札。近代のクルマとしては異例の高値落札が続く状態に

| ただし今後は売り物が続々登場すると思われ、相場には注視が必要 | 2017年モデルのフォードGT'66ヘリテージ・エディションが邦貨換算1億7000万円程度にて落札された、との報道。これはオークションハウス、バレット・ジャクソンがラスベガスにて開催した競売での出来事ですが、とにかくフォードGTの人気の高さには驚かれます。なお、少し前にはガルフカラーのフォードGTヘリテージ・エディションは2億8000万円で落札されており、「通常の」ほかのフォードGTが1億7000万円程度で落札されたことも。 フォードG ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

アウディ「2025年までに30のエレクトリックモデルを投入する。うち20はピュアエレクトリックカーだ」←あまりに急激な展開にちょっと不安も

| BMWですら2025年でもエレクトリックカーの販売比率がせいぜい20%と予測 | アウディが2025年までにPHEV含むハイブリッドカーを10モデル、そしてピュアエレクトリックカーを20モデル、あわせて30もの電動車を発売する、とコメント。アウディ属するフォルクスワーゲングループは「グループ挙げて」のエレクトリック化を推進しており、グループ全体では「2025年に80モデル」をエレクトリック化する、とも以前に発表したところ。 こちらもオススメ、関連投稿10選香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンがDBXの貴族的オプションを公開。そして”ピンク”のDBXがリークされる

| アストンマーティンの顧客はやはり貴族が多い? | アストンマーティンがDBXの公開を前にして、「DBX向けのオプション」を先行公開。DBXは同ブランド「初」のSUVとなり、当然ながら広大なラゲッジスペース(632リッター)を保有することになりますが、アストンマーティンではそれに対応すべく11種類の異なるシリーズからなるラゲッジセットを発売するようです。そしてこれらのラゲッジセットは旅行はもちろんハンティングや自転車などのスポーツアクティビティに対応した仕様を持つ、とのこと。 アストンマーティン「新型S ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ブガッティ・シロンをカスタムする唯一のチューナー「マンソリー」!その常識はずれっぷりを見てみよう

投稿日:2019/03/22 更新日:

総額どれくらいかかっているのかは全く不明

ジュネーブ・モーターショーにはマンソリーがそのカスタムカーを大量に展示していましたが、ユーチューバー、Shmee150氏がマンソリーによるブガッティ・シロンのコンプリートカー「センチュリア(Centuria)」を動画にて紹介。

そもそもシロンをカスタムしようと考えるチューナーはマンソリーをおいて他にないと思われ、それだけにカスタム内容も常軌を逸していて、外装パネルのほぼすべてをオリジナルデザインの「鍛造カーボン」へと入れ替えています。

「鍛造カーボン」はもしかすると流行らないかも

なお、鍛造カーボンは画像のように「カーボンの織り目がなく」、カーボンと樹脂とを圧縮して作るもので、ストラントボードやパーティクルボードのカーボン版といったイメージ。

写真の説明はありません。

よって、こういった感じの仕上がりとなりますが、このメリットは「製造が容易」ということ。
現在はレクサスやマクラーレン、ランボルギーニ(フォージド・コンポジットという呼称を用いており、特許も取得している)がこの素材を使用しているものの、イマイチ普及していないのもまた事実。

ただしマンソリーは昨年あたりからこの素材をカスタムの中心に据え、昨年、今年ともにこの鍛造カーボンを使用したカスタムカーを大量に展示しています。

そしてなぜこの鍛造カーボンが流行らないのかということですが、設備を持つ大手にとっては「製造が容易」ではあるものの、製造設備を持たない小規模メーカーには「製造そのものができない」シロモノだということ。

つまり従来の「織り目のある」カーボンのほうが小規模メーカーにとってはお手軽ということになり、設備のないメーカーは鍛造カーボンに手を出せず、よって「アフターパーツとして出回ることが非常に稀」。※つまり鍛造カーボンは「量産向け」。

写真の説明はありません。

そしてほかに「見た目」の問題もあって、やはり織り目のあるカーボンのほうがレーシーであり、そちらを好む人が多いのだと思われます。

じっさい、ぼくのランボルギーニ・ウラカンにも鍛造カーボン製のパーツが使用されているものの、見た目はレーシーというより「大理石っぽく」、とくに見た目という観点だと装着するメリットが感じられない、とも感じています(実際にウラカンEVOでは、これまでウラカンにガラスエンジンフードとペアで用いられてきた鍛造カーボン(フォージドコンポジット)の採用が見送られているようですね。

写真の説明はありません。

そしてこの鍛造カーボンは知らない人が見ると「汚れている」ようにしか見えず(何度か指摘されたことがある)、あまり高級感が感じられないのも人気が出ない理由なのかも。

なお、ウラカンでは後に鍛造カーボンのエンジンベイを、通常の織り目のあるカーボンへと置き換える(もとの樹脂製エンジンベイからでも変更が可能)オプションが用意されているので、やはり織り目のあるカーボンの要望が高かったのでしょうね。

ちなみに鍛造カーボン製のエンジンベイ、、織り目のあるカーボン製エンジンベイの価格はほぼ一緒なので、鍛造カーボンの製造コストも実際は「そう安くはない」のかも。

写真の説明はありません。

なお、このブガッティ・シロン”センチュリア”には美しいブルーのペイントが与えられていますが、これはもしかすると以前にマンソリーが発表していた「ダイヤモンドを砕いて混ぜる」特殊塗装かもしれませんね。

写真の説明はありません。

そのほはホイールに被せられたエアロパーツもカーボン(これはランボルギーニ・ヴェネーノっぽい)。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

リアセクションも全て鍛造カーボン。

なお、マンソリーは過去にブガッティ・ヴェイロンをカスタムしたことがあり、そちらは「織り目の見える」通常のカーボンを使用しています。※この時代は鍛造カーボンが登場していなかった

マンソリーはその他にも多くのカスタムカーを持ち込んでいる

そしてマンソリーは他にもランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「Aventador Carbonado(カーボナード) EVO」も展示。

これまでにも数台のアヴェンタドール・カーボナードをリリースしているものの、今回は「EVO」という名称が与えられており、最新世代へと進化しているようです(エンジンはツインターボ化され1150馬力に)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

見た感じ、セスト・エレメント、ヴェネーノのテイストも入っているようですね。

アパレルブランド、フィリップ・プレインとのコラボレーションによって製造されたメルセデスAMG G63”Philipp Plein Star Trooper”。
こちらは鍛造カーボンではなく「迷彩柄」ですね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車

なお、リア3面のウインドウも「マット」仕上げとなっており、今回のジュネーブではいくつかこういった加工が見られた模様。

写真の説明はありません。

そのほか、ウルスのカスタムカー「Venatus」、ロールスロイスの超リッチバージョン「カリナン・ビリオネア」、メルセデスAMG S63コンバーチブル、ベントレー・コンチネンタルGT、ロータス・エヴォーラ等が展示されていて、今回のジュネーブ・モーターショーでは、ブガッティを除くと「もっとも高額なクルマが展示されていた」ブースがマンソリーなのかもしれませんね。

それでは動画を見てみよう

こちらが空前絶後のマンソリーによるブガッティ・シロン「Centuria」、そしてマンソリーブースの他の車を紹介する動画、「The CRAZIEST Bugatti Chiron EVER! Mansory Centuria」。

VIA:Shmee150

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ブガッティ(BUGATTI), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.