>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンは新型ヴァンキッシュに「ハードコア」「オープン」モデルを追加の意向。なぜそこまで急ぐのか、そうしなければならないワケ

投稿日:2019/03/21 更新日:

マーケットを掌握するには「様子を見ている」時間はない

アストンマーティンは衝撃の「ヴァンキッシュ・ヴィジョン・コンセプト」を発表していますが、何が衝撃かというと「ミドシップ」。

これまでヴァンキッシュはずっとフロントエンジンレイアウトをキープしていたものの、なんと新型ではエンジンがミッドマウントされるということを意味し、これは「コルベットに続くFRからミドシップへのスイッチ」例となりそう。

ヴァンキッシュは次期主力モデルとしての位置づけ?

そして新型アストンマーティン・ヴァンキッシュは2022年発売と言われますが、今回早くもアストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏がヴァンキッシュの派生モデルについて言及しており、通常の「ヴァンキッシュ」に加えてサーキット思考のハードコアモデル「ヴァンキッシュAMR Pro」、オープンモデルの「ヴァンキッシュ・ヴォランテ」を投入する計画があると発表。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車

アストンマーティンはこれによってマクラーレン720S、そしてそのうち登場するであろう「LT」、フェラーリF8トリブートとやはり登場が予想されるハードコアモデル、ランボルギーニ・ウラカンEVOとその”ペルフォルマンテ”、それらのオープンモデルに対抗するということになりそうです。

現在のところ新型ヴァンキッシュのスペックは不明ではあるものの、アンディ・パーマーCEOは「ヴァンキッシュに搭載されるV6エンジンはV12エンジンを半分に割ったもの」とコメントしており、つまり現在DB11に積まれる5.2リッターV12ツインターボエンジンの半分の排気量や出力を持つということが予想できます(ボアアップ等で排気量が上げられるかも)。

さらにこのV6ツインターボエンジンはハイブリッドシステムと組み合わせられることになりますが、同じパワートレーンはヴァンキッシュの兄貴分となるハイパーカー「AM-RB003(ヴァルハラ)」にも搭載される、と言われています。

そしてアンディ・パーマーCEOは「2020年代中頃に登場する”DB12(DB11の後継モデル)”は新型ヴァンキッシュと共通するデザインを持つことになると述べていますが、同時にDB12はグランドツアラーだとも語っているので、DB12は「フロントエンジンのまま」だと思われます。

つまりは「フロントエンジンだろうが、ミドシップだろうが」今後のアストンマーティンはヴァルキリーに端を発するデザイン言語を持つということになりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

アストンマーティンはヴァルキリーを投入した後に「AM-RB003”ヴァルハラ”」「ヴァンキッシュ」を立て続けに投入し、そしてヴァンキッシュにはハードコアモデルやオープンモデルが矢継ぎ早に登場(AM-RB003にも”AMR Pro”はラインアップされそう)するということに。

さらにヴァンキッシュに似たデザインを持つDB12もそれらに続くという計画を持っているワケですが、今までのアストンマーティンのペースからするに「あまりに急」。

こういった「ひとつの頂点を起点にした展開戦略」は、ポルシェのエレクトリック化も同様ではあるものの、「初期のモデルがコケると、そのあとの計画が全部パー」になるリスクがあるのは間違いのないところ。

もちろんポルシェもアストンマーティンもそれは承知の上でこういったストラテジーを採用しているのだと思われ、つまり現代の自動車業界は「そこまでリスクを踏まないと勝てない」ということなのかもしれません。

つまり、パイロットフィッシュ的にテストモデルを発売し、その動向を見てから次の展開を(予め用意していた複数選択肢の中から)決定するという方法では遅い、ということですね。

BMWも「8シリーズ」において、「クーペ」「カブリオレ」「グランクーペ」「M8」と同時に開発しており、しかしはじめに発売したモデルが売れなければ相当なリスクを背負うことに。
しかし、それをわかっていても「やらねばならない(猶予がない)のが今の競争が激化したマーケットなのでしょうね。

VIA: Top Gear

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アストンマーティン(Astonmartin), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.