>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】フェラーリがF8トリブート最新動画を公開。今までドリフトを押し出さなかったフェラーリが「ドリフト全開」のワケを考える

投稿日:

フェラーリだけではなく、マクラーレン、ランボルギーニも今や「ドリフト推し」だ

フェラーリが最新モデル「F8トリブート」のプロモーション動画を追加で公開。
これまでにもパフォーマンス、エアロダイナミクス等を紹介する動画がアップされていますが、今回は公道そしてサーキットを実際にぶっ飛ばす内容に。

そしてサーキットにおいては「ドリフト」を見せているものの、フェラーリはこれまでそのクルマづくりにおいて「サーキットでのパフォーマンス」を第一義に掲げ、よってタイムをロスするドリフトをここまで見せたプロモーション動画はなかったんじゃないかとも記憶しています。

なぜ猫も杓子も「ドリフト」推しなのか

なお、この「ドリフト推し」についてはフェラーリだけの現象ではなく、最近だとウラカンのフェイスリフト版「ウラカンEVO」においてもやはりドリフトが見られますが、これもランボルギーニでは「スタビリティ」を重視したがために4WDを採用し、滑らせないことをヨシとしていたことからの変化だと言えそう。※ガヤルドLP550-2バレンチノ・バルボーにという例外はある

そしてポルシェも最新かつエレクトリックモデル「タイカン」のティーザー動画ではドリフト自由自在な様子を披露。

そしてメルセデスAMG A45に至っては「全編ドリフト」。

なお、こういった「ドリフト」を強調するようになったのにはいくつか理由があると思いますが、その一つは「購買層の変化」。

以前までスーパーカーを購入するのは「エンスージアスト」が多く、ドリフトにはほぼ興味がなかったと思われますが、最近では単に目立ちたいだけ(でスーパーカーを買う)という客層がけっこうな割合にのぼってきていて、スーパーカーメーカーもそれに対応する必要が出できたのかもしれません。

写真の説明はありません。

加えて、D-1グランプリやケン・ブロックのパフォーマンスが人気化したこと、はたまた映画「ワイルド・スピード」の影響もあるかもしれませんね。

写真の説明はありません。

そして、今やスーパーカーは「ストイックに走りを追求するためのもの」でもなく、かつ公道でスピードを追求することが難しくなったため(ダメ。ゼッタイ。)、雰囲気を楽しめるよう、そしてもちろん速く走るためにもドライブモードの変更によって性格を変更できるように設定していますが、ドリフトモードはそれを一歩押し進めたものだとも考えることができます。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

つまりはサーキットでなくとも、安全性が担保され、合法な範囲でそのパワーを楽むため「ドリフト許容」セッティングを行うようになってきたということなのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、テキスト

なお、ドリフトモードを最初に搭載したのはフォード・フォーカスRSだったと記憶していますが、これはやはり「ケン・ブロックつながり」なのかも。

その後はメルセデスAMG、BMW Mと続き、マクラーレン720Sもドリフトモードを搭載していることで知られますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ただしマクラーレン720Sの場合は、意図的にタイヤを空転させてクルマを傾けるというものではなく、腕のある人がオーバーステアに持ち込んだとき、車両制御システムがどこまで介入を遅らせることができるかという「スピンするまでの角度を制御する」というたぐいだと聞いています(ぼくは試したことがない)。

写真の説明はありません。

おそらくはランボルギーニ・ウラカンEVO、フェラーリF8トリブートも「誰でも簡単にドリフトできる」ものではなく、マクラーレン720Sのように「ウデに覚えのある」ドライバーのみがテールスライドを誘発させることができる設定なんだろうな、とは考えています。

それでは動画を見てみよう

こちらがフェラーリF8トリブートの最新プロモーション動画、「Ferrari F8 Tributo: outstanding performance」。

オフィシャルビデオ撮影の裏側、「Ferrari F8 Tributo - Backstage Official Video」。

フェラーリF8トリブートのエアロダイナミクスを紹介する動画、「Ferrari F8 Tributo - Aerodynamics」。

こちらはフェラーリF8トリブートの機能解説を行う「Ferrari F8 Tributo - Performance」。

そしてフェラーリF8トリブート発表時の動画、「Ferrari F8 Tributo - Official Video」。

VIA:Ferrari-Youtube

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.